議席と政権の奪い方とミイラになった菅義偉【斜め下から見る菅義偉】

つまらない政治が面白くなってきた

つまらない政治のニュースがまた面白くなってきた。菅総理が次の自民党総裁選の不出馬を表明し、今日月曜日から総裁選の活動が本格化されるというニュースが流れている。自民党内部の話であって基本的には有権者にはあまり直接関与できない部分が多いのが自民党総裁選であり、言ったらお家騒動に過ぎないと見る向きはある。

自民党のお家騒動をどう見るか?

なぜなら私は自民党員だという人を見たことがないから、もっと言うと選挙に日頃行っているという人をあまり見かけていないというのが正直なところである。選挙権を得てから生まれてこの方ずっと選挙に毎回参加している自分にしてみれば政治の文句を言っている人を『選挙に行きもしないくせ』にと思いながら冷ややかに見ているのだが、常日頃そんなに文句を言いたいのなら選挙に行ってみなよと思っているのが本音ではあるが、そんな人は呆れて『投票しても何も変わらないのであれば行かないという選択肢を取っているかもしれないな』と思ったりもしはじめている。何にも変わらないのにわざわざ時間を割いて投票所に行くというのは無駄と考える人がいてもおかしくはないところであろう。それくらい、今政治にガッカリしてるし、その昔日本が【アメリカ合衆国51番目の州ジパング】に成り下がるのは死んでも嫌だとは思ってたけど、実はそれが一番幸せなのではないかとよぎる事だってある。

でも投票に行かないと世の中が変わらないというのが正直なところである。世の中の政治家は投票所に行って欲しいとは言いたがらない気がしませんか?なぜならそれによって計算しているはずの票数に乱れが起きてしまい自分の議席が危ういと思っている政治家が多いに違いないんじゃなかろうか。

政治を変える方法

日本の政治を変えるには投票率を上げる事、全国民の30%の意見で動いていた世界に更に20〜30%加わっただけでも景色は変わるのにと思う。でも、世の政治家たちは投票所に行ってくれとは訴えてはいない理由は保身だ。自民党議員はもちろんで低い投票率でもある程度の獲得票数が計算できているが故に自分の議席は確保されている。つまり同じ仕事をずっとしているだけで儲かると言うレールに乗っている。

最近ふと思うのだが野党の議員にも同じような事が蔓延してるんでなかろうか?つまり自民党を倒すだとか日本の仕組みを変えるとか言ってはいるけれども、やはり自分が一番可愛くて今以上の有権者が投票して自分以外の人に票が入ってくることによって今の立場が危うくなってるんじゃないか?そんな危惧をしたら保身には走るよなぁ。そんな気がする、あくまで有権者としての目ではあるが自分達の為に政治家が働いてるように見えないのだ。

私説、選挙の勝ち方

今の世の中で選挙に勝つ方法、自分なら有権者のために生きると腹を括って異常なまでに熱く演説する、大風呂敷を広げるような政策はぶち上げず、今を変えるために皆さんの代表で私は国会議事堂にいる妖怪たちと戦いに行く、すべてを包み隠さず情報は伝えるとした上で『今を変えたきゃ選挙に行くこと、私に投票することだ』とだから一緒に戦いましょう!と説く。

私説、政権の奪い方

自民党から政権を奪うために必要なこと、カリスマの登場だろう。菅義偉、小池百合子、安倍晋三に苛立ちを感じる理由は無感情で他人事な話し方にある。我々の苦しみとは関係ないけど喋ってるから腹が立つし、コロナ禍でのお願い演説にもなびけないのだ。【今不満だらけだろ?私もそうだよ。どうにか変えていこうじゃないか?】そんな人が現れたら世の中は一瞬で変わりそうだ。でも、仲間も必要になる。孤立して追い込まれたのが菅義偉となる。

私の自民党選挙体験

私、前職とある旅行会社にいた。2012から2014くらいでしょうか。そこがある選挙区の自民党選出の衆議院議員御用達で議員の個人旅行から出張、後援会の慰安旅行を請け負っていた。それが会社の収入の柱になっていたから選挙期間中は駆り出された。自民党不支持ではあったけど、大学時代政治学科だったからやったことない経験で楽しかった。

代議士は田舎街の会社役員で人脈だけで椅子に座れたような張本勲みたいな人で議員の椅子にふんぞり返って座って偉そうにしていた。そんな議員が恐れていたのが官房長官菅義偉だった。こう書くとやたら官って字ばかりだけど、とにかく「菅先生讃歌」だったらしいことを上司から伝え聞いていたので2020年菅義偉内閣成立時にはアンチ安倍晋三の心も相まってかなり期待してたけど、任期満了で終了でした。

ミイラになった菅義偉

就任時から安倍晋三から次の人へのリリーフ位に言われてたからね、欲出して続けようとしたけど、派閥にいないと何も出来なかったと言われたらそれまでですが。自民党政治の悪しき慣習は何も変わっていなかったのでした。

コロナ騒ぎのどうしょうもない中で嫌な役回りをよく引き受けたとも言えるのだろうけど、器じゃなかったんだろうなぁ。最新の自民党のポスターにはミイラみたいな人が映ってた。

  • 国民のために働く
  • 政治は国民のもの

どの口が言ってるんだろう?と言う感じだが次の総理大臣は血の通った『国民のために働く』人になって欲しいもんです。


全般ランキング



投稿者: shakson5

しまだくらぶです。生まれも育ちも住いも埼玉県の昭和54年早生まれの40代です。婚活の歴史とか趣味のDJとか色々お話して、皆さんの暇潰し等のお役に立ちたくてブログを書いております。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。