【頭内十曲】令和2年11月15日(日)付『第三波に虹かけて(ラルクonly)』

【頭内十曲】は毎週日曜日、とにかくアップする段階で聞きたい曲を10曲並べてそのあと語ると言う週1のコーナーです。この企画が週1だからボケッとするとすぐに冬に入ってしまいますが、今日はL’Arc~en~Cielで縛ってみました。縛りで言うと嵐、筒美京平に正直に言えば私とラルクには距離がありますが浜崎あゆみとかGLAY、チャゲアス、B’zやSMAP、嵐とかに近い存在で深く聞いてないけど時代を彩る音楽としては聞いてた感じです。

今日L’Arc~en~Cielにした理由は名古屋のDJ知人で「ジャイコナイトナゴヤ」のボブ谷ボブ彦さんがL’Arc~en~Cielの大ファンこと『ドエル』で、個人的には彼の中ではそれ以上の人生変えたくらいの存在な気はするけど、そんな彼が名古屋から近々川崎クラブチッタでラルク縛りのイベントに参加すると聞いて、行けないけど、マジで感染者も出さず大成功して欲しいなぁなんて思いながらラルクのベスト聞いてたら11月14日(土)開催してたらしくて、なかなか自分の人生で訪れないラルクまみれの時間を記念して並べてみました。

1.winter fall

2.snow drop

3.the Fourth Avenue Cafe

4.flower

5.虹

6.浸食-Lose Control-

7.花葬

8.Heaven’s Drive

9.READY STEADY GO

10.Driver’s High

私事ですが11/13(金)実家に車で帰宅しまして、その時の往路でラルクのベストを聞いて改めて確認しましたが、相変わらず「winter fall」と「snow drop」がすぐわからない現象が発生しました。三曲目は2000年前後のL’Arc~en~Cielフィーバーからだいぶ経って3年前の今頃にそれこそ前述のボブさんが吉祥寺で「暴ラルク」ってイベントやったから参加した時に初めて聞いて好きになった曲で『こんなPOPやるんだ』とビックリしたわけです。

そこからは学生時代1997年から2000年を彩ったラルクですが、考えたらフランス語で虹がL’Arc~en~Cielなわけで自分のバンド名がタイトルの曲って凄い覚悟ですよ。ジョン・ボンジヨヴィがボーカルのBON JOVIがボン・ジョヴィってシングル出したみたいな感じですからね。アメリカ版のゴジラがトカゲでクジラやゴリラの要素はなくて、ラルクは悪くないけどゴジラは死んだと感じた「浸食」とか今年3月に父方の祖母の葬儀で出棺の時に花を敷き詰めまくった時に脳裏に流れた「花葬」とか1998年3月に母方の祖父が亡くなって納棺前の体を清める厳かな儀式で初めて作った「Heaven’s Drive」の着メロが流れたりとかなにかとL’Arc~en~Cielには死のイメージが付きまといます(笑)。そしてボブさんが亡くなったら出棺時に選ぶんじゃないかってくらい好きそうな「READY STEADY GO」からラストは2017年の吉祥寺の『暴ラルク』でファントムエクスカリバーってバンドをバックにドエルの皆さんの前で歌った俺のレパートリーがラストです(笑)。その時の話はこちら

L’Arc~en~Cielと言うと私が生涯好きであろう電気グルーヴと同じKioonと言う同じレーベルだった(2019年3月になんやかんやあって電気が抜けたけど)頃があり、電気グルーヴが休止しててもL’Arc~en~Cielがバカ売れだったから電気へリリースを急かす暇がなかったと言う話が電気のドキュメンタリー映画で語られてたと言う深い関係で(笑)、そんなことも思い出したのでした。

投稿者: shakson5

しまだくらぶです。生まれも育ちも住いも埼玉県の昭和54年早生まれの40代です。婚活の歴史とか趣味のDJとか色々お話して、皆さんの暇潰し等のお役に立ちたくてブログを書いております。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。