夢の中へ連れてって 第三捨幕【令和2(2020)年10月】

月末恒例の見た夢を一ヶ月分まとめて記憶のあるものを書き貯めてご紹介する企画です。読み返しましたら今月は13本。覚えてるのを書き出してるからそうなりますが、今月は9本たまに夜泣き対応してますから見ても夢を覚えてないケース多々ありました。

10月1日(木)
下北沢altoto、渋谷頭BAR、神田Extrawelt等の店が同時に誕生祭をやった日にたまたま夜仕事が終わりハシゴ出来るタイミングだったが出産間近なので帰ろうとしたら行きつけのドトールコーヒーの店長が4年後独立すると言うニュースを聞いて驚きながら帰宅したら、助産師が来てて出産準備で我が家のダイニングテーブルを消毒してて、目覚めたら妻の陣痛が始まってた。

10月7日(水)
ライジングサンロックフェスティバルを見に行く。凄い混んでた、賑わってた。移動が大変だった。覚えてる唯一のアクトはケツメイシ。混雑の中、同行してた吉幾三、久本雅美と巡りあって帰路のバスで千歳空港へ。ウポポイ効果でそれっぽい施設が空港の周りにたくさんあった。

10月8日(木)
6階建てのビルのごみを全て集める仕事を生業とするなかで各階の人達に持ち寄って貰って集めるのがベストと気付いた。後は各階の人をいかに説得するか?考える前に目が覚める。

10月9日(金)
コンサルタントかなんかの仕事で「メルカリで犬小屋は売れるのか?」相談を受ける。需要と供給の問題だからその線が交われば売れますとアドバイスする。

10月13日(火)
自分たちの結婚披露宴がかなり盛大に行われて、桂文枝と宮迫博之が来賓で来てて、何故か関西芸人ノリで宮迫博之が婦人とキスしたりとかめちゃくちゃな中で締めは妻のお店のロシア人のお客さんとのほほえましい感動的なエピソードに涙ぐんでたら現実では息子が泣き出す。

10月20日(火)
第一子誕生間もないのに妻の妊娠が発覚して、バタバタし始める。本来なら「誰の子だ?」となるべきなのに冷静さを欠くエピソード。

10月21日(水)
夢の中でよく行く架空の温泉宿の別館にある巨大露天風呂に遂に入ることが出来た、それだけの夢。

10月27日(火)
土屋太鳳に誘惑されまくり交わしまくる。いわゆる『よせ、私には妻も子供もいるんだ』みたいなパターン。あちらは超積極的で怖さ。

10月28日(水)
パリへ一人旅した滞在は2泊でその初日。見所が沢山あるから初日から色々回ろうとするがガイドブック無いけど、二日目はルーブル美術館に集中するから、凱旋門と写真を撮ろうと当てずっぽうで着いたのはモンマルトルの丘。凱旋門は遥か彼方にありそう。

投稿者: shakson5

しまだくらぶです。生まれも育ちも住いも埼玉県の昭和54年早生まれの40代です。婚活の歴史とか趣味のDJとか色々お話して、皆さんの暇潰し等のお役に立ちたくてブログを書いております。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。