恋は続くよavexまで【M愛すべき人がいて第二話】

初回見て、4月25日(土)放送の二回目、ドラマの内容で言ったら「誰が続けて見るかよ」ってレベルなんだけど、予告編で水野美紀が変な役で出ると知ったら見ないわけにも行かないじゃんと言うことで録画で見ました。

二話目は完璧に水野美紀の回でした。アユを鍛えるニューヨーク在住のボイストレーナー役でしたが水野美紀にしか出来ない役でしたね、ルー大柴みたいな英語とメチャクチャな理論を押し付けるコメディエンヌでドラマ映えするのは水野美紀だったんでしょうね。ベッキーもありだけど育休中だし、西田尚美だとNHKのLIFEイメージが強いコント色が強いから避けたかったんでしょう。紛れもなくコントなんだなけどドラマですからね、その体裁は守らねばなりません。天海祐希でも面白かったろうけど、主演になっちゃうから避けたかったんでしょうね。いきなり持ってかれたもんね、「アー・ユー・アユ?」って聞いてきたし、妙にドラムが上手いし。筋トレのシーンでは「猪殺れるくらいのパンチを」とかふざけてました。

初回を見て、最後は映画化するんじゃないか?みたいなことを思ったけど、ミュージカルにする可能性もありそうな気がしてきました。ABBAの楽曲で占めた「マンマ・ミーア」みたいな感じがします。あのマサ行きつけのbarで何故か弾き語るバーテンを見て思いますね。

ドラマとしての薄っぺらさとか時代錯誤感を批判してる人に伝えたいよね「期待しちゃダメだよ、鈴木おさむなんだから(笑)」って。風呂場を滑りやすくしたり、シューズに画鋲入れたり、露骨な体当たりとかそれが限界ですよ(笑)。大事なのはそこじゃないんですから。こんなにSNSとか「ながら見」でも楽しめるドラマも滅多に無いですね。

アユとマサのやり取りがベタすぎて三浦翔平が最近見た佐藤健みたいに見えました。なるほど、恋は続くよどこまでも、avexまで続いてたかと感じましたね。ちなみにうちの妻が「あんな役の三浦翔平見たくない」と申しておりました。

むしろ、ドラマと言うよりもやっぱりコントとして書いてるようにしか見えない。必ず田中みな実のアバンギャルドな誘惑シーンと安斉かれんの浜崎あゆみの物まねは絶対入れると言うレギュレーションがあると。タイムリーに志村けんの死があったことで往年のコント番組でのお決まりのパターンと言うのを思い出してしまいました。そのパターンで言うと水野美紀の初登場が10分台、初回の小室哲哉登場も15分までには出てましたから、それも定番かもしれない。

そう言えば、今週の数少ない小室哲哉の登場はマサとすれ違った時に一言「Get Chance」って言ってたけどやっぱり名曲Get Wild意識な気がします。Get Chance and Luckでしたからね。

多分、水野美紀の登場は今回だけ来週はアユとマサの不倫とアユのデビューの行方と内容は茶番劇な気がしますけど、興味ない視聴者をどう繋ぎ止めるのか?期待しましょう。

もしかして、原作を売るためにドラマ改変しすぎたんじゃないか?そんな思いがよぎります、次の山場は浜崎あゆみと犬猿の仲だとされる安室奈美恵風が現れるのかどうか?あの嫌がらせをしてる玉木理沙って怪しいよね、沖縄っぽい名字だし。

投稿者: shakson5

しまだくらぶです。生まれも育ちも住いも埼玉県の昭和54年早生まれの40代です。婚活の歴史とか趣味のDJとか色々お話して、皆さんの暇潰し等のお役に立ちたくてブログを書いております。

恋は続くよavexまで【M愛すべき人がいて第二話】」への1件のフィードバック

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。