【頭内十曲】令和3年1月17日(日)付『第1回シンガーソングアクター紅白歌合戦』

【頭内十曲】は毎週日曜日、とにかくアップする段階で聞きたい曲を10曲並べてそのあと語ると言う週1のコーナーです。今日は阪神淡路大震災の日、そこから26年ですが特に選曲は関係なく。シンガーソングアクター紅白歌合戦です。まずは10曲。

1. おどるポンポコリン/Manakana

2.Monster/嵐

3.TOO SHY SHY BOY/観月ありさ

4.マツケンサンバⅡ/松平健

5.スマイル/森七菜

6.まかせなさい/ウルフルズ

7.MajiでKoIする五秒前/広末涼子

8.Message/福山雅治

9.真冬のメモリーズ/松たか子

10.Myself/長渕剛

通常は感覚任せで10曲並べますが今回はスイッチ入れて調べて並べました。ちゃんと紅白歌合戦のルールを意識した感じです。最初は若手とジャニーズ。一発目はManakanaですが、三倉茉菜佳奈姉妹のアニメソングから始めます。後のラインナップを考えたら嵐も若手になってしまいます(笑)、ドラマ「怪物くん」の主題歌で子供の心を掴んでみます。

二回戦はダンスナンバー対決!小室哲哉サウンドで観月ありさの登場ですが、2021年の観月ありさだったら歌うんでしょうか?松平健は歌うんでしょうねぇ、昨年の「笑ってはいけないラスベガス」で歌ってましたし。ちなみに有名なのはⅡですので、叩けボンゴ響けサンバ

三回戦は今聞きたい役者の歌対決。森七菜ですが、その力は先日ご紹介した通り。 やっぱりの選出、対するウルフルズは連続テレビ小説「おちょやん」でダメ親父を好演したトータス松本を見てたら久々にウルフルズを聞きたくなりました。

四回戦は恋愛ソング対決となりました。やっぱり今は歌わなそうな広末涼子のMK5と2020年は白組トリの福山雅治。

最終対決が松たか子対長渕剛と言う異次元対決。サラブレッド対駄馬って感じですが、長渕剛はどれもメッセージ性が強いわけでそれなら松たか子も「明日、春が来たら」で良いわけですが真冬ですので直球を。で、直近の「サワコの朝」で東京03の角田晃広が選んだ長渕剛の曲が今にしっくり来たので大トリにしました。

最後に種明かしです。突然に出してもない謎の答えを出しますが裏テーマはMでした。元々、「おちょやん」きっかけでウルフルズの曲を聞きたかったわけですが、そこからのこじつけで歌う役者のお話になりました。で男性の俳優はたくさん出て来る中で最近聞いた「Myself/長渕剛」久々に福山雅治を聞いたら懐かしい「Message」と出て来たら、嵐で出すとしたら流れで「Monster」と来たのでなんとかならんかとプリンセスプリンセスばりにMを探し出すと広末涼子が現れました!そこから曲名では見つからなかったら森七菜が答えを出してくれました「名前でも良いんだ」と。そこから松たか子、牧瀬里穂が出ましたが牧瀬里穂の歌唱力を考えて?マーク、宮沢りえ、観月ありさならまだ観月かなと3M比較は終わりました。最後はMadonnaだとMで調べてたらManakana登場でした。

こう考えると、俳優→歌手デビューってパターンは最近レアなのかもしれない。二階堂ふみ、高畑充希は歌が上手いけどリリースしてないし、綾瀬はるかが変な歌を歌うのはCMだけだがなんかクセになる。土屋太鳳や上白石萌音萌歌姉妹はリリースしてるけど曲知らないし。男性だと菅田将暉と高橋一生は歌ってますがタイトルにM無いし。時代なのか、年齢による興味の変化色々な要素を感じつつ十曲を眺めますが、私の「まちがいさがし」に気付いたのは並べ終わった後でした。

投稿者: shakson5

しまだくらぶです。生まれも育ちも住いも埼玉県の昭和54年早生まれの40代です。婚活の歴史とか趣味のDJとか色々お話して、皆さんの暇潰し等のお役に立ちたくてブログを書いております。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。