あのときめきを返せ【斜め下から見る不倫】

TBS系の「NEWS23」の小川彩佳キャスターの夫がどぎつい不倫をしていたと言うニュースを見た。週刊文春からのスクープらしいけど、もはや不倫についてはいつも通り『不倫は死刑』と片付けてしまえば良いわけで記事すらも見ないで良かったんだけど、その死刑囚(笑)の名が豊田剛一郎と聞いて不謹慎ながらときめいたと言う話。

私の名前が剛一(コウイチ)でそれはそれはレアな名前でこういちなんて一発変換出来ない。漢字でこの名前もレアで著名人では元ヴェルディ川崎で今現在U-20サッカー日本代表のの冨樫剛一(コウイチ)氏と高倉健の本名の小田剛一(ゴウイチ)位。そうなんです、高倉健みたいに剛一は濁る『ごういち』が一般的なのです。

幼少の頃、病弱だった私は医者に通う度にプライドをズタズタに引き裂かれました。剛一を「こういち」と呼んでくれる病院は一つとしてなかったのです。いつしか、病院のホスピタリティーが上がったり個人情報の兼ね合いで苗字しか呼ばなくなり、不安は解消はされます。

私の知りうる限り剛一は先に挙げた2名だけでしたので郎が付くけど、豊田剛一郎氏は新たな登場人物としてときめきました。「もしかして、コウイチロウかな」と(笑)。早速調べてみたところ、ゴウイチロウでがっかりしました。同じコウイチと付くものとして弁護せにゃならんのか?と揺らいだ私を返して欲しい(笑)。やっぱり不倫は死刑ですのでね、何十億の報酬カットとかはどうでも良くて、しっかり禊を経て帰宅時にベランダに黄色いハンカチがかかっているか?で判断すればよろしいでしょう。

ダメだったら、寂しい街で電車を待つか。

そう言えば、文春と言えば、最近柳澤健さんの2016年の週刊文春を読み始めてます、凄い面白くて引き込まれてます。

そう言えば、局アナを辞めた方でニュースとかの原稿を読まずにタレントっぽくなった方をデヴィ・スカルノアナウンサーみたいにアナウンサーって使うじゃないですか、そういうの止めにしません?

投稿者: shakson5

しまだくらぶです。生まれも育ちも住いも埼玉県の昭和54年早生まれの40代です。婚活の歴史とか趣味のDJとか色々お話して、皆さんの暇潰し等のお役に立ちたくてブログを書いております。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。