夢の架け橋となれ!大栄翔【斜め下から見る大相撲】

いきなり令和3年大相撲初場所の話です。今日1月23日(土)14日目の取り組みを終えて前頭筆頭・大栄翔関が大関・正代と一勝差で12勝2敗のトップです。明日、前頭5枚目の隠岐の海関との取り組みで勝ったら幕内最高優勝となりまして、久々に相撲で興奮して千秋楽が楽しみな自分がいます。

知り合いで私以上に相撲を愛して止まないかたが多々いますから私なんざミーハーに過ぎないのです。何せ大栄翔に肩入れし始めて1週間くらいなのです(笑)。

大栄翔を知るきっかけ

初場所に関して上位陣と当たって無敗のダイエイショウと言う力士がいて調子がよくて知り合いがあだ名的にSNSで「ダイエー」なんて呼んでいたのは見かけていましたがそこまで興味はなかったのです、便宜的に四股名の漢字がこの時点で不明だったのでカタカナ表記です。だけれど8日目に私は職場で大栄翔の輝関との取り組みを見ることが出来ました。仕事の中で勤務先にジム施設があり夕方にアルコール消毒すると言うコロナで増やされたそれはそれは面倒な仕事がありました。ジムのランニングマシンにテレビがついてまして、面倒な仕事をやり過ごすのに見ていたのですがそこでたまたま相撲中継、しかもダイエイショウの取組だったのです。その時点で時間いっぱいすぐ取組は始まります。

細かい話は抜きにして視線を釘付けにさせるような相撲で興奮しました。私の最近の相撲戦法の知識なんて「立ち合いで変化するのはいかがなものか問題」と「白鵬の相撲が暴力的で酷い」位だったから、正々堂々真っ正面からの取り方は見てて気持ちよかった。この時点でダイエイショウが私の中で大栄翔となるのです。

大栄翔ってもしかして

四股名の漢字で感じたのはもしかしたら埼玉栄高校相撲部出身なのかな?と言うこと。あそこは強いからなと思いつつ、個人的な高校時代部活での因縁もありつつなんとも言えない気持ちになったりします。調べたらやっぱり大栄翔は埼玉栄高校出身の力士、なんなら化粧回しも埼玉栄から送られてました。

ちょっと前に大関だった豪栄道も埼玉栄高校出身でした。埼玉にゆかりのある力士が強かった経験は人生でなくて、豪栄道の優勝は嬉しかったけど、直ぐに萎えてしまいました。理由は豪栄道は埼玉出身じゃなかったからです。なにも埼玉栄高校だけがやっていたわけでは無いですが、優秀な人材を全国から集めて育てるやり方ではどうにも思い入れは薄くなってしまいます。埼玉県のスポーツが日本を制したと言う例で言うと浦和学院のセンバツ野球大会優勝や花咲徳栄の夏の甲子園制覇も同じようにスイッチが入らなかったのは純粋に母校じゃなかったからかもしれませんが、いつしか埼玉だから応援すると言うのは浦和レッズと埼玉西武ライオンズに絞られてきました。

たぶん大栄翔

そんな中で現れた埼玉栄高校出身の大栄翔、相撲協会のホームページによれば出身は埼玉県朝霞市。埼玉出身の力士が天下を取ろうとしている。そんな事思いもよらなかった。しかも更に調べたら大栄翔がいる追手風部屋は埼玉県草加市と今住んでいる街な上になんなら遠藤も所属してる。

遠藤との顔はめパネルにはまったこともある。

相撲の思い出と言えば「昨春に脳梗塞が原因で亡くなった祖母が倒れた直後に復帰を目指したリハビリがキツかったようで『白鵬に張り手を食らった』としきりに話してた」ことくらいだ。

実は思わずスイッチが入って車で部屋の前まで行ってみたりした(笑)。そんな身近な所で頑張ってる力士、注目しない理由などなかろう。

もしかして大栄橋?大栄翔

更にこの四股名である。私は生まれも育ちも埼玉県さいたま市ではあるが、私が住んでいたのは旧大宮市だった。私をはじめきっと大宮に住んでる・住んでいたものなら引っ掛かりがあるような気がするこの四股名、大栄橋を思い出すのだ。大栄橋は今なお関東近郊でも屈指の巨大駅である大宮駅の線路を跨ぎ、橋からJR大宮工場も見渡せると言う鉄道の街・大宮の象徴である。

言ったら埼玉栄高校は旧大宮市の中にある高校だから大栄翔の思い出に大栄橋があったのでは?なんて思いを馳せるも朝霞市から埼玉栄のある西大宮駅までは川越経由で行くのが妥当だし、大栄翔のWikipediaには非常に単純な命名の由来が書かれていた。

残念ながら違ったとしても、故郷大宮から車で一時間程の距離に離れてしまった自分にとって大栄翔の活躍に大栄橋を思い出して郷愁を感じることが出来るのだ。そもそもその要素がなくても今住んでいる街の力士なのだ。力を込めないなんて無理だ。

千秋楽前だが夢は膨らんでいて、優勝パレードとか草加市でやってほしいけど密集避けなきゃならんから今は無理なんだろうなと思いつつ、今は乳飲み子がいるからどだい無理なわけでそう考えるとついてるなぁなんて思う。また優勝したら是非見に行きたいもんである。

なんでもこの数年、初場所の優勝力士はみんな初優勝だそうで、そうなると本当に大栄翔が夢への大栄橋を架けてるんじゃないかって気がしてしまうのです。

こんなにワクワクしてるのに大栄橋の写真が一枚もない(笑)。

投稿者: shakson5

しまだくらぶです。生まれも育ちも住いも埼玉県の昭和54年早生まれの40代です。婚活の歴史とか趣味のDJとか色々お話して、皆さんの暇潰し等のお役に立ちたくてブログを書いております。

夢の架け橋となれ!大栄翔【斜め下から見る大相撲】」への1件のフィードバック

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。