コロナ禍の中の出産伴走記【Go to ファーザー】⑤出産予定日は越えるものなり 臨月編

2020年10月2日金曜日21時5分ごろ、無事に子供が生まれました。
(ここから前口上です、初めての方は読んでいただきたい企画趣旨みたいなものです。読んだことある方は読まずに本文へ行っていただいてもかまいません。)
生まれた時の為にずっと書き溜めていましたが、無事産まれたので今日から公開いたします。書き始めた理由は自分の為でもありつつ、前例なきコロナ期の出産事情が珍しいものか?はたまたこれからの新しいスタンダードになるか分からないから書き出したものです。急に思い立って7月下旬に書いたからおぼろげな記憶もあります。時系列で追っていまして、この章は妊娠4ヶ月までのいわゆる「妊娠初期」について感じていたことを書いています。

妊娠が分かったのは2月初旬でいわゆる「コロナ禍前」でした。いわゆるコロナ期に出産をすると言う前例無い中でやってると、道標は何処にもないんです。個人的に通過儀礼だと思ってた「両親学級」はウイルス感染拡大を防ぐために開催されず。夜勤者だから妊婦健診に付き添えて、受付までで行き検温もして問診票も書くけど診察室で入室を断られてたという日々は繰り返されました。出産育児アプリ的なものを頼りに進みましたがアプリが教えてくれる話はあくまでコロナが来る前の時代のものです。

ゴールデンウィークの辺りは妊娠5ヶ月くらいで『つわりも落ち着いて過ごしやすい季節です。さあ気分転換に出掛けましょう』なんて言われたけど、世の中は緊急事態宣言下でした。無理も無いのです誰も経験してない時代を生きてるので、そもそも無料のアプリに入り、色々プレゼント貰っておいて突っ込むのは野暮かもしれません。

とにかく、今のコロナの闇がいつまで続くか分からない。来年にはワクチンが出来て去年のような日常にすっかり戻ってしまって「コロナ禍の中」というのが異常事態でしかないかもしれないけれども、もしかしたらこの現実がニュースタンダードになってしまう。これから出産を控えるご夫婦やお母さん、お父さんの参考になる、少しでも役に立ちたいなんて思って書き始めました。

【これより本文】
時系列で起こってきたことや、その時に感じた事を書き連ねていく物語となりますが、臨月だからという事で9月は日記形式で書くことにしたのです、ところが事件は発生したのです。9月15日までの日記が忽然と姿を消してしまったため。14日までは記憶を辿ることになったのです。

9月(臨月)
9/1(火)~14(月)の話。
9/1(火)36週目の妊婦健診にて、いつ産まれてもおかしくないと言う状況から助産師外来と言うやつで陣痛時のレクチャーを受ける。

●陣痛の周期が5分に1度になったら病院へ連絡。付き添いは配偶者かパートナーのみ、お産が間近と判断したらそのまま待機するが時間がかかりそうな場合は自宅待機で時が来たら妊婦から直接連絡が入る。
●分娩後30分を目安に帰宅、以後入院中の面会は不可。
と言うコロナ堝のルールは酷い時よりは緩和されたが厳戒態勢の中で行われるそう。近隣の駐車場やガストでの待機も不可という事で「まあ、慌てなさんな」とたしなめられた感じだった。

9/5(土)
妻がいつ出産するか分からないから毎年行っていた大学時代の後輩の墓参りを同世代の後輩と行っていたが今年は行かないことにしていたが、そんなすぐには産まれなさそうで行くことにした。その段階で子供の名前候補の筆頭が後輩の名前と読みは同じでその話をしたら「その名前はおかしな奴しかいないから止めた方が良いですよ」なんて言われる。

(以下、日付を覚えていない9/14までのエピソード)
実はその時点で3日に1回の本業の休みは妻が家に篭りっきりなので外出をしてるが大体は車で20分の距離のレイクタウンへ行く。

