命日から14年。そろそろ転生したか?

カワカミケンタがこの世を去って14回目の命日を迎えた。人間が死んでしまった日を命の日と書いて『命日』と読むなんとも不思議な事だと改めて思う。

2007年の今日、彼のお父様から電話で訃報を知らされた日のことは鮮烈に覚えているが、いざ9月2日だったと思い出すにはこのブログを振り返らないと出てこなかった。考えてみれば昨年3月に亡くなった祖母の命日も正確には覚えていない。そうだ人の死んだ日なんて正確に覚えている必要性のないことである。こちらの事情でしかないが誕生日とか記念日は忘れてはいけないだろうけれどもさすがにそこは死んだ日なのだからいいじゃないかという気がする。

死んでしまった人のことを忘れないのが最大の供養だなんていうのはよくこのブログで漫画 ONE PIECE の引用で書いていたけれども日付までは覚えていなければいけないのかなと思うとそうではないのであろう。

世の中には『月命日』という表現があり例えば9月2日で言うと毎月2日は月命日になり毎月2日にお墓参りに行くという風習がある。うちの息子が去年10月2日に生まれたので、この一年毎月2日は生後何ヶ月になった日という記念日になっており奇しくも川上の命日と息子の11ヶ月が重なった形となった。多分これきっかけ彼の命日を忘れることがないのかもしれないななんて思う。

今年は息子を放っておけないのでワンオペでお墓のある町田市までは行けなそうだからお墓参りはしないつもりだけど、墓前で言うような話題はあるかなとか思ってみる。そういえばエヴァンゲリオン完結したなぁと。新劇場版が最初に公開されたのはあの日の前日、完結まで14年かかった。庵野秀明バカというような奴がどう見ていただろうか。偶然にもその数日前に久々にカワカミと同期のやつと他愛もない会話でLINEした『元中日の山本昌がドラマ出てるぞ!』って(笑)。あと、なんか小山田圭吾が追放されたぜ。

そろそろカワカミケンタという名前をカタカナではなく漢字表記にしようと思ったことがあった。同じように彼の死を悲しむ人は多数いると思っていて、書き続ける事が何かしらの彼を知るきっかけになればなんて思っていたからだ。改めて彼の名前を漢字表記で検索してみたところ既に同じ名前の人で別の人が活動をしているのを見て何か気が引ける思いになった。詳細プロフィールなどは見てはいないけれども、今を生きている人の名前を探している中に自ら命を絶った人の話が挟み込まれてしまうのも何か違うような気がしてならなくて、逆に死んでしまった扱いになっちゃうのは申し訳ないから結局はカタカナ表記に落ち着いた。

彼がいなくなってから14年経ち自らの意思とは裏腹に死んでしまったという知り合いを何人も見てきた。幸いなことに彼のように自らの意思で命を絶ったという人はいないはずだ。思いとどまって今ももこれを読めるような所にいるのかもしれない。たまに死んでしまいたいという主張を SNS で見ることがある果たして自殺は止められるのだろうかそんなことを考えている。自殺する人しない人思いとどまる人というのはたぶん決定的な違いがあるとするならば、大切な人を失ってしまった悲しみを持ってる人はその人を大切だと思っている人が悲しむということを思い出し踏みとどまるんではないかと思う。ただその経験がない人が突っ走ってしまうのかもしれないなと思う突っ走る人を止めることができるのか?でも止めたいと思った時は止めないといけないなと思うのであるいずれにせよ自殺は良くないそれは14年間変わらない彼がくれたものだ。

衝動的に会社帰りの電車でカワカミケンタに向けたDJ Mixを作った。あいつならどう思うかな?なんて思わなくなったのは14年経ってそろそろ転生したんじゃないかと思ったからだ。


全般ランキング



投稿者: shakson5

しまだくらぶです。生まれも育ちも住いも埼玉県の昭和54年早生まれの40代です。婚活の歴史とか趣味のDJとか色々お話して、皆さんの暇潰し等のお役に立ちたくてブログを書いております。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。