コロナ禍の中の出産伴走記【番外編 貴族の7日間】

産後、入院の為に母子は一週間家にはいないため「最後の独身生活がある」事は知っていた。楽しみで何しようか?考えていた。そんな独身貴族最後の七日間をご紹介。

10月2日 金曜日
未明から妻が陣痛の為に入院。前日より代勤をお願いしており翌日も休み、出産するまでの話はこちらで。

出産以外の話をいつ呼び出されるか分からないので遠出は出来ないが6月下旬に落とし物として警察に届けた3000円に落とし主現れず引き取りに警察署へ。外食行きたかったけど妻は戦ってるのでマクドナルドで月見バーガーをテイクアウトして自宅待機。

夕飯を18時頃に食べて深夜分娩に備える計画を立てて食材を買う、そこから日課の筋トレして仮眠。

18時前に呼び出される。

【21:05第一子誕生】
家族、職場の上司、各SNSで第一報を出し、その返信を25時くらいまでして就寝。

10月3日土曜日 
久々にジョギング、産まれたら公開するつもりだったブログをどう公開しようか思案にくれながら走る。予定した約13km完走ならず。


運動後に昨晩食べる予定だったメンチカツを食べる。また、洗濯と床掃除。

食後、翌日の勤務に向けて、代勤で二徹してくれた方に会えるのでその方へのお礼と職場の皆さんへのご報告とお裾分けのものを買いに車でイオンへ。そしてイオンの駐車場でベビーシートを装着。
欲しかったお菓子は川越市のお土産だが東埼玉で売られてるのがそこしかなかったので車で。くらづくり本舗の福蔵というお菓子。

帰宅後、洗濯物を取り込み17時くらいからブログの執筆に取りかかる6話中5話目までアップし終えたのは21時過ぎ、夕飯を食べに気になっていた近所のハンバーグ屋へ。
帰宅後に6話目をアップして眠る。

10月4日 日曜日
24時間勤務の日。
シャワーと昼の弁当準備の為に5時半記事。朝食は前から夢見ていたシリアルを食べる。24時間勤務の日は昼食は14時位なのだが11時半には腹が鳴るくらいの空腹。
昼弁当、夜はカップラーメンを買ったが自宅に忘れたから、超大盛ペヤング。
余りにも寝顔がお地蔵さんにしか見えておらず、それを妻に伝えた事で名前が決まるまで「お地蔵さん」というあだ名が共通のあだ名として赤ちゃんにつけられる。

10月5日 月曜日
夜勤明けTOHOシネマズ新宿で出産予定日近くに公開予定で見たかった「リアム・ギャラガー AS IT WAS」を観賞後、新宿三丁目の鈴蘭でラーメン。

その後、下の階の部屋へのご挨拶用のヨックモックのシガールを買いに行く、「赤ちゃんが生まれまして、これから夜泣きでご迷惑をおかけしてしまうので」みたいな話を最近はしないらしい。マンション関係の仕事してるから居住者情報として不動産会社にも伝えなきゃならんだろうと思ってたけど、やり方知らないから聞いてみた。

更に突っ込んで『近隣住民へのご挨拶は?』と聞いたら「それはやらなくて大丈夫です」と返事。でも、世の中物騒で『赤ちゃんの夜泣きが大きくて虐待してると疑われてるんじゃないか?』と言い出すお母さんが職場にいたので、そんな事を思うやつがいる世の中である事も踏まえて下の部屋の方としか交流無いので。買ったその日にご挨拶して、奥様曰く「赤ちゃんの夜泣きなんて大したこと無いですよ」なんておっしゃってた。

帰宅後、シャワーを浴びて妻から依頼された資料を病院へ持参するミッションあり。ミッション前に仮眠の予定だったが寝過ごして受付時間を過ぎるリスクがあったのでシャワー後直ぐに病院へ。

車で半分越えた辺りで資料を忘れて引き返し大渋滞に巻き込まれる。資料を渡して、妻の洗濯物を預かる。
夕飯は病院へ行く道にあって気になっていた唐揚げ屋の唐揚げを。

10月6日 火曜日
晴れ、朝食シリアル。お義母さんが育児応援に来てくれたときの為に宿泊用の布団や赤ちゃん用の布団を天日干し。そこから、ジョギングを挟んで洗濯と床掃除を行う。

赤ちゃんが来たらジョギングもなかなか出来ない事を踏まえてじっくりジョギング、念入りに準備運動したからか112日ぶりに予定コースを完走。

昼は翌日の出勤弁当用のおかずを作ったあとに試食としておかずを食べたりロピアでカレーを買って食べる。外食出来る機会はとにかく減るから、かき氷を食べる。先々行かないつもりなのに割引券貰って困惑する。

ガソリン補給しにエネオスで安くて121円/1Lくらいの中で現金払い115円というスタンドが近くにあり給油したら勝手にプリペイドカードが発行されてお釣り無し。

17時頃にシフト勤務を終えたテッテレー氏と車を使って東岩槻のオランダ軒に向かうが19時閉店で間に合わず。第二候補の東川口・喜楽々で鶏白湯ラーメンを食す。

帰宅後、子供が誕生するまでのやり取りを表現したDJ Mixを作成してみた。

10月7日 水曜日
三回目の朝食シリアル後に2ヶ月に一回の眼科健診へ。その後、東川口・喜楽々でトマトラーメン、生まれて初めて2日連続同じラーメン屋でラーメン食べた。その後に夜勤。

10月8日 木曜日
実は妹の誕生日、お祝いメッセージを送る。夜勤後、車で実家へ。定期的な散髪を地元の行きつけの床屋へ行っていて、その流れで改めて近況を聞いたり話したりする。子供が産まれた事で自分を育ててくれた親の苦労というのをより感じるようになったのもあり、改めて育ててくれたことにお礼を言う。

「元気に生まれたと思ったら、病気にかからないかと心配したりして、丈夫に生きてくればいいやと思っていたら、結婚して、元気な子供が産まれて」みたいなクロニクルに涙をこらえる。ちなみに母が安産祈願で積み石をしてくれていた。感謝感謝である。

母親のご友人のSさんが突然訪問、前に会った時は結婚前で次会って結婚・こどもとかだから急な慶事の連続に凄い喜んでもらう。

その後、床屋へ。出産の話をご主人と話し、家族経営でご主人のお母さんも小さいころから髪を切ってもらってて、和気藹藹と話す。

帰宅後、小さい頃のアルバムを見る。SNSなどの出産報告で子供の顔があまりにも「パパそっくり」というコメントが多いので果たしてそうなのかと検証。

こちらが我が子の生後5日目。

生後14日、降参(笑)。

そのアルバム見てたら、楽しい写真探してるのに涙が止まらなくて、それはアルバムに手書きで書かれた父のコメント。俺が第一子故の高ぶりからか細かく書かれてて、その後の父への私からのぞんざいな扱いとかを考えたら切なくて切なくて涙が出てきた。今ならそれが愛情だったなんて分かるけど。

病弱な幼少期から小学生の時に喘息になったり、高校でオーストラリアに行かしてくれたり、大人になっても職を転々と定まらなかったこれまでを思い出し、それをあたたかく見守り、育ててくれたことに感謝したのだった。

結局、最後の独身生活は派手さの欠片もなかったけど、初めての三人暮らしをはじめてみて、羽を伸ばしきらなくて良かった。これは本音だ。

投稿者: shakson5

しまだくらぶです。生まれも育ちも住いも埼玉県の昭和54年早生まれの40代です。婚活の歴史とか趣味のDJとか色々お話して、皆さんの暇潰し等のお役に立ちたくてブログを書いております。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。