【明日にかける曲1】4月19日(日) Bridge Over Troubled Water/Hi-STANDARD

4月19日(日) Bridge Over Troubled Water/Hi-STANDARD突然ですが、『明日はどっちだ』なんてタイトルの連載を改題しました。コンセプトは変わらず個人的に好きな曲を皆さんにご紹介したいと思います。仕切り直し的であり、新しい出発の曲はこのタイトル由来の曲です。邦題は「明日に架ける橋」と言うサイモン&ガーファンクルの名曲です。

この曲、私が合唱部に属していた高校時代、定期演奏会で歌った曲でした。歌い込んだので当時顧問だった国語のA先生による和訳も聞いて世界観も分かってますが『君が落ち込んでも洪水でも架かる橋のように僕がそばにいるよ』みたいな歌詞が宮沢賢治の『雨ニモ負ケズ』と重なって嬉しかったです。もしかしてサイモン&ガーファンクルは賢治を知ってるのか!とか思ったりしたもんです。折しもどっちも雨が絡むし。

ちなみにその年(1995年)の定期演奏会では「雨に濡れても/B.J.トーマス」も歌われてたから雨縛りだったのか?そこら辺の記憶は曖昧です。


『連載開始にあたり前口上(4月19日(日)筆)』
街はCOVID-19により緊急事態宣言下である。週末に限らず娯楽施設はいずれも閉まっており少ない中から楽しみを探さなければならない昨今である。
そう言えば、自分の趣味はDJである。久しくやれてないけど、自分の主催イベントSQOPは6月に飛ばされた、そして新規のDJ予定はない。むしろ、副業先で厳格に取り締まられてるからクラスター感染の疑いがある場所はお店が頑張っても行くのを我慢しなければならない事情がある。そんなわけできっとある程度沈静化しないと副業先の指令は変わらないでしょう。そんな中、ふと思い出したのです。「そう言えば俺DJだよなあ」って昨日(3月19日)急に聞きたくなり、今日も聞いた曲を紹介したくなりました。唐突ですが毎日やるつもり。この事態が鎮静化するか、曲紹介したい欲がおさまるかどっちかまで。選考基準はただ一つ私のWALKMANに入ってるかどうか?さすがにYouTuberがこの時期に一番収入入るのは分かりますよ、見る方はお金は要らないわけですからこの状況続けば比例で儲かるでしょう。そんなYouTubeを見る時間を奪い取って貰いたい新たな暇潰しとしてが立ち上げる理由です。あと、色んな方にやってないけどDJを続けてる意思表明と存在証明、そんな名刺代わりにしたいと考えてます。

投稿者: shakson5

しまだくらぶです。生まれも育ちも住いも埼玉県の昭和54年早生まれの40代です。婚活の歴史とか趣味のDJとか色々お話して、皆さんの暇潰し等のお役に立ちたくてブログを書いております。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。