斜め下から見る【渡辺麻友の覚悟】

昨日明かされた、渡部建の不倫騒ぎの一方、似たような名前で先月5月30日付で渡辺麻友先生が芸能界を引退されました。

AKB48めちゃくちゃハマっていた時期がありましたけれども、推しているわけではありませんでした。でも、尾木プロダクションは推しているメンバーが沢山いた事務所だったので渡り廊下走り隊はよく見てました。ネットの情報では埼玉の東大宮出身だったそうで超近所だった(実際、埼玉Walkerで表紙になってきたこともあるから信憑性はあると思います)から、個人的には地元の英雄くらいの気持ちで見ていました。

AKB48めちゃくちゃハマっていた時期がありましたけれども、推しているわけではありませんでした。でも、尾木プロダクションは推しているメンバーが沢山いた事務所だったので渡り廊下走り隊はよく見てました。ネットの情報では埼玉の東大宮出身だったそうで超近所だった(実際、埼玉Walkerで表紙になってきたこともあるから信憑性はあると思います)から、個人的には地元の英雄くらいの気持ちで見ていました。

ちなみに「渡辺麻友 制服図鑑 最後の制服」って言う凄い名著があって全国の制服を着せるというとんでもない本がありまして、自分用に買ってないけどこれをいつしかのあるお店のクリスマスパーティーで景品交換会用の景品として持ち込んだら見事にマダムに当たっちゃって、こういう時「これ誰からの―」みたいに聞く時間があるけど、その紹介タイムを前に『これ誰か交換しませんかぁ』っておばさんに言われた思い出があります(笑)。それが私とまゆゆの一番濃い思い出ですね(笑)。

元々アニメオタクで宝塚に憧れてたという情報しか知りませんがその影響からか本当にアイドルサイボーグと言っても良い様な非の打ち所がないアイドルでした。だからこそ、興味を持たなかったのかもしれないけど(笑)、でも凄かったのは間違えない。だからこそ、どんなに週刊誌が追いかけてもスキャンダルが無かったと聞きます。渡辺麻友にはきっとアイドルとしてやっていく覚悟があってそれ故に引退を選んだんだと思います。

この二日間というか、渡部建の話を書きながら不意に「時代は渡部建のスキャンダルを許さなかったし、完璧なアイドルという渡辺麻友をテレビのショウケースに並ぶ商品として選ばなかったんだよなぁ」って思いました。。同じグループの中でもスキャンダラスな発言をする指原って方を選んでますからね、テレビタレントなのにネットでの存在感が優先されるという変な時代だなぁと思ってます。とにもかくにも渡部の覚悟を思ったら、渡辺麻友の覚悟は素晴らしかったんだなぁと思いまして、ここに一番好きな曲を紹介して終わります。

その存在感と覚悟、ぐうの音も出ねぇぜ。

投稿者: shakson5

しまだくらぶです。生まれも育ちも住いも埼玉県の昭和54年早生まれの40代です。婚活の歴史とか趣味のDJとか色々お話して、皆さんの暇潰し等のお役に立ちたくてブログを書いております。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。