落語感想文5「富久のジェットコースター」

落語感想文、落語の感想を書いてますが年末ですから寄席でかかってそうな噺と言う事で「富久」を。

言わば宝くじの噺ですね。酒でお得意さんをしくじって仕事がない太鼓持ちの久蔵さんが大家さんが暇潰しでやってる富くじと言うくじを一つ購入して大当たりすると言う話なんだけど、そこまでの流れを楽しむ噺、ジャンルは「太鼓持ちモノ」でしょうかね。

余りにも有名な噺なのでネタバレしながら書きます。まあ、ネタバレしてても面白いので。酒で仕事を失い、顧客の火事を助けに行って出入りを許されたけど、今度は自分の家が全焼してしまう。それくらい激動じゃないと宝くじなんて当たらないのかもしれないなんて思わせて当たったけど、当たりくじが無いと当選金は貰えないなんて、これもまた当たり前ですが浮き沈みが激しいまるでジェットコースターみたいです。富久と富士急は字面似てるけど偶然かしら?なんて勘繰ってみたり(笑)。

色んな人の富久が私のWALKMANには入っていると思いきや、古今亭志ん生と春風亭一之輔だけでした。意外ではありますがまだまだ「色んな噺家のを聞くと面白い」に気付く前に止めてるんでしょう。今後もっと耕したいですね。

今回改めて聞き直したのは古今亭志ん生の方でした。さすがの名人と言うような一席で知ってる噺なのに聞き惚れてました。

失礼覚悟で言いますがよく夜眠れないと言う人に志ん生の落語を薦めてます。理由は録音が古いからあまりハッキリ聞こえないものがある、更には志ん生の口調が常に優しい口調でリラックス効果がありそうだから。実際、私も夜行バスのお供で聞いてたら寝られている実体験もあるのです。

ただ、富久は録音状態もあるでしょうが聞きやすくて、高めの声にたまに可愛らしささえ感じてしまいます。志ん生落語のヒーリング効果はあながち嘘ではない気がします。

さて、久蔵さんの教訓を経て私も今年は宝くじを買おうかなとか思いますがやっぱりたまたま来て無欲じゃないと当たらないとはよく聞きますが、久蔵さんもそのパターン当てはまるんですよね。買おうか買うまいか悩みどころです。そう言えば、我が家には神棚が無いから神棚から買おうかしら?とか思ってみたり(笑)。

人気ブログランキングへ


落語ランキング

投稿者: shakson5

しまだくらぶです。生まれも育ちも住いも埼玉県の昭和54年早生まれの40代です。婚活の歴史とか趣味のDJとか色々お話して、皆さんの暇潰し等のお役に立ちたくてブログを書いております。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。