生後152~159日目、リアルなワンオペ育児の始まり【人生最大のエンタメ】

「育児やってます」とはまだ胸を張って言えるクオリティではありませんが、やってはいるのと伝えたいくらい発見や楽しいことが多いし、どうやら育児参加してる父親が少ないらしいので啓発の意味でも書いてるし、個人的な備忘録でもあるし、色々な目的でやらせてもらってます。テクニック的な話は別で。

育児宣教師の帰宅(151日目)

息子が5か月となった日。お義母さんが役目を終えて帰宅することになりました。一月下旬からの妻の職場復帰が決まり、妻と私の二人育児体制が整うこの日まで41日間我が家に住み込みで来てくださって、ミルクを飲ませる技術とかあやし方、更には家事全般をやってくださいました。

本当に育児宣教師って感じでね。色々な教えを加味しつつ進むわけですが、義母がいないと言う事はいよいよ私のワンオペ育児が始まるわけです。今までのワンオペ育児がまやかしだったわけじゃないけど、実質やったの二日とかでしかも実際10時間もやってないわけです。だから「ワンオペ育児大丈夫かな」と不安が充満してました。

寝かしつけの経験値が自信になる

不安がいきなり「ワンオペ行けるかも」になったのはお義母さんが帰る前後に寝かしつけに二回連続で成功したからでした。赤ちゃん睡眠が大事ですからね、満腹感を得て下半身の違和感の無い状態が揃わないと睡眠に辿り着きませんし、抱っこで寝てもベッド等で一人で寝てくれるのが最高の状態なわけです。そんな最大幸福の睡眠を連続で誘えたことに手応えを感じたのでした。

義母が帰る日に成功した寝かしつけの一枚

人間を育てているのだ

金八先生での「腐ったミカンの方程式」じゃないけど『我々は人間を育てている』のであると言う言葉をワンオペで噛み締める。日々の授乳等の記録を「授乳ノート」と言うアプリで記録してて、お義母さんの授乳の記録を見ていてある程度の法則を見つけた。

  • 授乳間隔は約三時間
  • 120~180ml飲む、200mlの壁がある

これだけ分かれば家事もある程度計画的に出来る。ましてや寝かしつけまで出来るとしたらブログを書く時間もあるし。そんな青写真は直ぐに破られた。息子も人間で初日しっかり飲んだけど、翌日は飲まないし泣くし寝ないしとまちまちだった。今(3月9日、158日目)時点でも法則は当てはまらない、それは妻がいたら変わるか?と言われたら変わらない。やっぱり赤ちゃんは人間である。

料理は科学だが育児は生物学

今年の正月に「逃げるは恥だが役に立つ」のスペシャルが放送されて、録画したけどあわただしくて見てないが見た人が放送後に投稿したSNSには『料理は科学だ』なんてセリフがあったらしくて、すごい共感したが、さすがに育児は科学にはならないようだ。金八先生の名言をまた引っ張り出すが『人は支えあって生きてる』『我も人なり彼(=息子)も人なり』を痛感する。

スワドルアップ旅立ち

約2ヶ月使っていたスワドルアップをメルカリに出したら2000円(送料込み)で売れました。1月には使ってなくてもっと早めに出せばよかったんだけど、高校時代のジャージとスワドルアップが似てたから着てる2ショット撮りたかったけど、チャンスを逃してしまい、もう良いかなと。割りと早く売れました。記念撮影したら意外と色が違ってました。

最近の息子

本来ならば先週まとめて書きたかったけど、話題を分けると一本にしたらもったいなくて精神論みたいになってしまいました。5ヶ月を迎えまして、息子の新しい面は色々発見してるけど、日増しに増えるから日記を付ければよかったと後悔してる。ブログで書けば良いと思ったけど、想像の倍は進化している。そんな息子の新たな面を記して今回は終了。

  • 両手でつかんで引っ張ることをおぼえた。顔を近づけたら髪を引っ張るし、パーカーの紐もそう。ちなみに引っ張ったあと舐めようともする。
  • 寝返りは打てないが、本人は寝返りの練習に積極的で出来ないと吠える
  • 話しかけてくる。もちろん内容は分からないが相槌を打つようにしてる
  • おでこから上辺りに息を吹き掛けると喜ぶ
  • 肩甲骨と鎖骨付近を揉むとニヤニヤする
  • 大きな口で「オー」と話しかけると驚く
  • 歌いかけるとしっかり聞く(詳しい話は別の回で)

ちなみに視界に人がいないと寂しがるから独り遊びに飽きたら(すぐ飽きる)「視界にいるから大丈夫だよ」と言う意味でも料理を作るときは台所に、洗濯中は洗面所にバウンサーを移動するようにしてる。

バウンサーに座っている時、上に物が通過するのは楽しいみたい。


2020年4月~21年3月生ランキング

投稿者: shakson5

しまだくらぶです。生まれも育ちも住いも埼玉県の昭和54年早生まれの40代です。婚活の歴史とか趣味のDJとか色々お話して、皆さんの暇潰し等のお役に立ちたくてブログを書いております。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。