夢の中へ連れてって 第弐捨九幕【令和2(2020)年9月】

月末恒例の見た夢を一ヶ月分まとめて記憶のあるものを書き貯めてご紹介する企画です。読み返しましたら今月は13本。覚えてるのを書き出してるからそうなりますが、今月は15本、半沢直樹を見てた影響もあり次長とか新卒で入った文具メーカーの描写や年末設定が多かった、読みごたえあります。

9月1日(火)
Perfumeの名古屋公演2DAYSにプロモーターのディスクガレージに招待されて名古屋へ。初日、ガイシホールや名古屋ドームあたりで19時スタートだろうとふざけていたら、17時スタートで聞いたことの無い小さなホールで58名しか体験できないプレミア公演。初日はそれに気付いたのは19時だったから断念。

2日目早めに準備するが、やれ送迎・お土産付のVIP待遇でありがたがっていたら、送迎中に4車線ずつあるデカいバイパス道路を横断する女子高生がいて、それが気になったドライバーが逆走して中国の警察に捕まってしまって目が覚める。

9月3日(木)
動物園へ行く。コロナ禍の休園が影響して、ストレスで動物園の鳥たちが人間に過剰な反応を示すからと鶴以外は公開をしていない。鶴も見られたけど、鶴以外の鳥たちに日常を教えるために飼育員達が鳥を演じてフラミンゴに見せると言う風景を見ることになる。

9月7日(月)
前日休みで総集編含めて「半沢直樹」を5時間見た影響からか会社の支店長が香川照之だった。日曜日は支店長休みだから出社してもなんの妨害もなく仕事が出来ると思ったら見かけて気持ちが暗くなった。

9月9日(水)
文房具メーカー時代の職場が舞台。次長に提出する資料を不在の間に出して、営業に出ようとしたら、トイレ(大)に行ってる間に帰ってきてた。そのトイレから事務所内部が筒抜けと言う変わった構造だった。更にトイレに鍵をかけてなかったから女性の後輩が入って来てしまった。彼女は無言で棒立ちで出る時に気付く。

9月10日(木)
高校時代に遡る、国語(古文と現代文)と理科の教科書を紛失してしまったことに気付く、どれも必修科目だから卒業まで使うので探さなきゃならないと高校に電話するも誰も出ないが社会人の自分に気付き「あぁ、授業とか受けなくて良いじゃん」と安心の朝を迎える。

9月14日(月)
仕事があるから両親の親族が一堂に介する(死んだ人も甦ってた)食事会に顔だけ出す。「父が私は遅刻したから間に合った」と母方の祖母が言ってた。で、俺の仕事が千葉ロッテマリーンズのピッチャーでこの日先発で千葉マリンスタジアムまでいって里崎智也とバッテリー組んだんだけど、コロナの影響で久々の登板だったから投げ方忘れちゃってて、左利きなのに右でスローボール投げたら松中信彦に怒られて「すいません、久々過ぎて覚えてないんです」ってヘラヘラしながら答える。マリンスタジアムは満員だった。

9月16日(水)
●NHKのドラマで主題歌を歌うことになったYELLOW MONKEY・吉井和哉と主演のももいろクローバーZ・高城れにの対談を組む仕事を担当することになったがももクロの他のメンバーもドラマに出して欲しいと対談中に直談判してきて何の権限かOKを出す。

●ある年の大晦日、でかい倉庫の掃除を終えて年越しイベントに参加して実家のある大宮で元日も営業してる銭湯で前年の汚れを落とそうとしたら高校時代の同級生と出くわす、疲れてて絡みたくないから眼鏡かけてないのを良いことに知らない振りを最初して後に気付いたみたいな演技をしてやり過ごす。

9月21日(月)
次の日曜日(27日)放送の半沢直樹シーズン2の最終回に参加した。なんでも美濃部幹事長の不正を暴くにはチャーシュー用の肉を持っておくことが鍵となるらしくて、撮影後にその肉を土産で持ち帰るために巨大な肉を切り落として持ち帰ったところで目が覚める。

9月22日(火)
子供が産まれて退院する日、出迎えではなく病院が車を出してくれると言う話で待ってたら、姪にそっくりな髪フサフサの赤ちゃんが来て「赤ちゃんっぽくないタイプなんですねぇ」なんて言ってたら姪で改めてやって来た子供は2500gだけど軽くて水槽に入っていた。ちなみにこの日は実父の誕生日。

9月25日(金)
占い師でラッキーナンバーを人に売る仕事をしてた。売るために協会から300~1000円くらいで仕入れるんだけど4番だけ不吉だから6666円と高い。

9月27日(日)
芝居を見に行く、観劇後、妻の職場の同僚から結婚生活に関して色々聞かれる。日頃そんなことないから楽しみながら、しかもどの話して良いか選びながら。それにしても「自分が20年彼女いなかった話」をかっこ付けて話さないから凄いやりづらかった(笑)。

9月30日(水)
●マイケル・ジャクソンが甦り東京ドーム2Daysを行っていて、初日のニュースがテレビで流れていた。私は2日目のチケットを所持しているが何故か日本に帰化したらしく「寂尊マイケル」とチケットに記載されていた。

●新卒で入社した文具メーカーへ出産祝いが殺到してしまい驚く、正月休みだったらしく色んな人に新年の挨拶をしつつ、休日出勤だった次長にも恐る恐る挨拶する。

●メルカリ専門ショップが出来たらしく、そこは出品も配送も出来る。受付はいかにもなギャルがやってて配送受付後に出品せよと囃し立てるように「(出品)やってっちゃう?」みたいなキャバクラノリで来るからおじさんやおばさんは抵抗あるみたいでそそくさと帰る。

と言う三本立てだった。

投稿者: shakson5

しまだくらぶです。生まれも育ちも住いも埼玉県の昭和54年早生まれの40代です。婚活の歴史とか趣味のDJとか色々お話して、皆さんの暇潰し等のお役に立ちたくてブログを書いております。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。