失春

今日6月19日(金)、プロ野球が開幕します。約2ヶ月遅れ、むしろ4ヶ月キャンプと考えると長い準備期間でしたなぁ。私事ですが、新婚旅行で行った沖縄はキャンプ真っ盛り、西武ライオンズが沖縄でやってたら頼み込んで訪れたかもしれませんが、宮崎でキャンプでしたから無事ノーベースボールでハネムーンでした。

でも、初日訪れたアウトレットで巨人のユニフォームを2000円で買ったり、幼稚園~高校まで同じ所に通いなんなら父親同士も知り合いのエノモトさんがヤクルトスワローズのキャンプ見に来た時と被って沖縄の奥地で会ったりしたから、一概にノーベースボールとも言えない。野球始まると春を感じます、でもセンバツ無かったから高校生達の春は無かったんだなぁとふと思うのです。

一昨日6月17日(水)、日本テレビ系列で篠原涼子主演「ハケンの品格」が始まりました。前のシリーズの時は頑張れ大泉洋!って気持ちで見てましたが余り記憶が無くて今回はどんなもんかなぁ、初回で嫌気が差すかなぁと思ったけど、突き抜けて面白かった。

荒唐無稽な勧善懲悪劇、ドラマ見て笑ってました。面白いのだけど「M愛すべき人がいて」と違って感想書かなきゃみたいな衝動に駆られないのは何故なんだろうか。ハケンの品格も4月スタートの予定だったので「お花見」の話題になって春を感じてしまった。しかも、当時だったらタイムリーでみんな痛快だったであろう『桜を見る会』ってセリフもあった。

「花見なんて二年ぶりですよぉ」なんて会話が来年繰り広げられるのかもしれないなぁと思いつつ、これから新番組として始まるものもきっと夏だけど春の匂いはたくさんして、匂いを感じては失った春を思い出すのかもしれません。皆まで申しませんが春に付く言葉は色々あります。買ったり迎えたり売ったり、まさか失うとは思いもよりませんでした。志村けん、岡江久美子、その他の人たちもそう。

もしかすると、更に失われた幻の東京五輪(私は中止すると思ってます)を匂わせるCMも相まって悲しくなってしまうかもしれません。

でも、失った春は過ぎた春なので、今流行りの「新しい生活様式」として春は巣籠もりの季節とかにならないようにしたいもんです。折しもハケンの品格での篠原涼子の役名が大前春子ですからね。失った春を取り戻そう!なんて人はどうぞ無理をなさらぬよう。季節は梅雨ですからね。

余談ですが、「ハケンの品格」みた後に松重豊主演の「きょうの猫村さん」みるとなんか味わい深くてオススメです。派遣ドラマと言う意味では同ジャンルですからね。

投稿者: shakson5

しまだくらぶです。生まれも育ちも住いも埼玉県の昭和54年早生まれの40代です。婚活の歴史とか趣味のDJとか色々お話して、皆さんの暇潰し等のお役に立ちたくてブログを書いております。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。