絵本、赤ちゃん用の帽子と言った買い揃えてないものを揃える。妻の準備が良くて、入院準備品は9月始まった段階で揃えていて、相当暇だったらしい。

俺が初回から見ていた半沢直樹を妻は6話くらいから俺が見てるからと言う理由で見始めて、9/6の例の生放送の日にやること無いからシーズン1の総集編を一気見したら気になったらしく、翌9/7に妻は一気に5話分見て追い付いたそうだ。「夏休みに宿題を早めに終わらせるタイプの人で良かった」みたいな話を妻に振ったがギリギリまでやらないタイプだったらしい。

なんでも、妻がやってる生理の周期を計算するアプリによると出産予定日は10/1らしくて医師の見立てと4日違う、ある出産アプリの統計では予定日当日に産まれるのは1%、予定日5~2日前で15%、予定日2~10日後で30%とからしい。

赤ちゃん関係ない話。昨年の九月に引っ越しした我が家の台所の蛇口は浄水器のカートリッジが付いており、レバー1つで水道水が浄水になるようになっていた。一年経ったので浄水器のカートリッジを交換しようと取り寄せて、いざ作業をしたら蛇口の中にカートリッジは空で我々夫婦は水道水を浄水と思い込んでありがたがっていたのだった。

9月中旬のある日
胎動が始まった段階で妻とハグすることで、自分の腹で我が子の胎動を体感すると言う初めての体験。お腹で振動を感じるなんてZeppクラスのデカいライブハウスじゃないと体感できないから久々の体感が嬉しかった。

9/15(火)
妊婦健診。妊婦は体温が高いこともあり診察室の中の空調が凄い効いていて寒かった。
この時点で2500gで子宮は1cm位開いておりまだまだらしい。「元気だと思う」とは新たに担当になった先生の見立て。

出産育児一時金と言う、金額がかかる出産のお金を健康保険で42万円分負担してくれる制度があり、前から知ってたけど、妻が以前先生に聞いたら『助産師さんに聞いて』と言われて助産師さんは親身になってくれるが「書類出してくれればやりますよ」と言う掴み所がない返事だったので謎に思っており、病院の経理の方に聞いたら、そもそも我々夫婦は分娩予約と言うのを書面で交わしてなかった為に緒手続が進んでないことが判明。3~4月の転院の流れのなかでずっと宙ぶらりんだったらしい。
出産を決めた人は分娩予約したかどうか?確認した方が良いと声を大にして言いたい。

9/16(水)
哺乳瓶をトイザらス で買ったんだけど、先月まで使えたメルペイ決済が出来なくなるという衝撃を受けた。Tシャツを売りまくったメルカリの売り上げの一部は子供の育児用としてトイザらスで使うつもりで現金化してなかったんだけど、早めにメルペイがいろんな所から撤退して不便にならん内に現金化しようかとちょっと思う。

9/17(木)
夜勤明けで眠くて外出せず。夜にインドネシアで森林伐採により孤児となったオランウータンを野生に戻すために人間が世話をすると言うドキュメンタリーと愛媛の動物園で母に育児放棄されてしまった子象と母のドキュメンタリーを連続で見る。有名人の赤ちゃん誕生のニュースを今年はよく聞く気がするけど、ただこちらが気にしてるだけみたいにこういう時はそういったニュースが寄ってくるのかも?

9/18(金)
分娩室でコンタクト着用は危ないから不可という事で長らく使っていた眼鏡がぐらつくので新調しようという事でレイクタウンで眼鏡を購入してから父の誕生日プレゼントを渡しに実家へ行き色々ご馳走になる。これが二人だけで行く実家も最後になる。

