もはや新婚ではない

もはや戦後ではない

太平洋戦争に敗戦した日本がシャカリキになって経済発展をした際に生まれた名言「もはや戦後ではない」ですが、当時の勢いはクレイジーキャッツの底抜けに明るい映画が示しており、バブル景気の時も小学生だったから、どっちかで良いからそんな日本が浮かれポンチだった頃を体験したかったもんですね。

気持ちは?

さて、最近妻の友人が家に来て、息子を見に来てくれてその時の会話で『新婚ですか?』と問われたのです。その時点で結婚して二人で暮らして一年経ってるから新婚ではなかろうみたいに思ってたけど、ご友人が聞きたいのは『気持ちは新婚のまま新鮮か?』みたいなことだった。

とは言うものの、こちらは3ヶ月になる赤ちゃんがいる家庭で果たして新婚当時と同じかと言えばそうでもなくてYesとは言えないまま話は終わっていったのを思い出す。

それぞれに完成された夫婦の形

つい先日の職場での話をしよう。私の職場は高級賃貸マンションで夜勤コンシェルジュと言うホテルのフロントマン的な仕事をしてる。日勤の人から引き継ぎとして◯◯号室の~~さんに伝えて欲しいみたいな事があったりする。

余計な詮索もされたくないので誰もが分かるような例を用いて、職場で起こったことを話してみよう。

日勤の人から777号室のゴリラさんに『キウイフルーツを早く熟させるにはバナナと一緒に袋に入れるとエチレンガスが発生してオススメです』と伝えて欲しい引き継ぎがあった。丁度私がいた時間帯にゴリラのご主人を見かけたのでに『ゴリラ様、お帰りなさいませ。キウイフルーツについてお問い合わせ頂いたみたいですが』と切り出したがゴリラのご主人は「その話は子供の話だから妻に言って貰えますか」なんて突っぱねられた。

かなり面食らったし、ビックリした。もし、私がゴリラだったら『ウッホ、じゃあ妻に伝えます』なんて言ったろうに、拒否なんてあるのかと。

夫婦には色んな形がある。もしかしたらゴリラ様は子育て分業制が徹底してるのかもしれない。そもそも野生のゴリラは一夫多妻制だ(笑)。その夫婦が冷めきってるなんて決めつけは良くない。でも、少なからず「あのゴリラよりは良い家庭な筈だ」と思えた自分がいる。もはや新婚ではない、ましてやゴリラでもないけど。でも、そんな気持ちは自分だけでしまってれば良いのだ。なんか書いてたらバームクーヘン聞きたくなってきました、ハイロウズの。

投稿者: shakson5

しまだくらぶです。生まれも育ちも住いも埼玉県の昭和54年早生まれの40代です。婚活の歴史とか趣味のDJとか色々お話して、皆さんの暇潰し等のお役に立ちたくてブログを書いております。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。