詩人というちょっと昔の自分からの手紙『無名人インタビュー体験記』

9月に無名人インタビューと言う物に参加した。そもそもはSadakick君がインタビューしている記事も拝見して面白そうだからの自分も乗っかってみようと思い手をあげたのが事の発端だ。それではSadakick君のインタビューを。

これまでの人生で学生時代のいじめられない為にとか他人から見た自分というものを気にしすぎて縮こまってしまうような気がしていて、どちらかと言うと自分から自分という像を出していたことが多かった。

今回は新たな視点として他人から見た自分というのはどう見えているのかというのを知るのもいいのではないか?そんな気がして応募することにした。今回このインタビューを前後して自分なりにいろいろ思ったことを書くことにした。インタビューをすでに読んでいらっしゃる方もいるとは思うが読んだ方はメイキングを見るような感じで、まだインタビューを読んでいないという方は時系列を追って文章→インタビュー→文章と読んでいただけると楽しめるんじゃないかと思う。

2021年9月5日 インタビュー収録後

90分予定が伸びに伸びてインタビューが終わった。どんなふうになるかと楽しみにして実は事前に準備をしていたけれども予想外の方向に着陸したような気がする。

日付が決まってから2週間今日に至るまでいろんなシュミレーションをしてみたどんな話が軸になるかどうかこのインタビューの意義みたいなものを考えたりもしていた。こちらの方でこういったインタビューをしてほしいというような意向も考えていたけれども特にこちらの方で広告料を払っているわけでもないのでインタビューをするqbcさんのリードに乗っかることにした。

過去にインタビューというのはてるみくらぶ時代に就活サイトの社員インタビューの時以来でそれ以外は全く無くその時はもちろん会社紹介というテーマがあったが今回はあらかじめそういったレールがない状態でのスタートそして最終的にどんなふうな前口上でまとめられるかそれが楽しみでならない。

qbcさんの前口上がテレビ番組『A-STUDIO』における笑福亭鶴瓶その昔自分の DJ イベントの時に自作自演でインタビューをしたことがあるけれどもそれはあくまで自分と自分の会話なのでどう転ぶかはもちろん予想通り今回は全く会ったこともない人が興味を持ったことで進んでいくので行き先などは勿論わからなかったのである。ちょっとプロ野球のフリーエージェント資格を持った選手の気持ちに似てるような気がする。そこから移籍するしないは別にして他球団の評価を見てみたいなんていう気持ちに近いのかもしれない、どちらかといえば日々見えてる自分というよりも自分が見せたい自分というのを押し出しているところは大いにあるので中立的な第三者の視点からどう見えてくるのかというのは興味深い所はある。

ただこうやってブログなどで自分の思いなどを書いていく自分がいるわけでやはりそこは承認欲求の塊というのもあるし自分語りをしたい語りたい欲求というものの何十パーセントかは消費できたんじゃないかなと思う。ある意味これはおっさんレンタルに近いかなと思ったりするわけだがあちらはビジネスモデルとして成立しているにもかかわらず特に無償で行われている有名人インタビューはすごいなと思ったりするわけである。まあ、完成版が楽しみではある。

それでは私のインタビュー

読み終えて

読後というより、インタビュー記事を確認してこちらで加筆修正したり追加情報を書いたりして校了後に書いてます。なるほどそうなりましたかと言う感じですが、全ては自分が昔仕掛けた「詩人」と言うTwitterでの自己紹介が時限爆弾みたいになった感じで転がりました。これまでのマークだった主人というフレーズですが今回このインタビューと同じタイミングでいろいろリスタートをかけようと思っていたタイミングなので主人がまた一つキーワードをして動き出すような予感がしていますそれだけでもこのインタビューを受けた甲斐があったかなと思ったりもしている。やっぱり愛妻家みたいな印象になってしまうのかなあなんて思って予想はしていたけれども案の定そうなってしまったようだでもそれはしょうがない嘘じゃないし。滲み出る何かがインタビュアーの qbc さんの嗅覚に捕らえられてしまったのだ。なんらネガティブな要素はないのである。

入籍後半年ぐらいでコロナ騒ぎになってしまったので自分の結婚生活とかそういったものは文章でしか書いていない。あまりこれくらいの尺で話したことはなかったので、話すとしては何な悪い要素はないけれどもデトックスで体がすっきりしたような思いである。それこそおっさんレンタルみたいに今の楽しい会話がしづらい時代のセラピービジネスになってもおかしくないのにまだ無料で話を聞いてくれるそうだ。自薦制ですけど、是非話して欲しい人は沢山いるので参加すれば良いよ。自分語り、たまにはしたらどうですか?

なんとなく昔と今を並べてみます

Perfumeにハマってた頃の写真
志村けんの大爆笑展にて(2021年10月6日)


全般ランキング



投稿者: shakson5

しまだくらぶです。生まれも育ちも住いも埼玉県の昭和54年早生まれの40代です。婚活の歴史とか趣味のDJとか色々お話して、皆さんの暇潰し等のお役に立ちたくてブログを書いております。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。