9/19(土)
9月始まってから付けてた出産準備日記をコピペして違うところに移そうとしたら削除してしまった。一日復旧作業に追われる。

9/20(日)
予定日一週間を切り、気分を書いてみた

そして、いつ陣痛が起こっても分からないし名前の候補を絞りたいと提案。翌日の絞り込みを提案。

9/21(月)
最後の安産祈願に隣町、越谷の久伊豆神社と香取神社へ。久伊豆神社は越谷の主みたいな神社で香取神社は安産祈願の神様と病院も越谷だったからと言う意味も込めて、神社なのに久伊豆神社の御朱印は素晴らしく勇ましかった。

さて、名前の絞り込みに関して、妻にこんな提案をしてみた。
ここまでに考えた候補は30ある。そこから勢いで残したもの等は削って25にする。それらをお互いに採点してポイントの高かったもの5つ位を残して、そこから妻に選んで貰うと言う方式である。

細かく順位を付けるのも難しそうなので10~1点を付けられるものとして、それぞれの点数は3回付けて良いとした。

即決は難しそうなので翌日24時間勤務に出てから帰宅する翌々日まで夫婦それぞれで点を付けようと決めた。

個人的には夫婦で名前を決めると言う上ではかなり画期的な方式だと思う。ちなみに妻は「幸多(コウタ)」が一番良いと言っていたが私がコウイチでそうなるとコウちゃんと言う呼び名で被るから却下した。その他、親族と被ったり、嫌いな奴の名前と被るのは候補外となっている。

9/22(火)
二時間かけて名前の採点をする。
いつも見てるYouTuber助産師・ヒサコさんのところでその夫婦の子育て方みたいな回を観賞する。

共感は出来るけど旦那が世界を股にかけるビジネスマンで日本の教育を散々ディスって、最終的に英語を学ばなきゃって思ったのはナンパしまくって金髪のお姉ちゃんと話せなかったからだみたいな話で一気に共感が薄れる。
こういうのも頭が固いのだろうか?人として付き合えなそうな人の話に共感できない。

9/23(水)
命名会議。お互いに採点した25の名前から8つ絞る。圧倒的な一位はあるがそこからは妻の閃きに委ねる事になる。この日あたりから妻が「腹が出ちゃってるからテーブルの隅に物があると危ない」と言っていていよいよ降りてくるんじゃないか?と期待。

9/24(木)
妊婦健診、2998g、子宮はまだ1cmなので予定日を越える見込み。41週越えたら入院して促進剤を使うと言う流れとなるそうだ。夫婦2人の中では「出産は10月」と言う雰囲気になる。保育園の事を考えると大変になるわけだけど、コロナのせいで放っていた保活、とはいえまずは元気に出てることを願う。

レイクタウンにて産まれた後に手形足形用のスタンプや色紙を買う。出産前祝いでナイキの派手なAIRMAXとスニーカーを買う。彼岸過ぎてすっかり長袖の気候、凄いと言われた雨台風は大したことなかった。

9/25(金)
命名会議を経て8つに絞られた名前を筆ペンでそれぞれ書いてみる。書いたら印象が変わるものだ。
録画したテレビ番組見ちゃってやることなにもないから「水曜どうでしょう 対決列島」を見始めた。

ちなみに10月入ってからテレビドラマは朝ドラと大河だけに絞ることにした。赤ちゃん的にテレビとかスマホなどは最初1ヶ月は刺激強すぎらしいので。

9/26(土)
明日が予定日(笑)。予定日は過ぎると聞いてるから夫婦の楽しみがこのアプリは予定日過ぎたらどういう表現になるのかしらになっていたりします。変にプレッシャーかけないのが大事!負けない、投げ出さない、逃げ出さない、信じ抜く、ダメになりそうでもそうでなくてもそれは一番大事。

コロナ禍に子供が産まれた父親には妻が出産してから退院するまでの7日間面会できないことによる自由時間すなわち「最後の独身時間」がもたらされる。しっかり自宅で迎え入れの準備をする奴もいたり、東出昌大みたいな不貞な輩もいたりと過ごし方で大きく差がつく、まるで大人の夏休みみたいだ。

