【頭内十曲】令和2年9月20日(日)付『横浜港に彼岸暮れる』

【頭内十曲】は毎週日曜日、とにかくアップする段階で聞きたい曲を10曲並べてそのあと語ると言う週1のコーナーです。今回は曲ごとの解説はしません、思い付いた順で書いてます番号はその順です。

ちょっと前までお盆だったのに今度はお彼岸が来まして、ちょっとコンセプト似てますがお彼岸向けにお盆とお彼岸しかこっち来ない人向けの10曲を選びました。

1.One more time,One more chance/山崎まさよし

2.ever free/hide with Spread Beaver

3.再生/Perfume

4.Numbers/Kraftwerk


5.NUM-AMI-DABUTZ/NUMBER GIRL

6.リリィ/THEE MICHELLE GUN ELEPHANT


7.夕暮れ/The Blue Hearts 

8.花/ORANGE RANGE

9.瞳を閉じて/平井堅

10.桜木町/ゆず

山崎まさよしのこの曲、探してる人がもういなくなった死んじゃったと知ったのはだいぶ後でした。そこから、hideからPerfume、Kraftwerkまではカワカミ、ツカサ、カイネ、タンゲと言う親族以外で先に居なくなった人を思い出しながら選びました。なってる。南無阿弥陀仏、ラストライブでのリリィが余りに印象的だったのと、学生時代に見た芝居で役者が弾き語ってた夕暮れの切なさがなんとも彼岸に合う、「今会いに行きます」「世界の中心で愛を叫ぶ」って同じくらいの時期に公開されてたはず。死んだ人がよみがえる方と死んだ人を見送る方。一曲目「One more time,One more chance」にずっと横浜のイメージがあり、最後も横浜の別れ歌で締めることにしました。

投稿者: shakson5

しまだくらぶです。生まれも育ちも住いも埼玉県の昭和54年早生まれの40代です。婚活の歴史とか趣味のDJとか色々お話して、皆さんの暇潰し等のお役に立ちたくてブログを書いております。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。