令和三年東京五輪川柳 令和3年8月3日付『青コーナー/紅流れ/金メダル』

なんか、毎日書けそうなネタとして東京五輪をあつかいます。そもそも私は誘致していた頃から安倍晋三のきな臭さ故に反対派ですが、まあなんか将来振り返る時の参考になれば。すぐ書けるように川柳を作ります。

令和3年8月3日
青コーナー
紅流れ
金メダル

ついにテレビ界にニュースターが現れた!ボクシング女子フェザー級の金メダリスト入江聖奈選手だ。試合後のメダリストの会見で競技生活の引退を表明し大学卒業後は会社に就職すると言っているらしい、ただあの人懐っこそうな性格はテレビ業界がほっとかないような気がしてならない。

流行語誕生!

さらにはオリンピックあるあるとでも言いそうな名言が生まれた金メダルを獲得した後『センキュー、ベリーセンキュー』と言う英語圏の方には意味が通じなそうな英語を言ったことでおそらくこれが今年の流行語大賞の一つになるに違いない。

オリンピックごとに現れるそうなキャラの立った選手が今回の東京五輪は「コロナ禍」の中で生まれた「神妙にしやがれムード」つまり真面目ムードがあったためか出てこなかった中でついに現れたテレビスターの登場そんな気がする。あんな人懐っこそうなキャラクターさらにはまだ就職先が決まってないという所を芸能事務所がすぐにスカウトしてくるんじゃないかと勝手に想像している。

競技生活は13年だったと言うレガースをつけてるとはいえ人を殴り続けるという類のスポーツ2もしかしたら抵抗があったのかもしれないそこで潔く身を引くといいのは素晴らしいことではないかと思う。チラッとニュースでしか映像を見ていないけれども何やら面白そうな雰囲気を出しているのでエンターテイメントの世界に行くというの良いのではないかと感じる。ただ怖いのはテレビは使い捨てなのでボロ雑巾のようにこき使った挙句放り投げる可能性はあるわけで、どこぞの YouTuber プロデューサーのような人がいたら入江聖奈さんに「テレビよりも YouTube の方が儲かる」と誘ってあげればいいのにと勝手に思ってしまうわけである。

宇多田ヒカルの COLORS ではないが入江聖奈の金メダル獲得にはいろんな色が巡っていたので川柳にしてみたのは。ほんのわずかしか聞こえなかったが X JAPAN の紅が聞こえてきたからだ。

タイムマシーンに戻れるのならば金メダル云々は別にして昔の自分に入江聖奈の決勝は見た方がいいぞ紅が流れるぞと伝えてあげたい。どうやら入場曲は選手が選べるそうなので他の選手がどんな曲を選んでいるのかなとちょっと 音楽好きとして気になるものである。そんなわけで宇多田ヒカルの聞きましょう。


全般ランキング



投稿者: shakson5

しまだくらぶです。生まれも育ちも住いも埼玉県の昭和54年早生まれの40代です。婚活の歴史とか趣味のDJとか色々お話して、皆さんの暇潰し等のお役に立ちたくてブログを書いております。

令和三年東京五輪川柳 令和3年8月3日付『青コーナー/紅流れ/金メダル』」への1件のフィードバック

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。