コロナ禍の中の出産伴走記【Go to ファーザー】③緊急事態宣言下の安定期編

2020年10月2日金曜日21時5分ごろ、無事に子供が生まれました。
(ここから前口上です、初めての方は読んでいただきたい企画趣旨みたいなものです。読んだことある方は読まずに本文へ行っていただいてもかまいません。)
生まれた時の為にずっと書き溜めていましたが、無事産まれたので今日から公開いたします。書き始めた理由は自分の為でもありつつ、前例なきコロナ期の出産事情が珍しいものか?はたまたこれからの新しいスタンダードになるか分からないから書き出したものです。急に思い立って7月下旬に書いたからおぼろげな記憶もあります。時系列で追っていまして、この章は妊娠4ヶ月までのいわゆる「妊娠初期」について感じていたことを書いています。

妊娠が分かったのは2月初旬でいわゆる「コロナ禍前」でした。いわゆるコロナ期に出産をすると言う前例無い中でやってると、道標は何処にもないんです。個人的に通過儀礼だと思ってた「両親学級」はウイルス感染拡大を防ぐために開催されず。夜勤者だから妊婦健診に付き添えて、受付までで行き検温もして問診票も書くけど診察室で入室を断られてたという日々は繰り返されました。出産育児アプリ的なものを頼りに進みましたがアプリが教えてくれる話はあくまでコロナが来る前の時代のものです。

ゴールデンウィークの辺りは妊娠5ヶ月くらいで『つわりも落ち着いて過ごしやすい季節です。さあ気分転換に出掛けましょう』なんて言われたけど、世の中は緊急事態宣言下でした。無理も無いのです誰も経験してない時代を生きてるので、そもそも無料のアプリに入り、色々プレゼント貰っておいて突っ込むのは野暮かもしれません。

とにかく、今のコロナの闇がいつまで続くか分からない。来年にはワクチンが出来て去年のような日常にすっかり戻ってしまって「コロナ禍の中」というのが異常事態でしかないかもしれないけれども、もしかしたらこの現実がニュースタンダードになってしまう。これから出産を控えるご夫婦やお母さん、お父さんの参考になる、少しでも役に立ちたいなんて思って書き始めました。

【これより本文】
時系列で起こってきたことや、その時に感じた事を書き連ねていく物語となりますが、今回はステイホームと叫ばれていた安定期のお話。

【4月(妊娠5ヶ月)】
緊急事態宣言と言うまるで映画のような事態になったわけだが、美容師である妻の職場も短縮ながら営業、マンション受付と言う私の仕事も通常通りと言うわけで「ステイホーム期間」と言う実感は副業が激減したこと(6月中旬ころまで)と祖母の四十九日法要が孫世代以下は参加出来なかったこと。

コロナの影響で定番の両親学級は実施すらされないと言う情報があったので通信教育ばりに育児本とYouTubeを見まくる。助産婦経験者のYouTuberを探したら、オンライン両親学級を見つける。それがシオリーヌさん。https://youtu.be/uVNP-t1c2QU シオリーヌさんの感想は第1章参照されたし。

【5月(妊娠6ヶ月)】
同学年の有名人、オードリー・春日に子供が産まれたけど、予定日より一ヶ月早かったと知り焦る。どんなベビーカーが良いの?とか赤ちゃんグッズで買った方が絶対良いものは?身内と最近の育児を知ってる方という事で知り合いを絞って相談。

まず、忖度無しのグッズ実験雑誌『LDK』がベビーグッズ特集をやってると知り最新版を購入。LDKは妻の勤務先でお客様用に定期購読しており、かなり信頼に足り得る雑誌で、貰い物以外はLDKで買ったと言っても過言ではない。

「情報をくれ」と妹に聞いただけだがおねだりとして伝わり、なんやかんやで妹のママ友から肌着を貰うことになる。

先輩ママとなってる知人に夫としての心構えを聞いたときにこんなアドバイスを貰った。これはずっと指針となったので。目立った字でご紹介します。

『妻をサポートしてると言う意識を捨てて、「我が子を自分で育てるんだ」位の当事者意識を持って子育てに参加して欲しい』。
その家庭は旦那さんが消極的でぶつかり合ってるそうだ。

姓名判断アプリ的なもので子供の名前を見始める、男の子のオススメに「島田純次」「島田敏行」と出て来る。なぜオッサン俳優ばっかり薦めるんだ?(笑)。

【6月(妊娠7ヶ月)】
育児本の多くに「そろそろ育児グッズを買いそろえて」なんて話があったのと各ショッピングモールが緊急事態宣言後の復活を遂げた辺りだったので赤ちゃん本舗の会員になる。我が家の立地には徒歩圏内にバースデイとトイザらス、自転車圏内にしまむらと西松屋とベビー用品店激戦区にいて、赤ちゃん本舗はあまり行ったことなかった。行ったのは西新井の赤ちゃん本舗、売場広いし、コロナでやんや言われてる時期だけど、スタッフの方が積極的に説明してくれるしかなり好感が持てた。まずはアカホンオリジナルの抱っこひもを購入した。

胎動が始まっており、妻のお腹を触っては語りかける。基本的に「パパ」とは呼ばせない方針の為、甲高い声で『パパでしゅよー』みたいなことは言わず、挨拶程度(笑)。

名前については色々候補を考えながらも一旦休止に入る。決め打ちじゃなくて、生まれてから顔を見て決めると言うパターン、赤ちゃんに呼び掛けて反応を待つパターンもあると聞いた。

性別に関して、先生は明言を避けるが「男の子っぽい」とのこと。後に最近の先生は性別を言わない傾向にあると聞くが当日まで明言はなく、我々夫婦は男の子と言う体で動き始める。

現時点での名前をつける際のこだわり
●親族と似た名前は付けない、特に私が「コウイチ」だから『コウちゃん』と呼びそうな名前
●実父ケンジ、義弟ケンタだから「ケンチャン」と呼びたくなる名前
●勤めていた会社のクソ上司等これまでに嫌な思い出がある奴等を連想する名前
それらがNGワードだった。

『読書の時間』
育児書は6冊くらい読んだ、購入したり職場近くの図書館で借りたりと探し方は様々。内容は「出産入門」的な本「ジーナ式育児」「自己肯定感を養う育児」「語りかけ育児」「アラフォー育児」「何もない部屋で子育て」と言った感じのもの。

『赤ちゃんの夜泣きがなくなると言うねんねトレーニング略して<ねんトレ>』を謳うジーナ式こそ理想郷かと思っていたが他の本を読み薦めると日本の仏教かよ!と突っ込みたくなるくらい教えが食い違う!どれが正解?と思ったけどどれも正解なんだろうと言う結論に至る。人間みんな違うから赤ちゃんも違うから合ったものを探すしかないんだと悟る。

ちなみにジーナ式は凄く理にかなった考え方だが、夜泣きは赤ちゃんが寝るまでの準備だから泣きっぱなしでも良いと言う考え方に対して他の考え方は親に甘えたくて泣いてる赤ちゃんを放っておくと赤ちゃんは頭が良いから「甘えたくても甘えさせてもらえないんだ」と拗ねた子に育つと言う説を唱える人がいた。

次回は妊娠後期前半です。

投稿者: shakson5

しまだくらぶです。生まれも育ちも住いも埼玉県の昭和54年早生まれの40代です。婚活の歴史とか趣味のDJとか色々お話して、皆さんの暇潰し等のお役に立ちたくてブログを書いております。

コロナ禍の中の出産伴走記【Go to ファーザー】③緊急事態宣言下の安定期編」への1件のフィードバック

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。