【斜め下から見る】メルカリ体験記⑤「メルカリ出品への思いはそれなり?」

出品して直ぐ売れた記憶はある。最近やってたCMで出品してすぐに落札されるケースが多いなんて話があったけど、本当にそうだった。『もしかしたら、メルカリ内部の人が出品者を中毒にはめるために購入したんじゃないか?』なんて錯覚させるほどだった。

初めて取引が成立したのが2020年6/20だったから。CMの通り6/19に出品した岡村靖幸リストバンドが速攻落札されて焦ったのも懐かしい。は始めとにもかくにも、メルカリ歴4ヶ月を越えたのでそろそろ書いても良いかなと思って感じた体験記を。メルカリマスターではございませんが、やったことない、やってみたい人の背中を押せる、気持ちを煽るような文章は書けるかなと思いシリーズ的に書いてみます。

「メルカリのとっかかり」

「出品から落札まで」

「令和のドナドナ」では個人的に落札された嫁入りした愛用品の話を続けました。

前回は私なりの商品を売りさばく術をお話ししました。そして、今回は心構えみたいなお話です。

「メルカリマインド」
出品するにあたって私が心掛けているのは『儲け心は持たない』と言う話。結論としてもう着る機会はないから使い道はないから出品してるものだから極論を言えば【損さえしなきゃ良い】。だいたいTシャツが多いですから送料は170円から200円なので出品価格は200円でも良いのです。ただ、最低販売価格は300円と決められてるから300円と出してしまうかと思いきや、やっぱり高めに出したくなっちゃう(笑)。

人によりけりでしょうけど、私はTシャツ買うときは悩みに悩んで欲しいものしか買いません。あるライブの記念に買ったものやデザインに惚れ込んだもの、DJとかイベント事など特定の着るシーンをイメージしているもの等様々。断捨離の女神であるこんまりが「ときめくかときめかないか?」で断捨離してるのと同様に買う時だって「ときめくかときめかないか?」で買ってるはずだから全てのTシャツに捨てられない理由がありました。

しかし、必要で無いと気付いてしまう時はやってきます。でも、ゴミ箱には入れられないし、最後の奉公だと雑巾にも出来ない、そんな時のメルカリなのです。BOOK・OFFグループ等のお店に出すのも手ですが、大切にしてきた物のほとんどは「10円」と鑑定されお店で100円の値札が貼られることでしょう。それで良いのでしょうか。

あなたが断捨離で決断するまでそれを手放せなかった理由とどこかの誰かがそれを欲しい理由、実は同じです。そこからは値段の問題です。BOOK・OFFの買取価格には汚れや全店の同じ商品の在庫数、「一般的な商品価値」などの定規で決まるものです。そうではなくて、せっかくなら探し求めている人の手に渡って欲しい、そんな思いが繋がるのがメルカリだなと思うのです。

メルカリはフリマアプリですが、一般的なフリマと違うのは対面じゃない事もあります、安いから買うのもあるでしょうが、そこに「ずっと探してたから」「欲しいから」買うと言う理由が安いより先に来るのがフリマアプリだと思います。

好きを共有出来るなら収益なんて小さくて良いじゃないか!

メルカリやるならその一つの商品を間にしてのやり取りを楽しんだ方が良いのではないかと感じる、あのアーティストのTシャツが思ったよりも高値で取引されたり、やっぱり200円くらいしか儲からなかったり、色んな事があるけど「それでも同じものを好きな人がいて、その人の所へと嫁いでいった。新しい持ち主の所で幸せになれよ」と言いたくなってしまう。

儲けるつもりで始めたらつまらないですから止めた方が良い、メルカリでレア物をアウトレットで安値で仕入れて高く売ることもやりようで出来るだろうけど、欲しくないものを不良在庫でかかえるはめになるかもしれないからヤマ師の心は捨てましょう。

出品の話ばかりでしたが、買うつもりなくても意外と面白いもんです。乃木坂46の生写真が大量にあることに時代を感じつつ、かつてAKB48っていうグループが天下を取ってた頃の生写真を知らない奴と交換したり「大島優子が手に入るなら何枚でも峯岸みなみ渡しますよ」みたいなやり取りがあったなぁとかを思い出しながらその人の生写真を手放さなきゃならなかった事情を思ったり、サッカーのユニフォームであの時のあのチームのユニフォームにときめいたりとか、まあ色々ありますから、売るのも買うのも遊び道具として楽しんだ方が良いなんて思ったりします。

ちなみに私、現在LAWSONで買ったNIZIUとコラボレーションしたパンに付いてるステッカー4枚コンプリートした奴をパンを買ったのより高い金額で試しに出しましたが全く売れてません。

そんなわけで『捨て去ろう!ヤマ師の心』(笑)。

投稿者: shakson5

しまだくらぶです。生まれも育ちも住いも埼玉県の昭和54年早生まれの40代です。婚活の歴史とか趣味のDJとか色々お話して、皆さんの暇潰し等のお役に立ちたくてブログを書いております。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。