罰ゲームの再開【ドラマM愛すべき人がいて第5話観賞記】

いつも通り録画視聴しました「M愛すべき人がいて」第五回、折り返しましてデビューからブレイクまでの話でした。今回はドラマを見る前に私が恐れていた事が起こりました。それは結果としてアユとマサの恋愛ドラマになるんじゃないかと言う恐怖。今回はそんな糞恋愛ドラマの始まりと言う感じでした。渋谷スクランブル交差点のシーンはまさにそれでした。

元々、浜崎あゆみと同時代に生きてだけど、興味ないなか何とはなしに引き付けられてた部分は彼らの恋愛ドラマに書き消された感じですね。

ライバルだったAXELSとの戦いから、オールナイトニッポン的な番組に出て、ファーストアルバムがミリオンヒットと言う感じの流れの中でマサとアユの恋愛が社内で問題視されていくよと言う感じで終わりました。

恐れていた事がまたあって、いよいよ田中みな実の演技に飽きが来てる気がしますね、高嶋政伸もしかり。


結婚式場も日程も何も決めてないのにウェディングドレスを着て現れたらマサにフラれて、そこからコメディエンヌからサイコパスに変貌します。フラれた段階から完全に田中みな実が出たらホラーって感じで、出てきたら音楽止めたり、呪怨みたいなカタカタ音が鳴り出したり、やたらとキスしたりと「ほら、田中みな実ですよ、怖いですよぉ、怖いですねぇ」って感じで。面白かったから見てたのにねぇ、怖いとなると。ジョーカー的な感じではあるけど、ホアキン・フェニックスじゃないですからね。限界はありますね。

そんなんわけで初回見た後に「不倫のドラマだから東出昌大が見れば良い」みたいに書きましたけど、再び個人的に面白味が奪われましたから罰ゲームが、「アユドラマの刑再執行」が始まったそんな気分であと二話みたいなと思う所存です。時期的には渡部建が見れば良いんでしょうかね(笑)。

そんなんわけで罰ゲーム感あるなかで突っ込みたくなる場所を探しますとやっぱり実名出すと問題あるからでしょうか、色々謎。まあ、avexはイメージあるにしてもニッポン放送ですよ。オールナイトジャパンってどう?時報もビタースイートサンバもオールナイトニッポンなのに色々変えてるの。そこら辺は良く分かりませんが、まだそういう違和感たくさん出てくるんでしょうな。

なんかスイッチ入らず1000字を切りました。それくらいの盛り上がりだった回でした。さあ、罰ゲームの始まりです。

投稿者: shakson5

しまだくらぶです。生まれも育ちも住いも埼玉県の昭和54年早生まれの40代です。婚活の歴史とか趣味のDJとか色々お話して、皆さんの暇潰し等のお役に立ちたくてブログを書いております。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。