ふざけたテレビ番組を真剣に考える「スモール3論」

フジテレビで特番でやってる「スモール3」が結構面白い。ざっくり説明すると出川哲朗、爆笑問題・田中裕二、ナインティナイン・岡村隆史と言う身長160cm以下の人気おじさん芸人が「スモール3」と言うユニットとして色んなゲストと絡むと言う番組で前回2020年11月28日土曜日の放送で三回目で私は二回目から見てる。

内容は割りとよくあるバラエティーなんだけど、お三方とも大好きってわけじゃないけど、無害で親しみ持てる感じで安心してみられるのが良いですね。もっとも、出川哲朗を見て90年代に抱かれたくないと思ったり、最近の「お嬢発言」で岡村隆史を嫌ったり、金玉が一つしかないのは生理的に無理と言う人は別でしょう(笑)。

個人的には田中裕二が体を張るってのが意外でそういうのを注目したりしてます。まあ、面白いから次回は是非見てください。細かい説明はWikipediaさんに任せます。

そこで今回は終わりじゃなくて、先週土曜日の特番更には12月2日(水)放送された松任谷由実とのFNS歌謡祭を受けて考えてる話をします。

【①ビッグ3からのスモール3論】
アラフォー以上のお笑い好き、テレビ好きの皆さんはタモリ、ビートたけし、明石家さんまの「お笑いビッグ3」を覚えているだろうか?説明が長くなるからやっぱりWikipediaでご紹介。

今回の主役スモール3はビッグ3に対してのオマージュも含めて意識して結成されたユニットに他ならない。どちらもフジテレビ限定のユニットであるが、お笑い界・テレビ界は定年制でも無いから世代交代なんてのは無いも同然。

これくらいの大御所で他界以外で去ったのは2000年に「20世紀で辞める」とキッパリ58歳で姿を消した上岡龍太郎以来いない。ビッグ3が最前線にいる以上「次のビッグ3」なんて作れないが現ビッグ3も動けるのはさんま位で、ぶらぶらしか出来ないタモリとコロナ堝の中ではリモート出演しかしなかったたけし(最近スタジオに現れた)では同じものしか作れず、きっとビッグ3を見て育った世代がそんな番組を作りたくて企画したのがスモール3なのではと言う気がする。

そうなるともしかしたらスモール3=出川哲朗、田中裕二、岡村隆史の組み合わせもビッグ3=タモリ、ビートたけし、明石家さんまを意識してるような気がして考えるのです。

【②明石家さんまと岡村隆史】
まず、岡村隆史と明石家さんまと言う組み合わせは揺るぎないでしょう。関西芸人・サッカー経験者・吉本興業と言う枠組、番組共演からさんまの教えを受けてますし、それぞれのユニットで最年少と言うのも共通点と言えます。

さて、考えなくても良い話ですが(笑)、出川哲朗と田中裕二、どちらがタモリでどちらがたけしなのでしょうか?これを考えるのが楽しいです。

【③かつてポストタモリを名乗った出川哲朗】
考えるきっかけになったのはやっぱり昔の番組ですが「ボキャブラ天国」で出川哲朗は『自称・ポストタモリ』と名乗っていたことです。スモール3とビッグ3の関係を思うと「嗚呼、出川哲朗もついにポストタモリにたどり着いたか」なんて思いたいところですが、果たして田中裕二をビートたけしの位置にして良いのか?と言う疑問が立ちはだかる。

【④田中にたけしは背負えるか?】
ビートたけしと田中裕二の共通点とするなら「立川談志が認めた芸人」と言う話が出てくる。たけしと談志の関係性は落語立川流の芸能人コースとしてたけしが立川錦之助と言う名前をもらっていることからも言うまでもないが田中裕二に関しては生前に爆笑問題の太田光が「どんなに売れても田中は手放すな(つまり、解散するな)」と伝えた逸話がある。だからたけしと田中を結びつけて良いのか?と言うと難しい。ビートたけしの芸風で考えたら田中裕二よりも太田光の方がしっくりくるからである。

実は今年のニュースで、その太田光が田中裕二の事を「令和のタモリ」と言ったことがある。もちろん、ボケではあるけれども実は田中裕二をタモリ役にはめた方がすんなりくる。それこそ出川哲朗が「ポストタモリ」を主張したボキャブラ天国で爆笑問題はブレイクしたと言う系譜があり、「笑っていいとも」終了後は爆笑問題がその枠を引き継ぐ噂があったのはタモリ並みの空気をまといだした証拠ではなかろうか。

【⑤出川哲朗に刻まれていたビート】
そして、『ポストタモリ』に惑わされて出川哲朗にはブレイクのきっかけに「たけしのお笑いウルトラクイズ」があったことを忘れていた。たけしに鍛えられた事で今があり、更には今は『イッテQ』で『天才たけしの元気が出るテレビ』が君臨していた日曜日夜8時枠の人気者になっていることもまたたけしのポジションに立つ理由付けになるのでは?そんな気がする。

と言ったように私の中では結論付きましたが皆様はどうだろうか?

投稿者: shakson5

しまだくらぶです。生まれも育ちも住いも埼玉県の昭和54年早生まれの40代です。婚活の歴史とか趣味のDJとか色々お話して、皆さんの暇潰し等のお役に立ちたくてブログを書いております。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。