コロナ禍で/元気してたか?/こっくりさん【今日は川柳 】

その日に思いついた川柳とエピソードを語ります【今日は川柳】のお時間です。とにかく、東京五輪川柳が流行らなかったけどきっかけになりました(笑)。今日は久々の再会のお話。

【今日の川柳 2021年11月26日版】
コロナ禍で
元気してたか?
こっくりさん


全般ランキング



職場のマンションに日本育ちの外国人小学二年生がいて、最近認知してくれたみたいでその子の塾帰りに話しかけてくれるようになった。

つい先日そんな彼が話しかけてきたことは『こっくりさんって知ってる?』という話だった。生まれてこの方、こっくりさんと言うと鉛筆を立ててみんなで話しかけるあのこっくりさんしか記憶にいないので彼が言うこっくりさんと同一人物だと思われる。こちらも『知ってるよ』という話をしたんだけども、彼からの質問は『何時ぐらいに知ったの?』のということだったので小学校2年生くらいかなという返答をして、えーそうなんだ位のリアクションをしていた彼が私に去り際に聞いてきた。

死んだ人いた?

『死んだ人いた?』なかなかざっくり来る質問。そう言えば、こっくりさんに手を出したら誰か死ぬとかあったよなぁなんて思い出す。別段こっくりさんをやって死んだ同級生などはいなかったのでもちろん『いないよ』と答えたわけだけれども、あれから30年以上経ち、同級生の消息を全員分知る由もなく、ましてやこっくりさん期は小学生の頃で個人的には暗黒時代だから思い入れもクソもない。

もしかしたら何人かはこっくりさんの後遺症で死んでいたりするのかもしれないし、ある意味では知り合いとの交流もなくなるという意味では『何人も死んだ』と言って過言でもないのかなあなどと思った。

考えてみたらこっくりさんをやっている人たちを内野だとしたら自分は外野の方でそれを冷たい目で見ていたなと思い出したつまりこっくりさんをやっているプレイヤーたちはほとんど仲良くしていた人ではなかっただから死んだ人はいなかったという答えは正解だったんだと思う。

こっくりさん、接触し放題の遊びだからもしかしたらそのカルト性以上に『接触するから』禁じられた遊びになってたりするのかもしれない。それをやりだしたのだからこれも規制緩和なのかもしれませんが各々抜かりなく。

投稿者: shakson5

しまだくらぶです。生まれも育ちも住いも埼玉県の昭和54年早生まれの40代です。婚活の歴史とか趣味のDJとか色々お話して、皆さんの暇潰し等のお役に立ちたくてブログを書いております。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。