【斜め下から見る】メルカリ体験記④「メルカリさばくからくり」

出品して直ぐ売れた記憶はある。最近やってたCMで出品してすぐに落札されるケースが多いなんて話があったけど、本当にそうだった。『もしかしたら、メルカリ内部の人が出品者を中毒にはめるために購入したんじゃないか?』なんて錯覚させるほどだった。

初めて取引が成立したのが2020年6/20だったから。CMの通り6/19に出品した岡村靖幸リストバンドが速攻落札されて焦ったのも懐かしい。は始めとにもかくにも、メルカリ歴4ヶ月を越えたのでそろそろ書いても良いかなと思って感じた体験記を。メルカリマスターではございませんが、やったことない、やってみたい人の背中を押せる、気持ちを煽るような文章は書けるかなと思いシリーズ的に書いてみます。

「メルカリのとっかかり」

「出品から落札まで」

と続きまして、前回「令和のドナドナ」では個人的に落札された嫁入りした愛用品の話を続けました。

今回は私なりの商品を売りさばく術をお話しします。

「メルカリさばくからくり」

私なりに70点落札まで漕ぎ着けたので自分の中の流儀めいたものは出来てきた。今回は『こうして売った』『これなら売れる』みたいな話です。あくまでも捌き方であって儲かる方法ではないので悪しからず。

儲かりたい方はプレミア付くものを安い値で仕入れて高く売れば良いです。当たり前の話ですが(笑)アウトレットモールに通い詰めてたまに来る確変的に安い時に仕入れて定価で売るだけでも儲かりますんでまあ頑張って家はそんなお店じゃないからよく分かりません。

凄いでしょ?儲けとかどうでも良いから句読点ほぼ無く説明しましたよ、読みづらいでしょ?

ここからが本題、せっかくですから私のメルカリ出品におけるセブンルールを。

①ブランドないしは商品の物語を語れること
それが何であるか?説明できないとダメですね。ブランドっていうのは何も「DOLCE&GABBANAのTシャツ」とか「NIKEのスニーカー」みたいな感じで説明がつくやつはシンプルに出品が楽です。コレクター気質でそれ単品で探してる方もいるだろうから早めに捌ける事も期待出来ます。前回妻のスカートも出品した話をしましたけど、ブランド名出したら思ったより早かったです。

ハイブランドである必要はなくて『UNIQLOと◯◯のコラボTシャツ』とかでも良いわけです。大事なのは見た人がそこに価値を見出だせるかどうか?気になってくれるかどうか?です。

需要が無いとは言い切れませんが「しまむらオリジナルのボーダーシャツ」とかはあまり出品をお薦めしません。すぐ捨てるくらいなら掃除用に切れ端にして窓拭きに使ったり、UNIQLO等の服のリサイクルに持っていくことをお薦めします。

②売る理由ではなくて「手放さざるを得なくなった理由」を述べる
これは私のこだわりかもしれませんが『要らなくなったので』『お金が欲しくて』みたいな理由は見てる人の買う気を削いでしまうような気がして書かないようにしてます。

だから『引っ越しでクローゼットを整理したら出てきました』『サイズオーバーで着られなくなりました』『泣く泣く手放します』『着る機会もないので欲しい方にお譲りします』と言った文言を書いてます(笑)。結果手放してしまいますが、一度は惚れて買ったアイテムには違いないのでもらってくれる人に大切に扱って欲しいみたいな思いを込めて。

③商品写真は画質ではなくアングルにこだわる。
メルカリアプリを開くとおびただしい出品があります。情報を絞ればもちろん減るわけだけど、それでも埋もれちゃいますから、ここはインパクト勝負!一枚目は商品全体じゃなくて部分アップを意識してます。サッカーのユニフォームなら選手の名前と背番号とかアーティストのツアーTシャツならツアー名とか見せ方は大事です。一応、商品ですから。

④値引きに対応できるように高めの値段設定をする

私の場合はあくまでも儲けるのではなく、もう要らなくなった品をお譲りするスタンスで突き詰めると『捨てるつもりだったゴミに値段がついてラッキー』みたいな感覚なのです。もちろん、高く捌ければそれに越したことは無いけど100円でも入ればありがたいみたいなスタンスですから「値下げ依頼」には渋らないようにしてますし、値下げ来る前提で自分なら買う金額より高めに設定するようにしてます。

ちなみに例えば3000円で出品したアイテムがあるとします。それを見た方が『2500円まで値下げして頂けませんか?』と依頼があった場合、私は【間を取って2750円でいかがですか?】と返しますと交渉は成立します。購入する方には「ただでさえ安かったのを交渉して値下げしてやった」的な満足感を与えたのに対してこちらも想定額でまとまった満足感がありWin-Winの関係で終わったとなるのです。

⑤洋服類は面倒でも寸法・サイズを書く超シンプルです。XLサイズでも数値を欲しがる方が多いです。私はせっかちなもので落札したらすぐ配送できるように出品したらすぐ梱包してしまうため、問い合わせが来たら中身を再度開けて採寸して面倒な事が多々あったので出品時の採寸を心掛けてます。身幅、着丈はマストですね。

⑥売れなくても気長に待ってみる

これが割りと大事です。序文にも書いてますが「すぐ出品で落札するケースが多い」これは間違えないですがその逆もしかりです。すぐに落札されなくても慌てず騒がず値引きをしたり戻したりしながら長い釣りが始まったもんだと思って気長に待ってみましょう。ちなみに出品して長く置いているアイテムほど箱入り娘って感じで「要らない」と烙印押したのに愛着がぶり返したりしますから気を付けて(笑)。

⑦嘘はつかず、正直に説明する
人間として基本ですが嘘はよくない。人を盛り上げるような嘘は良いと思いますが損を与えるような嘘はダメ。商品の汚れ・傷・使用頻度等は正しく伝えましょう、次に使ってくれる人に気持ちよく渡すつもりで。

以上、私のメルカリ術とでも言いましょうか、私の手の内は全てさらけ出してしまいました。果たして、メルカリをこれから始める方に参考になるのかはいささか分かりませんがメルカリやってる方には共有出来る話だと思います。だから、いつかメルカリ始めた時に参考にしてやってください。次回は最終回「心構え」をお話しします。

投稿者: shakson5

しまだくらぶです。生まれも育ちも住いも埼玉県の昭和54年早生まれの40代です。婚活の歴史とか趣味のDJとか色々お話して、皆さんの暇潰し等のお役に立ちたくてブログを書いております。

【斜め下から見る】メルカリ体験記④「メルカリさばくからくり」」に2件のコメントがあります

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。