落語感想文10「もろこしもお皿も焼いた方がベター厩屋火事」

落語感想文、落語の感想を書いてます。2020年の年末に一番テンションが上がったのは「タイガー&ドラゴン一挙放送」があることです。日付で言うと12月28日(月)と29日(火)の深夜ですから、これを読んでるかたの殆どは過ぎ去りし過去の話かもしれませんが、さて、今回も「タイガー&ドラゴン」でも題材になった落語の感想です。今回はドラマきっかけで知った「厩屋火事」です。

タイガー&ドラゴンの中で一番印象的なエピソードのベースが古田新太と清水ミチコが漫才コンビを演じる回で一回しか見てないけど鮮明な記憶の最終回は衝撃でした。あと、ドラマ内での厩屋火事の再現ドラマの茶碗のくだりがコミカルでした。

色んな噺家さんの奴があるなかで桂ざこばのが印象的でした。旦那の気性の荒さを表現するには関西弁の方が良いかもしれない、でも別れたいと言いながら飲んだくれ亭主に未練のある妻は古今亭志ん生の方が色っぽい、一長一短ありますがそれはそれぞれの良さなのかもしれませんので楽しむとしましょう。

ジャンルとしては「夫婦もの」「酔いどれ旦那もの」と言ったあたりでしょうか、今で言うヒモみたいで飲んだくれている男の何に女性は惚れるんでしょうか、よく分かりませんがそんな感じで『もう、あんな男とは別れる』と亭主の兄に相談するところから出てくる「もろこし」いわゆる中国の孔子による馬小屋が燃えて馬よりも家来を大切にした話と東京・麹町のお金持ちが大切にした皿が割れそうになって皿を心配した話が肝になりますが、これって「唐(もろこし)」をとうもろこしと見立てると麹町は「麹」と孔子で韻踏んでたりとかしっかりと二つの例を丁寧に並べた上で展開されていきます。

この飲んだくれ亭主の奥さんが髪結いで個人的には去年結婚したって話をした時に妻が美容師だからいろんな人が『髪結いの亭主だから苦労しないでしょ』とかしきりに言われてたけど、きっと厩屋火事きっかけなのかなと思えても来ました。

それにしても厩屋火事は良いこと言ってて、大事にすべきは人って事なんですよね。働く名馬でも良い器でもなくて人こそ大事、そうじゃないと自分が潤わないから(笑)。糞みたいな亭主だけど言ってるのは正しかったりして。

人気ブログランキングへ


落語ランキング

投稿者: shakson5

しまだくらぶです。生まれも育ちも住いも埼玉県の昭和54年早生まれの40代です。婚活の歴史とか趣味のDJとか色々お話して、皆さんの暇潰し等のお役に立ちたくてブログを書いております。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。