コロナ禍の中の出産伴走記【Go to ファーザー】④コドモより前にクルマ 妊娠後期序盤編

2020年10月2日金曜日21時5分ごろ、無事に子供が生まれました。
(ここから前口上です、初めての方は読んでいただきたい企画趣旨みたいなものです。読んだことある方は読まずに本文へ行っていただいてもかまいません。)
生まれた時の為にずっと書き溜めていましたが、無事産まれたので今日から公開いたします。書き始めた理由は自分の為でもありつつ、前例なきコロナ期の出産事情が珍しいものか?はたまたこれからの新しいスタンダードになるか分からないから書き出したものです。急に思い立って7月下旬に書いたからおぼろげな記憶もあります。時系列で追っていまして、この章は妊娠4ヶ月までのいわゆる「妊娠初期」について感じていたことを書いています。

妊娠が分かったのは2月初旬でいわゆる「コロナ禍前」でした。いわゆるコロナ期に出産をすると言う前例無い中でやってると、道標は何処にもないんです。個人的に通過儀礼だと思ってた「両親学級」はウイルス感染拡大を防ぐために開催されず。夜勤者だから妊婦健診に付き添えて、受付までで行き検温もして問診票も書くけど診察室で入室を断られてたという日々は繰り返されました。出産育児アプリ的なものを頼りに進みましたがアプリが教えてくれる話はあくまでコロナが来る前の時代のものです。

ゴールデンウィークの辺りは妊娠5ヶ月くらいで『つわりも落ち着いて過ごしやすい季節です。さあ気分転換に出掛けましょう』なんて言われたけど、世の中は緊急事態宣言下でした。無理も無いのです誰も経験してない時代を生きてるので、そもそも無料のアプリに入り、色々プレゼント貰っておいて突っ込むのは野暮かもしれません。

とにかく、今のコロナの闇がいつまで続くか分からない。来年にはワクチンが出来て去年のような日常にすっかり戻ってしまって「コロナ禍の中」というのが異常事態でしかないかもしれないけれども、もしかしたらこの現実がニュースタンダードになってしまう。これから出産を控えるご夫婦やお母さん、お父さんの参考になる、少しでも役に立ちたいなんて思って書き始めました。

【これより本文】
時系列で起こってきたことや、その時に感じた事を書き連ねていく物語となりますが、今回は臨月を除いた妊娠後期の序盤のお話をします。

【7月(妊娠8ヶ月)】
育児グッズを買いそろえていく上で妻が何度と無く提案していたが「危ないから」と却下していた「自家用車問題」が一気に解決して購入する運びとなる。

きっかけは妻のお姉さんに2歳男児がいて「ベビーカー全く乗らないからあげる」と言う提案から始まる。船橋市の家まで今まで電車移動だったけど乗り換え時の持ち運びが面倒だからレンタカーを借りて行くことになった。我が家の近くのガソリンスタンドにニコニコレンタカーが併設されててそれが軽自動車なら12時間3000円で借りられるらしくて、安いからと言う事で8月上旬行く約束をした。その練習も兼ねて試しにレンタカーでベビーグッズのかさばるやつとかを買い出しに行くことになった、それがきっかけ。

●比較的大量の荷物を運べる便利さ
●赤ちゃんが産まれた後に電車でギャン泣きした時の後ろめたさ
●COVID-19に気を付けて電車移動する面倒臭さ
以上の事を考えて、遂に重い腰を上げるに至る。

小さな頃から通う実家近くの理髪店の主人がバイク乗りでそのつてで中古車店を紹介して貰い、一ヶ月で車を手に入れる。

身重の妻と買い物に行く機動力として車はかなりつかえた。逆に言うと車持ってなかったらどうなっていただろうかと思う。この後、何度も出てくるが暇さえあれば車で30分の越谷レイクタウンというショッピングモールに行き倒していたちなみに出産までに約850㎞車で移動していたそうだ。

【8月(妊娠9ヶ月)】
34週(8/17月曜日)より妻が産休に入る。
妻の産休が始まると共にそれまで4対6だった妻と私の家事の割合は9対1と変わったのでこちらとしては頑張らなきゃと家事探しが始まる。結果「私やるよ」の言葉に甘えて過ごしてしまったので産後挽回したい。

あと、妻がマタニティヨガと筋トレをYouTube見ながら始めた。音声だけ聞いてみたがそういうのを発信しているYouTuberはやれ「チャンネル登録」だの「イイね」を催促しない感じの良いYouTuberだ。『じゃあ、また一緒に頑張りましょう』とか言うのである。 

引き続き、赤ちゃんグッズを購入中、とにかく「臨月はいつ赤ちゃんが出てきてもおかしくない」と言う事を聞くので、必要なものは臨月前に揃えることにした。

義姉さんからベビーカーを借りるのと同じ日に妻のご友人からベビーベッドをお借りする。元々はそのご友人と妻の共通のご友人から譲り受けて代々赤ちゃんが寝て来た年季の入ったベビーベッドで説明書無いところから組み上げて完成した。リビングルームで組み上げて、いざベッドルームに入れようとしたら寸法足らずと言う「荒井注カラオケボックス事件」を思い出した(笑)、その後組み直してベッドは無事収納された。

義姉さんの家には息子、ご友人の移動娘さん共に2歳で誕生日も近いが子猿のように父に寄り添う男の子と、とにかく家の中を飛び回って色々披露する女の子と全く違っていた。

夫婦で購入しようと決めたベビー用のフロアマットがあって妻がメーカーのPaypayモール店とやらで見つけたものなんだけど、私がCMの印象でPaypay大っ嫌いだからなんとか違う方法でと思ったらメーカーと直接やり取りでLINE割引と会員登録で1200円得しました。ひねくれものが得をした珍しい話(笑)。

妻が産休が始まり時間が出来て、助産師・ヒサコさんと会ったのはこの時期(ヒサコさんに関しては第1章参照)

次回は臨月編でございます。でも、ご存知だと思いますが臨月編では産まれません(笑)。

投稿者: shakson5

しまだくらぶです。生まれも育ちも住いも埼玉県の昭和54年早生まれの40代です。婚活の歴史とか趣味のDJとか色々お話して、皆さんの暇潰し等のお役に立ちたくてブログを書いております。

コロナ禍の中の出産伴走記【Go to ファーザー】④コドモより前にクルマ 妊娠後期序盤編」に2件のコメントがあります

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。