ちなみに今把握してる範囲で出産後にやるべきこと
●役所への諸手続き
●ベビーベットの寝具を天日干し
●ベビーシートを車に付ける
●床屋へ行く
●病院へ洗濯物回収と救援物資の補充
と色々あるがそれをこなしがらやりたいことを考えると、
●リアム・ギャラガーの映画を見る
位しか思い付かない(笑)。

余談、職場の同僚が私のこれまでの対応に鬱憤があったらしく自身のこれまでのキャリアをひけらかしてマウントを取ってきた。持ち上げて交わした。俺は強いとか凄いとか言う奴はやっぱり強そうに見えない。

9/27(日)
午前中、妻が高校時代の友人2名とLINE通話を2時間ほどしており、その会話をラジオ代わりにブログを書いたりSNSをしてた。二人の子を産んだ体験談やその人の友人から聞いた話などを聞く。一人でなんでもやってしまう妻が「行き詰まってしまった時が凄い心配」と言うご友人の言葉にしっかり守らなきゃと改めて感じた。折しも竹内結子の自殺が報じられた日、失礼かもしれないけど、有名人の自殺と子供の記念日が関連付かなくて良かったと思ったりもする。

半沢直樹シーズン2最終回は自宅で妻と見る。入院した妻から「最終回見て決めた、名前を直樹にする」なんてこともイメージしてたことを思い出す。
ベッドから起き上がるのが大変と言っており、勝手に心の中で予定日は過ぎてるが兆候が来てると思ってる。

9/28(月)
出産予定日を経過したら出産アプリはどうなるか?気になってたらこんな感じ。

実は背景が昨日と変わってて、そうやって工夫してたのか!と恐れ入る。
出産予定日をゴールにしていたような事があったのでなんとなく空っぽな一日だったけど、8月に購入してから触ってなかった抱っこひもの装着練習をしてみる。

夜に妻からお腹の中で動く胎児の動画が送られたのでYouTubeにアップした。

YouTubeでこういう映像見たこと無いので。お腹の中で動いてる姿をこうして何度か見たことある、記憶が定かではないが体の中に入ったエイリアンってこんな感じだったなぁと思い出す。それだけ映像技術の凄さを感じる。

9月29日(火)
夜勤の仮眠時間あまりにも寝られず、もしかして帰宅して昼寝して落ち着いた当たりに陣痛が始まってベストな状態で妻を病院へ送迎できる予兆とか思うと余計寝られない。

結局、予感は当たらず妻の陣痛は来なかったけどおしるしは来たそうでちょっと予感は当たったってことはならんか(笑)。中3の時に数学で百点取った気がしてクラスメートに話して結果95点だった時を思い出した。

予定日を越えたので、見るYouTubeの話題も分娩誘発とかになっているが今日は帝王切開について学習する、心の準備と言うやつだ。帝王切開で産まれた赤ちゃんは分娩に比べて2~3日遅れをとるそうだ、「その事に焦るなたった2、3日さ」とは助産師・ヒサコさんの話。

9月30日(水)
昨日のおしるしから出血も始まったらしく、トイレに行く頻度も増える。スーパーへ一緒に行った時も夜、陣痛のような痛みが始まった。また、トイレの頻度も高くなり、いつもテレビに向かって左に妻、右に私と言う感じでどこでも座ってた。それはソファーのトイレ側に私が座っていた立ち位置だったので夜にチェンジする。

22:06 陣痛カウンターを使い始めた。定期的に来ないからそれは前駆陣痛ってやつらしい。24時就寝。

次回はいよいよ最終回。たった2日、されど長かった満月の夜のこと。

投稿者: shakson5

しまだくらぶです。生まれも育ちも住いも埼玉県の昭和54年早生まれの40代です。婚活の歴史とか趣味のDJとか色々お話して、皆さんの暇潰し等のお役に立ちたくてブログを書いております。

コロナ禍の中の出産伴走記【Go to ファーザー】⑤出産予定日は越えるものなり 臨月編」への1件のフィードバック

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。