待ち時間の説得力「草加市やきとり こばやし」【豚の国から’21夏】

今回は食べログにも登録がない近所の焼き鳥屋の話だ。昨年9月末、半沢直樹シーズン2の最終回があった日は息子の出産予定日だったんだけど、産まれる気配が無くて、なんとなくよく通る道にあった焼き鳥屋の焼き鳥屋を買ってみようかで買ってみたらリーズナブルなのに凄い美味かった。焼き上がりに10分くらい待ったけど、いやはや美味い焼き鳥見つけたわと思って近所に住む大学の後輩に『あの焼き鳥ヤバいぜ』なんて薦めたんだけど、偶然にも休業始まる。

空白の9ヶ月

住居兼店舗だから家の改築も兼ねた感じだったんだろう。焼き鳥屋の先に西松屋があるから常に店の前は通ってて『いつオープンかな』『もしかしてオープンしないんじゃない?』みたいに思いながらも一回目行った5日後に生まれた息子のお世話でそこまで執着はしなかったけど、突然建物に張り紙「7月4日に再開します」と出た。

7月4日 日曜日

再開した日に行く。その日は『1000円以上買うと1本に付きボックスティッシュプレゼント』なんて言う大盤振る舞いがあり、お店は大盛況で焼き鳥を注文したら「出来上がりに一時間かかります」とのこと。オープン日だから混むよねぇなんて言って、妻と息子を一旦家に送り再びお店に。

お店の前には人がたくさん!大盛況だわと思ったらみんな注文待ちじゃなくて出来上がり待ちだと発覚する。結果お店の前で1時間待ってマジカよと思ったけど、待たせておいても文句言わせないくらい美味い!

混むこと想定して色々準備しろよとかオペレーションにイライラしたけど、味で納得させるタイプだったのかと一本取らられた気分だった。

7月18日日曜日

うちの両親が新型コロナウィルス予防接種の関連で土曜日に息子をお世話してもらう予定だったけど大事をとって義母が金曜日から千葉に来てくれて、せっかくだから美味い焼き鳥を食べてもらおうと計画。前回の2時間待ちの教訓から19時にかけたら出来上がりは21時と言われ断念。

翌日お義母さんを見送った日の夜、18時に電話で注文する。今回も一時間待ちの19時と言われてお店へ向かう。「20分くらい待ったりして」なんて妻と言いながらお店へ。梅雨が明けて夕焼けがきれい。

待つかもと思って19:05お店に到着。案の定出来ておらず。結局、品物は19:30に受け取る。

写真暗いけど安定的に美味い、そして味噌ダレつき!

こばやしの焼き鳥は待ち時間のスパイスはかかってない

待ち時間がスパイスになるケースはある。待った分だけ腹が減るところに美味いものが口に入るだから美味いと言うカラクリである。有名店のラーメンを並んで食べた時にそこそこ美味いけど煮えきらない時にたまに思ったりするのがそれだ。

同じようにこばやしの焼き鳥は待たされる。2時間とかだから長い部類に入る、しかも見込みの待ち時間を遥かに越えてしまう。普通アミューズメント施設とかはクレーム出さないために長めに待ち時間を伝えて『思ったより早かった』なんて言わせるのに慣れてると大変である。まさか、そんな逆を行く店が出ようとはである。

期待のハードルを超えないとクレームになる

接客業の端くれとして『クレーム対応研修』を受けた時に聞いたクレームが発生する原因の一つに挙がるのが期待。ハードルと言う考え方。

人は些細なことでも期待に応えてくれないと分かると負の感情が沸き、それが積もり積もってクレームに至るのだそうだ。だからこそ『無理なものは無理と断る、過度な期待はさせない』のが良いのだと講師は言っていた。

待ち時間の話で言えばこの焼き鳥屋はクレームになりかね無いけど、クレームにならないのはズバリ美味いから。そんなケースかなりレアである。すごいものだ、待つけど美味いからしょうがないが成立してるから凄い。

全ては心の持ちよう

あらかじめ待つもんだと分かったら、待ち時間も楽しいもんだ。更にその先に待ち構えるのがうまい焼鳥だと思えば待てる。あのクオリティを保つなら待てるから是非ペースを変えずに頑張って欲しい、そう思える焼き鳥屋が近所にある。


全般ランキング



投稿者: shakson5

しまだくらぶです。生まれも育ちも住いも埼玉県の昭和54年早生まれの40代です。婚活の歴史とか趣味のDJとか色々お話して、皆さんの暇潰し等のお役に立ちたくてブログを書いております。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。