コロナ禍の中の出産伴走記【Go to ファーザー】②波乱と決断だから安定ではない妊娠初期編

2020年10月2日金曜日21時5分ごろ、無事に子供が生まれました。
(ここから前口上です、初めての方は読んでいただきたい企画趣旨みたいなものです。読んだことある方は読まずに本文へ行っていただいてもかまいません。)

生まれた時の為にずっと書き溜めていましたが、無事産まれたので今日から公開いたします。書き始めた理由は自分の為でもありつつ、前例なきコロナ期の出産事情が珍しいものか?はたまたこれからの新しいスタンダードになるか分からないから書き出したものです。急に思い立って7月下旬に書いたからおぼろげな記憶もあります。時系列で追っていまして、この章は妊娠4ヶ月までのいわゆる「妊娠初期」について感じていたことを書いています。

妊娠が分かったのは2月初旬でいわゆる「コロナ禍前」でした。いわゆるコロナ期に出産をすると言う前例無い中でやってると、道標は何処にもないんです。個人的に通過儀礼だと思ってた「両親学級」はウイルス感染拡大を防ぐために開催されず。夜勤者だから妊婦健診に付き添えて、受付までで行き検温もして問診票も書くけど診察室で入室を断られてたという日々は繰り返されました。出産育児アプリ的なものを頼りに進みましたがアプリが教えてくれる話はあくまでコロナが来る前の時代のものです。

ゴールデンウィークの辺りは妊娠5ヶ月くらいで『つわりも落ち着いて過ごしやすい季節です。さあ気分転換に出掛けましょう』なんて言われたけど、世の中は緊急事態宣言下でした。無理も無いのです誰も経験してない時代を生きてるので、そもそも無料のアプリに入り、色々プレゼント貰っておいて突っ込むのは野暮かもしれません。

とにかく、今のコロナの闇がいつまで続くか分からない。来年にはワクチンが出来て去年のような日常にすっかり戻ってしまって「コロナ禍の中」というのが異常事態でしかないかもしれないけれども、もしかしたらこの現実がニュースタンダードになってしまう。これから出産を控えるご夫婦やお母さん、お父さんの参考になる、少しでも役に立ちたいなんて思って書き始めました。

【これより本文】
時系列で起こってきたことや、その時に感じた事を書き連ねていく物語となりますが、今回は安定期を迎える前の妊娠初期のお話です。

【2月(妊娠3ヶ月)】
妻の妊娠が確定したのは2月4日に家から近くの産婦人科での事、通常と同じようにいつもの周期に生理が来なくなって検査薬で妊娠かもしれないとなって、確定させるために行きました。初めての産婦人科は「ラグジュアリーラウンジ」って感じでふかふかのソファーと絨毯、流れるJPOPのオルゴールという感じで別世界でした。とにかくリラックスさせるための空間という印象でした。妊娠が確定するや否やその足で住民票なども発行してくれる近所のコミュニティセンターで母子手帳を貰うわけですが、それが実は勇み足だったらしい。その話は別に。

私の誕生日を絡ませて2月下旬に新婚旅行でミャンマーに行く予定だったけど、妊婦は高所はNGって話で、ミャンマー行く理由は「気球に乗って世界遺産見物」で選んだけどダメだわってのと、何かあったときにミャンマーの医者は不安すぎると言う理由から一気に沖縄になりました。

旅行の内容は楽しかったけど、産まれ来る我が子とは違うので割愛。当時、COVID-19は例のダイアモンドプリンセス号の話が主役で沖縄まで行ってそのニュース見るのは鬱陶しかったのでずっとNETFLIX見てました。那覇市内のタクシー運転手に感染者がいたとかありましたけど、飲食店に衝立はなくただ中国人はおらず静かな、でもキャンプ見に来た野球ファンたくさんな沖縄でした。無事に帰ってきて親族から「ミャンマーでコロナにかからなくて良かった。沖縄選んで正解だった」と言われまくりました。当時、世界的に見て北朝鮮とミャンマーは感染者0で隣国タイはたくさんいた状況下で0は怪しいと言う話で疑いの臭いプンプンでした。後に調べたら3月下旬位に感染者が現れたそうです。

【3月(妊娠4ヵ月)】
3月8日、令和になる直前に脳梗塞で倒れていた父方の祖母が亡くなった。結婚して半年でこれが親類と会う初めての機会で妻の披露と妊娠の話をすることになる。予感がなかった訳じゃないけど、祖母の生まれ変わりでお腹の子は女の子ではないかと勝手に思う。

自宅から自転車で10分のところにある産婦人科へ行ってて、「母子手帳貰ってきてください」と言う指示が産婦人科から出る前に母子手帳をもらいました。それに問題は特に無いんだけど、エコー検査でいきなり「胎児の首回りに浮腫(むくみ)のようなものがあるから紹介状出すので隣町の市立病院で精密検査を」と言われ紹介状を書いて貰う。

「胎児  浮腫」で検索すると出てくる話。
●染色体異常によるダウン症の可能性がある。可能性は600分の1。
●染色体異常かどうかは羊水検査をすればわかる。ただ、羊水検査は流産の可能性がある

と言う事、それ以上の専門的な話もあるけどかいつまんで言うとそんな話である。

隣町の市立病院ならもっと精密に分かって浮腫なんて消えてるんじゃないの?なんて思いながら連絡が付く知り合いで35才以上で産む高齢出産をなされた方にその話を聞いてみた。「産婦人科からこんなことを言われました不躾ですがそんなこと言われたことありましたか?」みたいな土足で踏み入れるような質問をよくしたもんだが焦りがあったのは間違えない。

予約が取れた3月24日、桜の花が満開な頃に隣町の総合病院へ。
近所の病院では入れてくれなかった診察室に入りに懐かしの女性芸人に似た名前で産科主任であるN先生から話を聞く。初めての超音波診断、妻の体の中で動く子供の姿、胎内の音は一定のビートを刻んでいた。首の後ろに浮腫はあった。願いむなしくと言う感じがした中でN先生は「不安でお調べになったかもしれないけど」と事前に調べたのと同じような話をしてくださる。そして羊水検査を薦められた。

病院としての紹介だったのかもしれないけど、検査料金が20万みたいな話を聞いてたので「利益重視で羊水検査紹介したのでは?」みたいな印象を持っていたという話をしたら妻は苦虫を噛んでいた。

近所の堤防の桜が見頃だから医者に行った後に見に行ったけど淀んだ空気だった記憶がある。

最初「正直、抵抗がある」と言った俺に対してワイフは産みたいと言っていた、そんな意見の食い違いの末に二人で産もうと決める。自分に抵抗が無くなったのは「産まれたいと胎内で育つ子を止めるのはナンセンス」だと思ったのと「五体満足で産まれた後に障害を持った子を親は見捨てるか?いや見捨てないはずだ」と言う考え方。だったら羊水検査なんて受けずに産もうと決めて、次の回の診察でN先生に結論を伝える。

次回は緊急事態宣言下の安定期編です。

投稿者: shakson5

しまだくらぶです。生まれも育ちも住いも埼玉県の昭和54年早生まれの40代です。婚活の歴史とか趣味のDJとか色々お話して、皆さんの暇潰し等のお役に立ちたくてブログを書いております。

コロナ禍の中の出産伴走記【Go to ファーザー】②波乱と決断だから安定ではない妊娠初期編」に2件のコメントがあります

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。