「いまは危機です、災害です。(尾身茂 2021年8月12日)」【ポケットが名言でいっぱい13】

毎度令和の永六輔を目指してます「ポケットが名言でいっぱい」です。果たして名言と言っていいかどうかはわかりませんが今回は新型コロナ分科会、尾身茂会長の会見からの一言。

東京は制御不能状態

もちろん医師会を含め医療関係者の皆様は頑張ってるのはわかってはいるけれども果たして「制御不能状態」というのを今更言ったところでどうなるんだろうと冷静に見てしまう自分がいる。 そもそも制御できていたのかできていたとしたらもうちょっと数は減るんじゃないかと屁理屈と言われるかもしれないけれども思ってしまうのが性というものなのかもしれない。 あまりコロナウイルスに関する情報に関してはスルーをしていたと言うとなんだが無視はしてないが極力自分のところで守るべきところを守っていたというところはあるので全体的な把握、つまり毎日のニュース報道になされる陽性感染者数の数字などはその数字する上下で喜んだり憂いたりするのはしないようにしていた。

そんな状況なのでこの制御不能状態という言葉は個人的に初耳といっても過言ではない。ちらちら見かける東京での日々4桁の数字の感染者数を見て医師会は由々しき事態と判断して制御不能ということになったののかもしれない。 ただ「これまでの状態が制御できていたのか?」ということを考えると言葉尻を拾うようで悪いがもっと早く増え続けていた段階で制御不能と出すべきなんじゃないかというのは思う。

そんな中で尾身会長が言ったこの言葉!切実さを感じる。 それこそ政府も含めてもっと敏感に反応してこの言葉を広めるべきなのではないかと思う。この言葉を見たのは2021年8月12日、職場でたまたまネットサーフィンをしていた時に Yahoo ニュースで見たのだった。 つまりパソコンを開いていなかったらこの重大な言葉を見ることはなかったのかもしれない。

今は危機です、災害です。

この言葉こそ今全ての人の耳に届き心に伝わらなければならない言葉なのではなかろうか。 私は接客業の端くれをしており年一回ペースでマナー講習のようなものを受けていた 丸それこそ昔流行った接遇というのを推奨しているような講師が朝から夕方ぐらいまでおじさん達を集めて講義をする。 その講習の中で特に印象に残っている言葉がある。 それがどんなにいい話をしてもコミュニケーションは伝わらないと意味がないということである。それを踏まえて講師は「コミュニケーションは受け10割」という言葉で説明していた。

今、受け手10割は出来るか?

非常に難しい時代である。皆さんの記憶に新しいところで言うと今回の東京オリンピック開会式直前に小山田圭吾や小林賢太郎が過去の作品やインタビューを引用して追放されていった案件がある。 やったこと作品は残るので証拠があると言われてしまえばそれまでだがその作品たちが今のその人を表現しているということで断罪していいのだろうかとずっと思っている。そんな時代の受け手10割ということを考えると非常に難しいことになる、身も心も潔白な聖人君子が言わないと大事なことは伝わらない時代なのかもしれない。今、伝わるべき大事なことはこの尾身会長の発言である。

どうやったら伝わるのか

発言の意味はわかりやすい簡単な日本語である。 日本語が分かる人なら意味は伝わるし、どうすべきか?まで伝わるはずだ。だがそれを伝える人によって信じるか信じないかは変わってきてしまうというのが今の現状である。

私もそうだが政治家が言ったところでそれを信じるか?と言うと、信じることはできない。

今の総理大臣のおっしゃる話はよく世の中にいる『謝れば全てが収まると思ってるような人』の話し方に近いような気がして説得力がない。誰かが作った原稿をそのまま原稿通りに下を見て読み上げているそれだけのことでは気持ちは伝わらない。常日頃思っているのだがそうした態度で政治家は自分たち国民のために動いているとは到底思えないのである。

ある時 Twitter で政治家が信じられない私が「政治家はろくなコロナ対策をしない」と話した時に知人と平行線の話になった。知人は『政治家はしっかり説明したよ』と言うリアクションをくれたけども、もし政治家の目標が【日本の人達をコロナウイルスから守る】であるならば言っただけでは駄目なのは明らかだ。説得させるのも含めて政治であるべきだ。

ヒロインやヒーローは口だけだったか?

思い返せば、仮面ライダーは「ショッカー、罪のない人から手を離せ」と言っても離さなさった怪人に言っただけだったろうか?『月に代わってお仕置きよ』セーラームーンは警告だけしていたか?アンパンマンは弱った森の仲間に自らの身を削って(正確には頭の部分のアンパンを分け与えた)助けた。その姿を菅義偉にその他政治家に見出だせないし、見るつもりもない。じゃあ、果たして尾身会長のメッセージをしっかり伝えられる人はいるのか?YouTuberは誕生日会を開き、テレビ朝日はオリンピックの打ち上げで宴会を開くし、SMAPや嵐はもういない。松本人志、指原莉乃、フワちゃん、橋下徹、ホリエモン、はたまたひろゆきって人なのか?論客が多すぎて収集つかないし、その誰もの言うことを聞きたくない(笑)。八百万(やおよろず)の神がいる日本だからみんなが信じる人はその人分いるんだからみんなが話せば良いけど、そのみんながみんなバラバラに意見を言う(笑)。

こういう時はコロナウイルスで大切な人を亡くした人の言葉だったりするのかもしれない。今では疎遠になったかもしれないが志村けんを失った加藤茶や伴侶である岡江久美子を失った大和田獏だって良いかもしれない。でも、それじゃあ世代が偏る。

https://nettv.gov-online.go.jp/prg/prg23062.html

政府広報はこんな事を言ってるけど、総理大臣は説得する事を放棄しているようだ。お付きのスピーチライターやあいみょんや米津玄師みたいな若者に人気のクリエイターの力も借りずに一度シンプルにカメラを見つめて言ってみてはどうだろうか?

全国のお医者さんは頑張っているけど、我々政治家の力だけではどうにもなりません。国民の皆様、一緒に闘ってください!

政治家のプライドかなぐり捨てて言ってはくれないだろうか?でも、誰なら説得力あるか?とか考えてるくらいなら地道に草の根式に家族や友人達、その友人達へとねずみ講並みにやるしかないのかもしれない。予防接種は打ってもらえる人はしっかり打って、打てない人も出かける時出かけない時のメリハリつけてやるしかない。

『コロナが明けたらまた会おう』パンデミック映画ごっこみたいなのを何年続ける気ですか?もうマスク生活も凝りたでしょ?それらを止める為に頑張って来た努力を無駄にしないために今一度気合い入れ直して全員で頑張りましょうよ!

となぜ言わぬのかと思いますが、それこそ緊急事態宣言中に2度も旅に出てる人間が言うべきじゃないのもしれません。でも、しっかり対策を練って羽目を外さないでも楽しめるし、『かかってなるものか』なんて思えばかからないし伝染しないと信じてます。ウィルスだって病気だし、病は気からですので。

そんな私は今日2021年8月13日、夜勤帰りに献血に行く予定です。それぞれの持ち場で出来る対策、出来る事をやりましょう。


全般ランキング



投稿者: shakson5

しまだくらぶです。生まれも育ちも住いも埼玉県の昭和54年早生まれの40代です。婚活の歴史とか趣味のDJとか色々お話して、皆さんの暇潰し等のお役に立ちたくてブログを書いております。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。