生後179日目、プペルへの長いへそ曲がりな道①【人生最大のエンタメ】

育児そんなしてないですよなんて立場からワンオペ育児も何日かしてまして、いよいよ謙遜で逃げられる立場ではなくなりつつありますが、いくつか書いていくなかで「世間話」「これから育児する人にちょっとはお役に立てそうなもの」みたいな分類が出来つつある気がします。今回はお役にたちそうな話、テーマは絵本です。

俺と絵本の話は最後だ

息子とマンツーマンの時間、まあこちらも録りだめたテレビ番組見たりはするけど、手持ち無沙汰な時間が出来る。その時間の埋め合わせ兼赤ちゃんのおしゃべり能力をあげる意味でも絵本の読み聞かせは良いらしいので図書館で借りて読んでいる。それがなかなか面白い。

知り合いで息子より先にお子さんを産んだお母さんが知り合いでいて、Instagramで非常に上手い読み聞かせをしてて、そこに憧れつつやり始めてる。たまたまかもしれないが内容がちょっと異端でありメッセージ性強かったりして面白いので絵本感想文としてご紹介しようと言う運びとなった。

読み聞かせ続けて『えんとつ町のプペル』に辿り着くのか?ウォーリーを一緒に探せるか?期待は膨らみますが気長にやりたいと思います。今回は親子共々はじめての絵本、息子だって長文分かりゃしませんからイラスト重視で文章も短いやつを選びました。

ぞろ ぞろぞろ

0~2歳向け。身の回りの道具に工作的に表情をつけて喜怒哀楽みたいなものを表現してる。感情表現が身に付いたらまた読みたい。

やさいたちのうた

野菜に親しみをもってもらうために野菜が擬人化されている。玉ねぎが皮をむかれまくって形がなくなってしまったり、赤い顔して怒ったトマト同士がぶつかり合ってなくなってしまうなど儚い話が割と多い。子供向けなのを忘れる切ない詩が続く。ちなみに胡瓜は私が嫌いなので飛ばした(笑)。

こんにちはあかちゃん

赤ちゃんに呼び掛ける系の話でゾウ、カバ、シマウマ、サル、カメレオン、フクロウと違う形態の生き物でも人間と類似したことはあると言う話で『人間よ、思い上がるな』と言うメッセージがリアルな絵で語られる。実父が読み聞かせたらしく「カメレオンがお気に入りみたい」と感想がきた。ちなみに私が読んだ時にゾウの鳴き真似を『パオーン』とやったら振り向いた。

チック タック チック タック

うさぎのクヌートおじさんが豚、ゾウ、アヒル、ハリネズミの子供と13時からピクニックに行く。そこから24時までの出来事を時系列に追う『動物版24』(笑)。実際読んだ時にハリネズミが木から落ちて泣いてるところをクヌートさんが抱える描写に涙が止まらなくなり、息子が不思議そうに見つめるなんて光景があった。

以上、今回は4冊。あくまで最初で図書館は貸し出し期限2週間で本によっては再延長が最大2週間可能、今回は丸々4週間借りたから手放すがまた読みたい絵本ばかりだった。

一回だけ父親に絵本を読んで貰った記憶がある小学校3年の頃だ。急に親父は幼稚園児だった妹と一緒に寝かせて絵本の話を読み聞かせた。内容は野菜を擬人化した話だった。何年か経って雑誌か新聞で『問題のある子には絵本を読み聞かせましょう』みたいな記事を読んで「自分の何がもんだいだったのか?」悩んだものだ。

ともあれ、ウォーリーみたいな格好をして色々な場所へ行ってた過去を持つ身としてはいつか息子とそんな格好をしながらウォーリーを探すと言う夢が増えた。

人気ブログランキングへ


2020年4月~21年3月生ランキング

投稿者: shakson5

しまだくらぶです。生まれも育ちも住いも埼玉県の昭和54年早生まれの40代です。婚活の歴史とか趣味のDJとか色々お話して、皆さんの暇潰し等のお役に立ちたくてブログを書いております。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。