【薬指への道】第5話 「DJってモテる」は誰かの理想!幻想に過ぎない。

婚活を記録していくシリーズの中で私の失恋の記録も失敗談として皆さんの教訓にしていただきたいと思ってます。

私の趣味のひとつにDJがあります。一般の方に説明するならtrfのDJ KOOとかSEKAI NO OWARIのDJ LOVEとか懐かしめのところだとファンキーモンキーベイビーズのDJケミカルとかをイメージされるでしょうがそれはあくまでもピンであって私は小さなバーで曲をかけたりするキリの部分の存在です。

今はそんなこともないのかもしれませんが昔はよく「クラブとか行ったことなぁい」「DJ見たこともなぁい」なんて方から『DJなんてやってるから出会いも多くてさぞかしモテるんでしょ?』とスクラッチと言うLPレコードをキュッキュとやる真似をしながら言ってくる方々が多々いて、否定してました。勝手なイメージですからね、行ったこともないのに、しかも知ってる情報は下手したらヴェルファーレの幻影とかですからね(笑)。

DJってモテるは誰かの理想!幻想に過ぎない。

これは是非お伝えしたい。

結婚したい方、婚活してる方に言うなら「DJやっててもモテない、プラスにはならない」と言う事でしょうか。実際知り合いではいますよ、DJ出来るバーで知り合ったカップルから夫婦になった人や今もDJで共演している夫婦、とあるイベントでDJ中にプロポーズした人とかもいますから『モテてるじゃん』って突っ込まれそうですが、これはあくまでも音楽を愛したものの結晶だから、やましい心をもってこっちに来てDJとかするのは止めて頂きたい。そんなわけでDJ絡んで上手く行かなかった恋愛話です。


いつも言ってますが皆様におかれましては他人の失敗から学んで欲しいし、これはあくまでも勝ちに行って負けた人の話であるわけです。

今回は、DJを利用してモテようとした話。散々前ふりで「DJでモテるなんて無理」と話していますがそういう時期はありました。ブランクありますが10年以上DJ歴ありますと「初めてDJするんです」なんて人には何度も遭遇します。緊張するなんて人に「難しく考えずにまず自分が楽しんで」なんてアドバイスして 終わった後も喋ったりして交流を深めることもあってそのうちの一人を好きになりました。

永野さん(仮称)とは六本木のイベントで知り合いました。そのイベントの参加者にそんな知り合いが居なかったから仲良くなりました。2010年ですからmixi使ってマイミクになって、同じイベントで結構会って年末に映画に誘ったら友達も一緒に来たけど見て。思えばその時に告白するつもりでしたが出来ず、翌年自分がやってるDJパーティーに演者として出て貰うのですがその前にスタジオ借りてDJ練習も一緒にしたりして交流を深めたつもりがある時に永野さんがよく会ってたイベントから姿を消します。彼女には妹がいて、その子もそのイベントの常連で恋愛感情はないけど姉の情報収集も兼ねてよく遊んでまして、まあ元気だと言う話は聞いてましたが一切会えずじまい。

次会ったのは2013年夏、とあるフェス。しかも電気グルーヴ待ってる時に真逆のブロックにいて声をかけられた。ちょっと話して別れてしまいやっぱりついて行くべきだったかなと思いつつも、その時点では後に出てくる岩見沢さん(仮称)にターゲットを変えていたので(笑)、同じフェスに来ている岩見沢さんが見ると言っていたサカナクションがやるステージへと向かった。サカナクションの時間前に岩見沢さんと連絡を取ろうとするも繋がらず、結果一人でサカナクションを見ることになります。

そんなサカナクション中に永野さんから着信があり「JUSTICE見るからおいでよ」と言われてノコノコ付いて行きちょっと見ていたら眠くなったらしく直ぐに会場から出て一緒に路上で寝てました。コレが2回目の告白するチャンスだったのでしょう。

結局、一回も告白すること無く永野さんとはその後会うこと無く今に至ります。ですが、永野妹から突然「Facebookで義理の兄の知り合いとして島田さんがいる」みたいな話になってよく調べたら、長い付き合いになるDJの知り合いの奥様になってました。その知り合いとも仲良いから祝いたい気持ちが強く、しかも「あいつ永野家と親戚になるのかよ」ってワクワクの方が強かった。

どんな風に出会ったのか?想像付かなかったから旦那の方に出会ったきっかけを聞いたらやっぱりクラブイベントだったそうです。じゃあDJとかモテるんじゃないか?って思われそうですが、

DJってモテるは誰かの理想!幻想に過ぎないのです。

実際、一人の女性を巡り一人ずつDJで勝者と敗者がいるのです。DJがモテるわけではなく、たまたまモテてる人がDJをやってたに過ぎないのです。

DJやっててフラれた話はまだまだ続きそうです。次回もお楽しみに。


婚活ランキング

投稿者: shakson5

しまだくらぶです。生まれも育ちも住いも埼玉県の昭和54年早生まれの40代です。婚活の歴史とか趣味のDJとか色々お話して、皆さんの暇潰し等のお役に立ちたくてブログを書いております。

【薬指への道】第5話 「DJってモテる」は誰かの理想!幻想に過ぎない。」に2件のコメントがあります

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。