人って変われる、アユは周りを変えた【ドラマM愛すべき人がいて最終回観賞記】

けじめの意味で最終話を拝見しました(笑)。ドラマ「M愛すべき人がいて」、全話見た皆さんお疲れ様でございました。

ラジオで伊集院光が言ってまして一話目の違和感に引っかかりブログを書いたらアメブロでとんでもない数の読者が読んでくれたから「これはブログ書き続けたら雪だるま式に読者増えるのか」なんて思いながらも毎回書いていって結果大してリアクション無くて(笑)、結果としてあいつがかけた虹は渡れなかったけど、それでもハマらないまでもせっかくだからけじめの意味で最終回7話目まで書いています。

とはいえ、コント要素のある面白かったMは4話目で終わり、それ以降はどんどん見ても退屈な時間すなわち普通のドラマが続いていきました。いや、屈折したドラマ好きには退屈に感じていただけなのかもしれませんね。

でも、5話以降変な展開しか続いてなかったらドラマとしては成立してなかったと考えるとやむを得ないのでしょうか。とにもかくにも全て丸く収まり過ぎてて、それが大団円と言う奴なんでしょうけど、それまでの昭和のいじめをしてき元AXELS、癖の強い悪役だった高嶋政伸扮する社長とか田中みな実の礼香とかみぃんな丸くなっちゃってさ(笑)。アユが大きくなることでみんな良い人になりましたといった感じのおとぎ話みたいな展開でした。エッジの効いた奴らはみんな角が取れて丸くなる、左目問題の解決もしかり、ドラマを通じて『人って変われる、実際アユは周りを変えた』と言うメッセージあったのかもね。そう言えば、初回見て思った「the movie」とか付けて後日映画化しそうという俺の予想は見事に外れ、きっちり終わらせやがった(笑)。

安斉かれんの演技、未熟なアユを演じるためのものだと初回は思っていたけど、実際はそんなポテンシャルでもなかったことが分かった最終回の中で色んな演技が出来ることを見せた田中みな実、あながち「Mは田中みな実という伊集院光説」も正しいと思ってしまいました。それにしても最終回までバーテンダーが歌う意味が分からなかった。

悔しいけど、他多数同様にMステの再現シーンにはグッときました。ただ、大多数の『あの時の浜崎あゆみをしっかり再現してくれるなんて』っていう感動じゃなくて、当時の歌詞のテロップのフォントの忠実さにグッと来たのです。

そりゃあテレビ朝日の番組をテレビ朝日のドラマ班がやるんですから忠実には出来ますけど、もしもこの再現シーンありきでテレビドラマをテレビ朝日に依頼することにしたのだとしたら、そのこだわりは恐れ入った所です。たぶんだけど、そのシーンの音声もきっとMステから借りて、それこそ「ボヘミアン・ラプソディ」におけるLIVE AIDのシーンみたいにやっていたんじゃないかって想像している。

あと、最後の方の三浦翔平がやっぱり木村拓哉にしか見えませんでした(笑)。案の定ソフト化するというニュースがテロップで会ったけど「DVD化決定」とあってBlu-rayじゃねぇんだと突っ込んだわけです(笑)。

今となっては、アユのモデル浜崎あゆみは子供を産んだという現在、それがあってからこそMAX松浦との恋愛関係を公に語り出した小松成美の書いた著作があり、それがドラマ化しているという流れを見ると、浜崎あゆみというのは存在はするけど、キャラクターを演じていてそれが巨大なカリスマになり、それを本人もavexもしっかり守り抜いた結果だったんだろうなと思う。あくまでステージ上の存在であって、その裏の顔は一切は明かされる事はなくて、当時興味が全くない人間に聞こえるような話は長瀬智也とかツアーダンサーとの恋愛話ではあったけど、それは浮いても知らないうちに忘れ去られている。avexって浜崎あゆみありきだったんだなぁってこのドラマを見終わってしみじみ思った。でも、今の時代を思うとそれはそれですごい事だなって、浜崎あゆみに好きという感情は過去も今も無いけど感心します。

敢えて名前は出さないけど、キャラクターを演じているけど、キャラクターと現実の線引きをしっかりできず、その人の周りにも線引きをキープするような側近もおらず命を落とすなんてこともあるわけで、演じ分けて来て、子供も生まれて演じきったことで全てを明らかにした、そんな事だったんだろうなぁなんて思った。

テレビCMによると安斉かれんもデビューするんですって、きっとこのドラマを本気で見ていた層は購入するんでしょう。さて、安斉かれんは同じようなカリスマになりうるんでしょうか。

結果として、観るつもりも微塵もなかった人が見てしまったというわけですから制作者側の術中に見事にハマってしまったという感じがしますね、謎のリミックスも含めて丸3ヶ月、きっとavexのマネージメント的には『今回のドラマで新規で浜崎あゆみにはまりそうな層』に組み込まれてそうですが(笑)、そうはならないのは間違えないけど、浜崎あゆみ時代の凄さを当時斜めから見てた奴が評価してますから『人って変われるんですねぇ』(笑)。

あの当時、浜崎あゆみに影響受けまくってヒョウ柄を着込んでた人達はどんな感想を持ったんだろう?そんな人の感想も読みたくなった。

投稿者: shakson5

しまだくらぶです。生まれも育ちも住いも埼玉県の昭和54年早生まれの40代です。婚活の歴史とか趣味のDJとか色々お話して、皆さんの暇潰し等のお役に立ちたくてブログを書いております。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。