コロナ禍の中の出産伴走記【Go to ファーザー】①お役立ち編

2020年10月2日金曜日21時5分ごろ、無事に子供が生まれました。
この記録は7月下旬から書き始めた長編です。生まれた時の為にずっと書き溜めていましたが、無事産まれたので今日から公開いたします。書き始めた理由は自分の為でもありつつ、前例なきコロナ期の出産事情が珍しいものか?はたまたこれからの新しいスタンダードになるか分からないから書き出したものです。

妊娠が分かったのは2月初旬でいわゆる「コロナ禍前」でした。いわゆるコロナ期に出産をすると言う前例無い中でやってると、道標は何処にもないんです。個人的に通過儀礼だと思ってた「両親学級」はウイルス感染拡大を防ぐために開催されず。夜勤者だから妊婦健診に付き添えて、受付までで行き検温もして問診票も書くけど診察室で入室を断られてたという日々は繰り返されました。出産育児アプリ的なものを頼りに進みましたがアプリが教えてくれる話はあくまでコロナが来る前の時代のものです。

ゴールデンウィークの辺りは妊娠5ヶ月くらいで『つわりも落ち着いて過ごしやすい季節です。さあ気分転換に出掛けましょう』なんて言われたけど、世の中は緊急事態宣言下でした。無理も無いのです誰も経験してない時代を生きてるので、そもそも無料のアプリに入り、色々プレゼント貰っておいて突っ込むのは野暮かもしれません。

とにかく、今のコロナの闇がいつまで続くか分からない。来年にはワクチンが出来て去年のような日常にすっかり戻ってしまって「コロナ禍の中」というのが異常事態でしかないかもしれないけれども、もしかしたらこの現実がニュースタンダードになってしまう。

これから出産を控えるご夫婦やお母さん、お父さんの参考になる、少しでも役に立ちたいなんて思って書き始めました。

時系列で起こってきたことや、その時に感じた事を書き連ねていく物語となりますが、今回は最初なんでいきなり皆さんに役立つ話をしたいと思う。

妊娠から出産までに利用したアプリとかお店の話をします。準備にあたり色んな店やアプリ、Youtubeを使っていました。お世話になったものと感想を端的に書いていきたいと思います。

「店舗比較してみた」
赤ちゃんグッズ買い揃えた中であくまで買ってみて抱いた店舗の印象。ちなみに自宅から徒歩5分のショッピングモールにトイザらス&ベビーザらスがある。同じく徒歩7分あればファッションセンターしまむら系列のバースデー。自転車で10分くらいの距離に西松屋と住宅街が多い事もあってベビー用品店戦争が巻き起こっている。

●赤ちゃん本舗→店がデカいから品揃えは凄い、細かいものの単価は高い感じ、店内散策で一番楽しい。ベビーシートや抱っこひもを購入。

●西松屋→妹からの前情報で「衣類が安い」という前評判通り衣服は本当に安い。急に激安セールを開催していたりしている。

●バースデー→西松屋と広さは同じくらいだが商品のヴァリエーションは豊富。あと店内の有線放送が全部アニソンでちびっ子たちが行きたいという演出をしてるのが中々。

●ベビーザらス→トイザらスの中にあるからかおもちゃ類は豊富。もう、やってないけど、キリンのキャラクターのジェフリーがゆるキャラ総選挙に立候補というニュースが凄かったけど、急にメルペイ使えなくなったのが残念。

「使ったアプリ」
●Babyプラス→一番使ったアプリ、情報が豊富で分かりやすい。ホーム画面の赤ちゃんが自分に語り掛けてくれることに感情移入して時折涙が出る。あと、妊婦用の食事を作る際にNGなものからお薦めするものまで幅広くて本当にありがたい。行っている病院の産科にも広告あったけど、さすが「お医者さんお薦めのアプリ」という感じだった。でも、出産後は特に情報がない。

●ベビーカレンダー→プレゼント欲しさでダウンロードしたアプリだったけど、先輩妊婦さんの体験談が豊富で色んなパターンがあるという意味で勉強になった。

●たまひよ→ご存知リクルート社のアプリ。やっぱりプレゼント欲しさでダウンロードしたけど。本当にプレゼントだけって感じ、さらにたまごクラブひよこクラブを有料で購入したらプレゼントは増えるそうだ。

「お世話になったYoutuber
シオリーヌさん
たまたま4年前くらいにDJイベントであったことある人で当時はコンドーム配ってた人だった、当時を懐かしみながら見る。産むのは自分の体では無いので分からないことだらけでそんな感じなのかよと、知らないことだらけでありきたりだが日本の性教育の遅れを思う。あくまでざっくりした感覚である。

助産師・ヒサコさん
妻の産休が始まった時に見始めたというチャンネル。「なんか、今12人目を妊娠してる助産師さんのチャンネルがあるよ」なんて言う話は聞いてたけど、直ぐには見てなかったけど、日々の私のYouTubeルーティーンであった「沐浴」と検索して出てきたチャンネルの中に現れたので見始める。以後、情報の共有も兼ねて頻繁に見ている。出産だけでなく子育てに関しても話している。内容は助産師な上に既に11人出産してると言う裏打ちされた経験による説得力!更に関西人特有の弁の立ち具合!コレだけでも十分でしょうが個人的にはすべての言葉をテロップにしてくれてることが素晴らしい、テレビ番組なら大嫌いな演出だけど、職場のパソコンで暇なときに堂々と見られることが便利で見始めてからは先生として崇めてると言っても過言ではない。

屈折した性格からかどうも長時間関西弁を聞くのに苛立つ性格なので無音で学べるのもちょうど良かったんだと思う。
とそんな感じ。

そして、出産経験した色々な知り合いの力を借りて今があります。かわいいという衝動にかられてアップされた画像や映像も「こんな用品を買ってるのか」とか「こんな愛らしい表情をするのか」と参考になりました。知り合いではない皆さんの投稿も「#新生児」や教えてもらった「#2020Oct_baby」みたいに入れると同じ月例の人に巡り合えたりするそうです。

といったように初回はお役立ち情報だけを並べてみました。次回から出産伴走記を時系列でお話します。

投稿者: shakson5

しまだくらぶです。生まれも育ちも住いも埼玉県の昭和54年早生まれの40代です。婚活の歴史とか趣味のDJとか色々お話して、皆さんの暇潰し等のお役に立ちたくてブログを書いております。

コロナ禍の中の出産伴走記【Go to ファーザー】①お役立ち編」に2件のコメントがあります

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。