ずっときんきゅうじたい【斜め下から見る第二回緊急事態宣言】

3月22日(月)、関東の一都三県に敷かれていた第二回緊急事態宣言が解けます。私が住む埼玉県、職場の東京都では73日間緊急事態だったことになります。各所への影響はもちろんあるわけですが、育児の慌ただしさで感じることはなく、進んだ日々でした。

期間中、周りのCOVID-19陽性反応者は同じ部署だけど別部署の所長、昔同じ職場にいた方、都内勤務の医療従事者の三名。最近、息子の保育園へ書類を提出した時に『近隣の学校でクラスターが発生しました』なんて看板見かけましたけど、へぇそうなんだ位。

対策なんて「外出時のマスク着用、手洗い、うがい」の基本徹底のみですよ。お店の入口でのアルコール消毒と検温に協力はしますけど、ショッピングモールでは各店でやらなきゃいけないからパフォーマンスと化してますよ。『安心してくださいつけてますよ』みたいな(笑)。

第二回緊急事態宣言

第二回緊急事態宣言なんてバカにしてますからね。何の進捗もなく終わった73日間を。1300人くらいいた感染者が300~400人台に「減った」のかもしれないけど鎮圧とは言えないですからね。何も出来ない政治家が一時でも減らしたくて出したに過ぎない。「三度目はもうない」決死の覚悟の上、医療従事者並みに命懸けで政治家は動いていたのか?問いたい。

この73日間で聞いたニュース。「女性が集まると会議が長くなるらしい」「首相の息子への官僚による接待」「陽性者数の推移」「政府のコロナ対策への堂々巡りのコメント」「空からオリンピッグが降ってくる」とかですよ。そう考えてるとオリジナリティを持って取材してるのはいよいよ週刊文春だけじゃねぇかって。

第二回開始前にこの緊急事態宣言はほとんど意味の無いゆるゆるな「きんきゅうじたいせんげん」だと言ってました。そして、政治だけに頼らずにみんなで協力して進むべきとも。

今回ちょっと減ったのは我々がしっかり協力した賜物と考えましょう。我々は更に頑張って封じ込めるのかインフルエンザ的に季節病にするのか分かんないけど、とにかく埼玉スタジアムや日本武道館の座席をフルで使ってマスクなしで絶叫できる環境になるまでみんなで頑張りましょう!嫌々かもしれないけどみんなが思い切り働き愚痴目的でもおもいっきり宴会等をみんなができるまでがゴールです。

ろくな仕事してない政治家や目立つことしか頭にない自民党あがりの都知事には上のような話を伝えるそういう説得力を学んで欲しいですね。でも、個人主義者がいすぎてまとめあげるのは無理かな?そんな気さえします。

最後に私の職場(賃貸マンション)のエレベーターの注意書をご紹介します。ホワイトデー辺りまではワード文書をパウチしたレベルのものが急にプラスチックに印刷されたものになってました。むしろ、なってしまいましたかな。つまり、『しばらくあんたらマスクつけっぱなしだよ』って宣告されてるようだ。

投稿者: shakson5

しまだくらぶです。生まれも育ちも住いも埼玉県の昭和54年早生まれの40代です。婚活の歴史とか趣味のDJとか色々お話して、皆さんの暇潰し等のお役に立ちたくてブログを書いております。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。