スピッツがスパイスになるラーメン『草加·新田駅 GOOD LUCK』【豚の国から’21秋】

ラーメン戦国時代は終わったのでしょうか?天下を統一した店は現れない中で色んなジャンルが現れてその中で独自のポジションを得ているそんな感じかもしれません。更に複雑化されたジャンルの中で独自性を出さなきゃならんのだからラーメン屋も大変だ。

そんな中でコロナ時代も訪れた中で近所に新店が出来た。名前はGOOD LUCKという。

麺家 GOOD LUCK 総本店
埼玉県草加市金明町372-7
https://tabelog.com/saitama/A1102/A110203/11056172/

車で出掛けるときによく通る場所で、最近開店したのを車窓からも確認してて、口コミとかジャンルとか無視して入ってみようと思ったので「家系ラーメン」なのは到着して知った。どんな店か?が興味あったので味は二の次である。ビックリするような新しい味のラーメンなんて難しいと思ってる、ましてや評判も分からないらハードル低めだ。

食べたのはラーメンに煮玉子、ライスはサービスで付いた。デラックス的なメニューもあったけど、なんせ初めての店ですごい不味かったら背負わされる責任が重すぎるのでリスク回避の意味でスタンダードに走る。

味としてはシンプルにふつうな平均点の家系ラーメンだった。5段階評価で言う3である。クセも尖りもないまんまるとしたシンプルな家系ラーメンだった。味に関しては現時点でそれだけ。そんな平凡なら記録しないが書く理由がある。

この店を記録したい理由

店員さんは二人いた。若いあんちゃんって感じでちょっと軽いノリな印象がある二人なのだが非常に元気で清々しい。食べログでの他の人の話だとどこかの「〜家」で修行していたわけではなく独学で開業にこぎつけたそうだ。つまり伸び代がありそうだから期待したくなる。そういった意味でも何も尖ってない状態を味わえたのは貴重かもしれない。

音がスパイスになる

この店GOOD LUCKが気になる点は他にもあって店内に置かれたスピーカーにMarshallのロゴがついていてずっとスピッツが流れていたのだ。その昔、渋谷警察署の裏手にあった「すずらん」と言う味噌ラーメンの名店を思い出した。あそこは終始カーペンターズが流れていて寡黙そうな店主が声を出さずに口ずさんでいたのを思い出す。そういった音楽も音楽好きとしてはスパイスになる、スピッツ聞きながらのラーメンは斬新だった。

スピッツがかかっていた明確な意図は分からない。本当にスピッツが好きなのか、開業を夢見たて離脱した3人目のメンバーが好きだったのかもしれないし、居合わせた客にスピッツ大好きな常連がいたのかも?謎は尽きない。

おそらくまだまだ伸び代があると思われるこの店、また訪ねようと思う。ひとまずはごちそうさまでした。


全般ランキング



投稿者: shakson5

しまだくらぶです。生まれも育ちも住いも埼玉県の昭和54年早生まれの40代です。婚活の歴史とか趣味のDJとか色々お話して、皆さんの暇潰し等のお役に立ちたくてブログを書いております。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。