【薬指への道】第12回 水曜以外に会うのはどうでしょう『水曜どうでしょう婚活パーティーとは』

婚活する方向けに1回だけ成功した人の失敗談を知って今後に生かしてもらおうという趣旨で始めております【薬指への道】。今回は『水曜どうでしょう婚活パーティー』の回と相成ります。水曜どうでしょう知らない人も婚活とはどんなものか?これを見て学んで頂ければ幸いでございます。

今回は「水曜どうでしょう」と言う知る人ぞ知るニッチなテレビ番組の話が出てきます。一般的には御存知!俳優の大泉洋を世に出した北海道発のバラエティー番組ではありますが我が家では両親も妻も妹もはまってないので「いろはに千鳥」や「白黒アンジャッシュ」位の知名度と言う謙虚な姿勢で専門的な表現はなるべく避けて皆さんにお届けしたいなと思っております。

かくいう私は生まれも育ちも埼玉県ですから、どうでしょう藩士(=水曜どうでしょうファンのこと、藩士とも言う)とは言っても北海道の方に比べたらハマったのは遅くてレギュラー放送終えてジャングルリベンジやってた2002年頃ですから藩士歴は長くてDVDは全部出たやつはコレクションで買ってるし、結婚した際に実家から全部持ってきてる位好きなわけです。婚活パーティーに参加する段になって、大学時代の後輩の前川夫妻がどうでしょう好きでそいつの家に行った後輩もどうでしょう好きだから、みんなでどうでしょう見ながら鍋食べたみたいな話を聞いた記憶を思い出して、そういうのに憧れを抱いたのです。

スポーツだと埼玉西武ライオンズファンで浦和レッズサポーターなのですが、身近にいた浦和レッズが縁で結婚したK夫妻はやっぱり大学時代の知り合いで結婚式の二次会幹事をやるような間柄で夫妻ともども交流がありました。ひどい負け方をしてサポーター同士が小競り合いを起こした2007年のガンバ大阪戦の後に一緒に飲みに行くはずが旦那がへそを曲げて行方不明になりまして(笑)、その飲み会は中止になりました。スポーツってそうなんです、勝ったらイェーイだけど、負けたら感情的になってしまう。それが二人ともそんなだったら厳しいなと言うのがK夫妻の一件からあり、同じチームが好きで結婚した人もいるでしょうけど「私と浦和レッズ、どっちをとるの?」と問われたなれば『もちろん、君だよ』と躊躇なく即答出来る人を選びたかったので「好きなチームが同じ」みたいなパーティーは避けてました。かと言って他のチームが好きな人ってのは原辰徳好きな人との一件で乗っかれる自信もなかった。でも、「水曜どうでしょう」なら笑って終われるから良いなってそんな未来予想図を描いて参加したのでした。

前回もご紹介しました社会人サークルJAMが主催してたパーティーでしたが参加人数はいつもなら男女12名ずつですが少なめで女6男4と少な目でして、思ったほど世間ではメジャーコンテンツではなかったどうでしょうを痛感させられました。店内のモニターにはアメリカ横断企画が流されていて、トータル二時間を30分×4回、男2名が女子のテーブルを行き来する感じでしたけど、これまでの作品で一番どれが良いか?なんて話をしだしたら、名シーンの話とかになっちゃうから結局それぞれのパーソナリティが全く分からず、雲のつかみどころがないまま2時間終わります、むしろかかっていたアメリカ横断なんてよく分からないまま(笑)。

ビックリする位の無収穫かなと思ったけど、いつも通り運営のスタッフさんが「お話足りないという方は近くの店でどうぞ2次会でも開いて頂いて」なんて言われて三々五々解散しちゃうかなと思いきや、そういう同じ志の人と出会う事がレアだからか全員2次会へ行くことになりました。まあ、2次会は1次会の延長ではあったけれども10人全員のLINEグループが出来て、この人良いなって人がいるにはいて、しかも帰り道一緒だったりしてワクワクしながら、メンバーは和気藹藹と盛り上がりまして、今度は神田の飲み屋ではしごしようという事になります。

神田の飲み屋は6人くらいいて、目当ての人はいなくて(笑)、でもそれはそれで狙う狙わないは別にして新しい展開もあるのかなとか思って参加したわけです。やはり私はどちらかというと新参者という感じで周りにいたのは強者ばかりでした。大泉洋が所属しているTEAM NACSの舞台はいつも見ていたりとか所属事務所の何年かに1回のフェスみたいなライブに参加してたりとか自分の場合は北海道の放送の後に関東圏に流れた放送をおこぼれの様に見ていたわけですがオンデマンドでお金を払ってみてるという方も多くて、いわゆるガチ勢に囲まれたような感じでした。

さて、神田ラウンドは6人、しかも目星を付けていた女性が来なかったという事で何も進まなかったわけです。マンツーマン行くまでに外堀を埋めたいなという所がありましてもう1回くらいみんなで会うような場所があればなぁなんて思ったのですがいかなる風も吹かなそうなので自分主催でみんなでどうでしょうのDVDを見る回でも開こうじゃないかという事で自ら幹事を請け負って新宿のパセラという巨大スクリーンで映像が楽しめる場所を予約して開催したわけですが結局は男性私と女性2名で目当ての人は来ず、幹事だからリリースされたDVD全部持参したけど、結局ガチ勢が持参してきたミスターどうでしょう・鈴井貴之と大泉洋のライブ映像のDVDを見る回になるという展開で終わるのでした。

その後もあわよくばと思って目星を付けていた人にLINE送ってましたが何もありませんでした。こっちは婚活だ婚活だって思ってましたけど、女性陣にしてみれば、好みの人がいなければ同じ趣味の話が出来る仲間探しとしてのパーティーとして変換されていたのかもしれない。この文章の序盤に好きな野球チーム・サッカークラブが同じだと後々大変みたいな分析をしましたがそれ以前の問題で好きなものが同じだけで婚活は進むものでもないようです。

あと、個人差はありますけど、自分には確かにオタク気質があるけど、やっぱり知らない人にプレゼンして、分かってもらう方が楽しいタイプのオタクなんだと妙にそんなことを思ってこれ以上深く突き詰めるのはやめた記憶があります。ともに楽しんでいってじわじわと好きになっていくパターンが理想なのかもしれません。それを踏まえて次回は東京ディズニーランド婚活の回となります。ちなみにその水曜どうでしょう好きで集まったLINEグループですがメンバーの数は男性2名女性6名と減ってました。面白半分でメッセージ送ってみたら2名から返信ありました。ちなみに水曜どうでしょうは今でも好きです。


婚活ランキング

投稿者: shakson5

しまだくらぶです。生まれも育ちも住いも埼玉県の昭和54年早生まれの40代です。婚活の歴史とか趣味のDJとか色々お話して、皆さんの暇潰し等のお役に立ちたくてブログを書いております。

【薬指への道】第12回 水曜以外に会うのはどうでしょう『水曜どうでしょう婚活パーティーとは』」に3件のコメントがあります

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。