令和三年東京五輪川柳 令和3年7月27日『何年後?/ソフトボールの/三連覇』

なんか、毎日書けそうなネタとして東京五輪をあつかいます。そもそも私は誘致していた頃から安倍晋三のきな臭さ故に反対派ですが、まあなんか将来振り返る時の参考になれば。すぐ書けるように川柳を作ります。さて、2日連続金メダル川柳です。

令和3年7月27日
何年後
ソフトボールの
三連覇

奇祭かよ13年ぶりの

ソフトボールの13年越しの連覇おめでとうございます。実況アナウンサーのタイル13年ぶりの連覇という言葉がなかなかなパワーフレーズだったように思う。13年ぶりの連覇って何だよって思う。どこかの地方の奇祭じゃあるまいし天文学的な新しい流星群の登場でもあるまいほとんどの人が気にしない数と言っても過言ではない。

サッカー場ではやれん

前回の北京五輪以降ロンドンリオデジャネイロと野球場がなさそうな国では開催されず次回のパリオリンピックでも開催されないという競技に正直引っかかる。今回メダルを取ったところで次回はないわけでソフトボールをしている人たちの次の目標というものを金を取った事で余計複雑にしてしまっているのかな気がしてなかなか微妙な気持ちでもある。めでたいし素晴らしいことは間違いないけれども、メダルを取った人たちだけが喜んでいいのだろうかこの13年の間にソフトボールを世界中に普及させられなかったということでオリンピック種目として採用され続けなかったということで次の世代の若者に金メダルを取る喜びやそれを取ろうという目標を持てなくなってしまった次の世代のことを考えると果たしてそれでよかったのだろうか?

素晴らしい試合だった

大坂なおみのメッセージ

試合自体は金メダルを取った日本も惜しくも敗れてしまったアメリカも素晴らしいプレーが連続しており見応えあるものを他の間違いはない。だけど、この競技を4年後ではなかった3年後にオリンピックでやれないとわかっていながら見なければいけないことに何か虚しさを感じずにはいられない。試合のイニングごとに CM が流れておりそこには大坂なおみ選手が出演している。おりしも同日に三回戦で敗退したという大坂なおみに関しても語りたいことはなくはない。その CM で大坂なおみが「オリンピックが全てではない」という台詞に大坂なおみの今の立ち位置を示しているように感じながらオリンピックに選ばれなかった種目を頑張っているアスリートたちへの応援歌のようにも思える。

これからのソフトボール界へ勝手な提言

オリンピックの種目でなくてもやり続けられる価値を見いだすことそれがソフトボール並びにこれから始まる野球そしてその他もろもろスポーツにも求められることなのかもしれないしきっとそれもまた多様性ということなのであろう中学時代私がいた中学校はソフトボールの強豪校だっただからこそ身近にソフトボールがあったわけだがソフトボールボール2青春を捧げてる人たちには何年後かの3連覇ではなく自分たちがやりきったと思える所まで満足できる限り頑張って欲しい。


全般ランキング



投稿者: shakson5

しまだくらぶです。生まれも育ちも住いも埼玉県の昭和54年早生まれの40代です。婚活の歴史とか趣味のDJとか色々お話して、皆さんの暇潰し等のお役に立ちたくてブログを書いております。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。