さあ選挙、新人以外は、保守の人【今日は川柳 2021年10月6日版】

その日に思いついた川柳とエピソードを語ります【今日は川柳】のお時間です。とにかく、東京五輪川柳が流行らなかったけどきっかけになりました(笑)。

【今日の川柳 2021年10月6日付】
さあ選挙
現職みんな
保守の人

昨日岸田文雄首相が衆議院議員の総選挙を10月31日ハロウィンに行うと発表しました。一般的には新政権のご祝儀で自民党に票が集まり、政権が安定する皮算用がなされているみたいな話がありますが、そうはいかないよと言う思いで日頃投票に行かない皆さんにもしっかりと投票を促す日々にしたいと思っています。

今日はみなさんが選挙に行く前提でお話させて下さい。とりあえず野党が語る「政権選択」なんてキーワードは取っ払って下さい。今回の選挙で自民党が政権を奪われるなんてシナリオはありえません。なぜなら野党もだらしないからです。今の野党に日本を任せるなんて思わないほうが良い、かと言って自民党が信にたり得るか?と言ってもそうでもない。

今日から20日以上、あります。皆さんは自分の票を託していい「個人」を選んで下さい。個人的には今回は政治家選択選挙になります。川柳に書いている通り現職の衆議院議員の先生方は政権を守る保守派と逆の革新派に分かれるんだと思われがちだけど、みんな自分の椅子を守ることばかりの保守の人ばかりです。

投票率が増えて困るのは与党ばかりではなく、票の計算が狂う野党のみなさんもしかりだと思うのです。皆さんが考えた末に自民党や立憲民主党の現職議員に票を入れるのも結構だと思います。大事なのは議員たちに「有権者は政治に興味ないから何しても大丈夫、国民チョロい」と言う認識を払拭させることです。選挙さえ頑張れば後は悠々自適に国民の税金で暮らせるみたいに思ってる政治家に緊張感を与えるために私達は投票しましょう。

名古屋港水族館のイワシがちんたら泳いでるからサメを入れたらビシッと泳ぎだしたみたいな話を聞いたことがありますが、今の政治もそんな感じです。

https://karapaia.com/archives/52122405.html

投票率を引き上げる→現役含めて政治家たちに緊張感が走る→ちょっとはマシな政治が展開される。この流れに期待すべきなのではないでしょうか。

とにかく選挙行きましょう。全有権者の3割以下に満たない人間の投票で動く日本が我慢ならんのです。


全般ランキング



投稿者: shakson5

しまだくらぶです。生まれも育ちも住いも埼玉県の昭和54年早生まれの40代です。婚活の歴史とか趣味のDJとか色々お話して、皆さんの暇潰し等のお役に立ちたくてブログを書いております。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。