【頭内十曲】令和2年11月22日(日)付『夜勤な私から全ての働く人に感謝を!』

【頭内十曲】は毎週日曜日、とにかくアップする段階で聞きたい曲を10曲並べてそのあと語ると言う週1のコーナーです。さて、今週は明日11月23日(月)が勤労感謝の日ですので働く人達、これ読んでる方全員が対象になりますけど皆さんに向けたワークソングを集めました。サラリーマン向けの曲ばかりでジャンルで言ったら私もサラリーマンではないのですが働いてるし、主婦の皆さんだって確かに仕事ではありませんがしっかり誰かの役に立ってるわけでそういうメッセージを込めて選びました。

1.働く男/UNICORN

2.ええねん/ウルフルズ

3.労働讃歌/ももいろクローバーZ

4.ベリーベリーストロング~アイネクライネ~/斉藤和義

5.労働calling/怒髪天

6.ガストロンジャー/エレファントカシマシ

7.何度でも/DREAMS COME TRUE

8.彩り/Mr.Children

9.ヒーロー/ファンキーモンキーベイビーズ

10.ヒゲとボイン/UNICORN

UNICORN、Mr.Children、エレファントカシマシ、怒髪天、筋肉少女帯が私の中で代表的なワークソングアーティストなんだと判明しました。選んでみた結果、働く時に気合い入れたい時に聞く曲ではなくて、労働の悲哀を語るような働いている人を応援するような曲が集まった感じでしょうか。1アーティスト1曲ずつと思いましたがどうしてもUNICORNは二曲、頭と尻尾に据えました。これでも絞りました「大迷惑」とか「服部」も無くなくやめました。

ミスチルなんかもeverybody goesとかもそうですが、てるみくらぶ時代に追い詰められた私を支えてくれた曲を選びました。筋肉少女帯のエキスはももクロに注ぎました。怒髪天の人生賛歌の数々には労働と酒が詰め込まれています。その中で個人的には「ベリーベリーストロング」は押したい一曲です。ガストロンジャーは仕事でむしゃくしゃして破壊衝動に駆られた時によく聞きます。DREAMS COME TRUEはやっぱり救命病棟24時の曲だから戦いながら働く曲なイメージがあります。ファンキーモンキーベイビーズ、なんか流行りに乗りたくなくて当時聞いてなくて何故か借りたライブ盤で心打たれた働く父の曲でした、もっと若い頃に聞いてたら変わっていたのかもしれません。

全ての働く人に働く人それぞれで感謝しましょう。

投稿者: shakson5

しまだくらぶです。生まれも育ちも住いも埼玉県の昭和54年早生まれの40代です。婚活の歴史とか趣味のDJとか色々お話して、皆さんの暇潰し等のお役に立ちたくてブログを書いております。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。