You are all SICKNESS.「みんな病気さ」

コロナ禍と言う状況において、色々分かってきたことがありまして、COVID-19の陽性反応出た人も病気だと騒がれがちですけど、そうじゃない人も十分病気だと言う話。

感染拡大を防ぐために密集するような場所に行くなって行ってるのにパチンコ屋に人は集まってしまうと言う話を受けて「パチンコ依存症」なる病があることを知らされます。

私とパチンコは一回だけ接触したことがあります。AKB48にどはまりしてた頃にAKBの台が出てやってみようと思い単独でパチンコ屋に入ったけど、すげぇうるさいし「どうやったら玉がもらえる」みたいな初心者向けの丁寧なレクチャーも無いことに腹を立てて(そういうのにうるさい性格)5分も立たず出ました。

その空間が堪らない分かっちゃいるけどやめられないと言うスーダラな人がそんなにいるかと驚かされます。出玉率っていう当たる確率ってお店でコントロール出来るじゃん、で他の娯楽やってないのにパチンコ屋だけやってたら独占市場に近いわけで絶対当たらないようにコントロールしてるわけでパチンコ屋に集まってる人達は損すると分かってお店に来てる。

もっとも損得でパチンコ屋行ってないわけですよ、依存症だから音なのか匂いか雰囲気か女性店員かは分からないけど「行かないと打たないとどうにかなっちゃう」そんな人がパチンコ屋に集まってるわけでそんな奴らはピエール瀧や沢尻エリカ、田口淳之介とかバカにできないですよね。「たまたま覚醒剤じゃなくてパチンコだった。だから捕まらなかった」それだけの話。ただ、パチンコ行っててCOVID-19の陽性判定が出たら「そら見たことか」と犯罪者並みに糾弾はされるんでしょう。

もう全国のパチンコ屋って休業してるんでしょうけどやり続けてた所は反社会的勢力がバックにいたからやれたと思ってて、休業したことでパチンコ出来なくなった依存症患者が別の犯罪を起こしたりしないことを願うばかりです。名古屋で陽性だと診断を受けてからカラオケパブではしゃいだ後に死んだ奴なんて立派な自爆テロリストですからね、そんなやつが出ませんように。

パチンコだけじゃなくてサーフィンやってる人も依存症じゃないかと思う。サーフィンと言うよりマリンスポーツ全般、小学生の時から中耳炎がこじれて「耳に水が溜まるからプールは自粛」してるもんでその快感に共感できませんが海に行きたい衝動に駆られてるんでしょう。だって「運動不足解消の意味で距離さえあければマラソンもOK」でなんで泳いじゃダメなんだ?と言う主張は分からないわけではない。しかもワイドショーは神奈川・江の島のカメラでサーファーがいたら苦虫を噛むコメンテーターを映すくせに皇居を走るランナーなんて気にもしない、差別と思われてもやむを得ないところはある。

面白いもので現時点で陽性になった人でサーフィンをしたと言う人がいないようである。いたらマスコミはバカですから騒ぎ立てるからいくらワイドショーを拒絶する生活をしている私でもニュースは耳に入ることでしょうが今のところはない。チラッと記事を読んだら学術的に水中は感染しないと言う根拠も証明もないらしい。かと言って必ずしもサーファーで陽性判定された人は皆無とは言いきれない、世の中には「同調圧力」って病があるからだ。

コロナウィルスの陽性判定が出ると心配される以上に差別を受ける。建前では違うように言われているが本音は腫れ物にさわるような扱いを受けるのだとみんな知っている。私の副業先の話を例にすると某スーパーで試食販売をしてる仕事をしているのだが『一人でも陽性になってたらあなただけでなく会社自体の仕事が無くなります』とかメール来てましたからね。いくら聖人君子が綺麗事を並べても差別と言う病は撲滅されていません。差別されたくないから少しでも嘘をつく、陽性になったけどサーフィンしてたけど「世間であれほど非難されてる場所に何故行った?」と言われたくないから隠してる可能性はある。

趣味でDJをやってる、むしろ趣味の1つがDJと言う感覚に最近なっている。コロナ禍がDJ仲間にもたらしたものはDJ出来る場所の喪失からこぞって配信する技術・設備を手に入れて回線上でDJしたりしてる。今は禁じられている密集を作ってるわけではないし飛沫を飛ばしてないから健全ではあるもののちょっと冷めた目で「DJやりたくてやりたくて禁断症状が出たんだろうな」とさえ思う。ただ、道がなければ作れば良いと言うようなフロンティアスピリットは凄いもんだと思う。

DJやってる人で承認欲求が無い人なんていない、ましてや周りにも毎週末DJで呼ばれてるなんて人は多いから設備を買ってでもなんて人も出てくる。俺はと言えば先々入り用だし、副業は激減で収入はダウンするので新しい設備は買えないなと諦めがつくが新しいこととしてDJミックスを録音して流すやり方を覚えた。

https://www.mixcloud.com/QuoicShimadakov/

多分に漏れず、俺もまた承認欲求はあるのだ。ただひねくれの虫はおさまっていない。コロナ禍でDJイベントを開催していた色々な店が苦境に立たされている、乗り越える手段としてクラウドファンディング等をやっており微々たる額ながら自分も参加してはいるけど、他の人がSNSで「大好きな場所なんで参加しました」みたいな表明をしてるのを見て鳥肌が立つのだ。表明しない方がかっこよくないか?言ったら言ったで偽善に映る気がしてなら無い、いわゆる「美学」とも言えるけど、ネジ曲がった性格ゆえの病だなと思うのである。

俺だって病気じゃないけど病んでるからあなたもそうなんだろう?って論調ですが、これを読んでくれてる奇特な読者各位の病がCOVID-19に悪影響を及ぼさないことを切に願うばかりです。

投稿者: shakson5

しまだくらぶです。生まれも育ちも住いも埼玉県の昭和54年早生まれの40代です。婚活の歴史とか趣味のDJとか色々お話して、皆さんの暇潰し等のお役に立ちたくてブログを書いております。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。