埼玉県民による【『翔んで埼玉』鑑賞記】

2019年2月28日(木) MOVIXさいたま(さいたま新都心)にて、「翔んで埼玉」鑑賞してきました。

シティハンターの映画を新宿で観るように埼玉の映画はやっぱり都内じゃなくて埼玉県内で見ないとねって思ってて、そもそも埼玉県民ですからそうなんですけど(笑)。折角みられる環境にあるわけだから埼玉でそして公開前からガッツリ応援していたMOVIXさいたまで鑑賞してきました。

埼玉県民の私から埼玉県民に伝えたいのはタイトルの通り「埼玉が主役の映画なんて来世までないかもしれないから記念に観たほうが良いかもしれない」

まとめてみると
「秘密のケンミンショー」の色んな所に転勤している家族の話を2時間くらいの尺に伸ばしたのと、お金があるからキャストも豪華にして、テレビで言うと苦情が来るような悪口も映画で言ってるような感じ。 そんな映画でした。 

鑑賞前に「楽しかった」とか「笑えた」みたいな意見を散見したので「これはもしかして、『カメラを止めるな』的な劇場大爆笑体験」もあるかなとは思ったけれどもそうでもありませんでした。でも、クスクスっていう笑いは聞こえてきたので笑う部分があった映画でしたし、自分も笑わせて頂きました。ただね、ここは埼玉なのです。埼玉県民だから笑える箇所が多くて、他県では笑えるかな?ましてや関東圏じゃないとどうなってたかは。超が付くほどの内輪笑いの作品と思うのは生まれも育ちも住いも埼玉だから故でしょうか。

内容が埼玉を知らないと笑えない。映画館出たときにみんな口々に「上尾がチラッと映った」とか「埼玉と千葉の話ばっかりだけど他県の人は楽しいのかな」って言ってたけど、まさにそんな感じ。埼玉県外の映画館ではどんなリアクションなのでしょうか、ちょっと興味深くはあります。「埼玉がディスられる映画で気の毒だ」と言われてますけど、こんなもんですね。テレビで言われてきたのとさして変わりない感じ。

どこでどう笑ったのかを思い出してみると
関所での「お前、蕨だな」とか、「熊谷は群馬じゃないか」みたいな話とか、「大宮と浦和がめっちゃ仲悪くて、『与野は黙ってろ』っていわれる」、煎餅と深谷ねぎしか名産品がない、東京都内でもランクが分かれてて「赤坂、六本木」「新宿、渋谷」「八王子、田無、西葛西」みたいに分けてるとかは覚えてるけど、他は覚えてない。

とにかく「くっだらねぇなぁ」なんて思いながらニヤニヤして見る時間はあった、けどずっと爆笑ではなかった。思ってたのが『モンティパイソン目指してるんだろうなぁ』ってこと。近いんだけど、モンティパイソンほど凄い面白くないという感じ、近い感じはしました。モンティパイソンを感じて、今無性にモンティパイソンを見たくなってます。そういうのが結構多くて、ふと振り返ると映画と言うよりもテレビ番組を見てるような感じだったんだなぁと今になって思う。そもそも、モンティパイソンもテレビ番組だし、東映とフジテレビジョンムービーみたいな会社が製作しているみたいなんで作りがやっぱりテレビなんだろうなぁって思う。

ちなみに一番笑ったのはエンディングの「埼玉県の歌/はなわ」。前に聞いたことあるけど、映画用に最新版にヴァージョンアップされてれ、それで唾吹くくらい笑いました。特に晴れた日に埼玉県民にお薦めの場所を聞いたら鉄道博物館を紹介されて屋内じゃねぇかってやつは笑いました。もはや、どっちかって言うとはなわの歌の為のプロモーションの2時間と言っても俺の中では過言ではなかったです。

見てる序盤「テルマエロマエ」みたいな感じの新しい作品みたいな期待があったけど、持久力は続きませんでしたね。でも、調べてみたら同じ監督だと聞いて今更衝撃を受けた。2時間も埼玉を自虐的にワイワイ言うほどぶっちゃけネタはないけど、映画だからどうでも良いような話を盛り込んで終わらせたという所でしょうか、製作陣の苦労を勝手に察しました。あと、全国公開ですからね、埼玉だけじゃなくて東京・群馬・茨城・千葉も交えて終わらせて、なんとか間延びさせたそんな感じでした。1時間くらいの小ネタ大全集でよかった。『何もない埼玉』を映画でも感じました。なるほど、大河ドラマにはならない県ですよ(笑)。本当によく作って下さったし、誰も犯罪色強いスキャンダル無く(笑)公開まで漕ぎ着けました。

埼玉の映画ですから、そのこだわりはたいしたもんでした。FM NACK5とか山田うどん出まくってたし、フィクション満載の二階堂ふみとGACKTがメインの時代劇的なパートには埼玉出身者はほぼいない(はず)で、それを聞く島崎遥香埼玉出身、麻生久美子千葉出身で、ブラザートムは熊谷市を小中学校時代過ごしてた。ブラザートムはNACK5で番組持ってるからそれきっかけかと思ったらちゃんと埼玉でした。GACKTの役なんか埼玉県出身ならダイヤモンドユカイとかかなぁとか思ったけど、佐藤健で良かろうになんて思ったけど、こだわってたんでしょうね。何回も流れる「なぜか埼玉/さいたまんぞう」とかでしたけど、埼玉ゆかりのアーティストに新曲を依頼するという発想がないのも埼玉らしいなぁってダメですね。星野源だって蕨ですからね、そういう所に行かせないのも暗躍する何かを感じずにはいられませんがここまでくるとこれも敢えてのこだわりなのではないかとさえ感じます。

大ヒット漫画を映画化と言う後ろ楯があるのは分かるにしてもよくこんな「埼玉県民しか楽しめない映画」作ったなぁなんて思うけど、きっとプロデューサーは埼玉県民だけが映画見れば儲かる位に計算出来たに違いない。店とか新しいものに飛び付いて長いこと混むと言う県民性もきっと見透かされてるんだろうなぁって思いました。
まあ、1800円で見る映画じゃないし、映画と言うよりもテレビ番組として捉えてみた方がいくらかは良いんじゃないかなと思います。よっぽどじゃないかぎりもう見ないですが、作ってくれてありがとうとお礼は言いたい。

最後にこの映画でもたらされてしまいかねない誤解を埼玉県外の皆さんにお伝えして終わりにしたいと思います。
●幼少の頃から耳悪かったせいでしょうか家族旅行は日光とか山の方でした、だから海への憧れは無い。
●千葉県へのライバル心は無くて、埼玉より千葉の方が上だと思ってる。
●千葉県の皆さんには「巻き込んじゃってごめんなさい」と伝えたい。  
●劇中にある埼玉ポーズは実在するけど、全く流行ってない。あんなダサいポーズ死んでもやるかと思ってる。
そこで共感出来なかった時点で私のこの映画への見え方も違ったのかもしれない。  

投稿者: shakson5

しまだくらぶです。生まれも育ちも住いも埼玉県の昭和54年早生まれの40代です。婚活の歴史とか趣味のDJとか色々お話して、皆さんの暇潰し等のお役に立ちたくてブログを書いております。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。