令和三年東京五輪川柳 令和3年8月5日版『そのあだ名/強くなったら/つけようか』

なんか、毎日書けそうなネタとして東京五輪をあつかいます。そもそも私は誘致していた頃から安倍晋三のきな臭さ故に反対派ですが、まあなんか将来振り返る時の参考になれば。すぐ書けるように川柳を作ります。さて、この川柳も14回目にありました企画立ち上げ当初これはバズルに違いないと思ってワクワクしていましたが、結局読んでる人は1日一記事あたりマックス5人ぐらい石切意味ちょっとお笑いの種目などをピックアップ新型がどうせ5人ぐらいしか歯のであればもっと言いたいことを言ってみようと残り4日にしてふいに思い立ち今がありますだから今日は競技とか関係のない話になります。

令和3年8月5日
そのあだ名
強くなったら
つけようか

エキゾチック・ジャパンはない

つばさジャパン、トビウオジャパン、ポセイドンジャパン、マーメイドジャパン、バードジャパン、ソフトジャパン、フェアリージャパン、織姫ジャパン、彗星ジャパン、さくらジャパン、ゴジラジャパン、雷神ジャパン、クールジャパン、火の鳥 NIPPON 、龍神 NIPPON、 阿修羅ジャパン、ブルーローズジャパン

以上どれもが日本代表のある競技につけられた愛称である。どの種目がどの相性かという話はこの際で省略します各自調べていただければと思うけれども間違いなく言えるのは全部スラスラと言える人はほぼいないということであろうつまり定着していないのである。上位入賞することメダルをとることが全てだとは思わないけれども、敢えて世界のトップ10以内というものを結果であるとするならばほぼどれもが結果を出しているとは思えないような競技ばかりである。

ちなみにゴジラジャパンというのは柔道の日本代表の愛称なのだそうだがどんなにオリンピックで金メダルを取ろうとゴジラジャパンなんて一回でも聞いたことがあるだろうかもっと言うとこのご時世に女性柔道家をさせてゴジラと名付けるのはどうなんだろう本当に下手な話ではあるけれどもここは浦沢直樹の人気漫画からあやかって YAWARA JAPAN て良かったんじゃないかと思うのである。

愛称付けて競技人口減ったりしてない?

おそらくではあるがすべてのきっかけは野球の日本代表侍ジャパンとかサッカー女子代表のなでしこジャパンの一般人への定着を見てその他の協議書ももっと普及させるためにつけた愛称なのかもしれないがどれもこれもセンスのないニックネームばかりなんじゃないかと思ったりする。ちなみにサッカー好きな私ではあるがサッカー日本代表につけられたサムライブルーという字も本当にダサくて言いたくないなと思うのである。

有望な小学生選手とかはインタビューとこで「将来はポセイドンジャパンになりたい」なんて言ってたりするんだろうかたぶんダサくてしてないに違いないという気がしてならない。むしろ市スポーツ好きとして若者たちにはそんなつまんない発言はしないで欲しいと思うのだ。 

なんでこんなダサいの?

なぜこんなに字がダサいのかというのは意外と答えは簡単なんだと思う名付け親は昭和を着たおっさん達ばかりだからなんじゃないかと思うもっと若者に寄り添えるキャッチコピーライターのような人がいたら名前も随分と変わってくるんじゃないかと思う。それこそ今日までに「にこるん」や「みちょぱ」「めるる」などのキャッチーなあだ名を考えて見せたニコラ編集部のような人がつけたほうがより一般にアピールできるものになるんではないかと思うどうせ今の各種目の境界の連中は頭が固いからそんな人に頼もうなんて発想はきっと無いに違いない。今後あだ名をつけようと考えるカバディやカポエラなどの各種競技の協会の方は是非とも自分たちでは考えずにそういった外部の知恵を借りた方が良いのではないかと思う。このままだとアーチェリー競技の人はロビンフッドジャパンになってしまう恐れがあるそれは何とも食い止めなければいけないと思う。

本当にその競技を普及させたいのなら手っ取り早い方法はやはり強化をしてメダル取れるぐらいまでのクオリティをに高めること何ではないかと思う。自分が唯一競技者として打ち込んできたスポーツなので贔屓目に見てしまうが卓球はその相性を卓球NIPPONというのだそうだ。2013年当時普及させたくてつけた名前ではあるがその後しっかり強くなってもはやその名前すらも入れないところまで来ている。メダルを取るまでに現有メンバーを強化するか?競技人口を増やしその中から切磋琢磨それで実力者を作るか何も悩ましいところではあるが、名づけはその道のプロに相談した方が良いのではないだろうか。パリオリンピックに向けて上に述べた色んな競技のジャパンが知らないうちに〇〇ジャポンになりやしないかとちょっと不安である。


全般ランキング



投稿者: shakson5

しまだくらぶです。生まれも育ちも住いも埼玉県の昭和54年早生まれの40代です。婚活の歴史とか趣味のDJとか色々お話して、皆さんの暇潰し等のお役に立ちたくてブログを書いております。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。