かしゆかが『有安杏果』といったぞ!【斜め下から見るマスクドシンガーの世界 エピソード3】

前説

毎回、見たことない方に『この文章は盛大にマスクドシンガーのネタバレブログだから、バラしたくない方は見た後にどうぞ』みたいな感じのアイドリングトークみたいなものを前説と称しております。

今回見るきっかけになったのはMCが大泉洋だからです。2002年に水曜どうでしょうで好きになって以来追いかけてますが今となってはNHK『SONGS』位しか最新の洋ちゃんを見られませんのでこういう機会は楽しいです。

しかも、マスクドシンガーのスタッフは『水曜どうでしょう』テイストを感じさせるような仕掛けをしてるような気がしてまして、最初の『大泉洋でございます』なんて挨拶に感じますし、最後にマスクを取らせる瞬間の『あなたは誰だ』みたいなくだりはレギュラー放送最終作のベトナムの前枠後枠を連想したりするのは水曜どうでしょうマニア故なのでしょうか(笑)。

本文に先立ちまして!

これはエピソード毎に楽しんだあとに私が感想を書くブログで。見た方と感想を共有したくて書いています。ご覧になる予定で先々が楽しみな方は予告編後に移動されますようお願い申し上げます。

ちなみに私なりに斜め下に見てまして、こんな感じで楽しんでますってのをご紹介します。本編は下からです。

https://sqop.club/2021/10/17/%e7%9c%9f%e6%ad%a3%e9%9d%a2%e3%81%98%e3%82%83%e3%81%aa%e3%81%84%e6%96%b9%e3%81%8c%e6%a5%bd%e3%81%97%e3%81%84%e3%82%88%e3%80%81%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%89%e3%82%b7%e3%83%b3%e3%82%ac%e3%83%bc/


全般ランキング



お待たせ!ここから本文です。

今回は勝ち残っている5名のシンガーによる対抗戦形式で一人が落選するというものでした。正直、感情の起伏はございませんでした。

③-1 かしゆかが「有安杏果」を挙げたネオンパンダ(予想峯岸みなみ)

エピソード3のピークは最初です。峯岸みなみが「Yeah!めっちゃホリディ/松浦亜弥」を歌った後にクルービデオでの「私はグループの中では緑、赤にはなれなかった」と言うコメントを受けて、Perfumeかしゆかが有安杏果の名前を挙げた瞬間でした。Perfumeもももクロも好きな知り合い多いから『こんなシーンあるから見たほうが良いよ』と薦めたくて今回のタイトルも合わせました。

そもそも収録2020年で有安杏果は元ももクロなわけで、そんな状況下で有安の名前が出して放送に乗ってるのが私には衝撃的でした。有安ってももクロから良い辞め方をしてないと思ってるから余計に。

③-2 謎深まるローズ(予想水野美紀)

『PRIDE/今井美樹』を歌いました。特に大きなヒントはなくてクルービデオにおける『ドラマに出てた頃が懐かしい』みたいなシーンのロケ地が明らかにお台場でフジテレビで主役とかなると前回出した木村佳乃、観月ありさもありかなと思いましたが舞台演出してると言うポイントから水野美紀キープします。

③-3 落ちるべくしてT-REX(哀川翔)

エピソード3でマスクを脱いだのはT-REXでした哀川翔でした。『完全無欠のロックンローラー』じゃあ持たないよねってのと哀川翔とわかってしまっては見る方ももたないよねってところでしょうか。まあ役割としては十分でしょう。見てる人に当てる喜びを伝えたわけですから。それにしてもマスクの下のドーランやけに茶色かった(笑)。

③-4 天下の小林幸子の次に期待!エスカルゴ(予想小林幸子)

何を歌わしても凄い小林幸子、今回は『糸/中島みゆき』でした。カラオケのど定番みたいなものも小林幸子節に巻き込んじゃうから圧巻でした。エスカルゴパートに関してはパネラーが明らかな小林幸子をどうはぐらかすか?と言うゲームになってますが今回は『天下の小林幸子さんが出るわけない』と言う水原希子の台詞が印象的でした。

③-5 紅→炎と赤だらけな連獅子(予想米良美一)

今回『炎/LiSA』を歌い上げた米良美一、凄まじい歌唱でした。率直に次は何を歌うのか楽しみになりました。そして、前回紅、今回は炎と赤イメージで来ましたから次は連獅子のもう一方白イメージで来るのかなと思ったら思いつくのは「白い恋人達」「WHITE LOVE」とか冬物が多いですね。あれだけの声という武器があるとなんでもやれそうだから楽しみです。

峯岸みなみと水野美紀と哀川翔と小林幸子と米良美一が戦う

あまり意識してませんでしたがこのマッチアップ狂ってますね。エピソード2で上がったギアが一気に落ちたわ位に思ったけど俯瞰で見ると狂ってたそんなエピソード3でした。コメディパートとしてバカリズムの後に座ったアンジャッシュ児嶋一哉ですが演技上手くて「児島だよ」って言うだけで売れてるからあの席は酷ですね。お笑いの世界を渡部建が誘ったなんてエピソード思い出しました。ふと、思ったけどローズ佐々木希だったら度肝抜かれますね。

投稿者: shakson5

しまだくらぶです。生まれも育ちも住いも埼玉県の昭和54年早生まれの40代です。婚活の歴史とか趣味のDJとか色々お話して、皆さんの暇潰し等のお役に立ちたくてブログを書いております。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。