ピッタリした辛さの辛いつけ麺『銀座梵天』【豚の国から ’21小雪】

色々なグルメ日記をこちらでは『豚の国から』として紹介してます。「北の国から」オマージュしていますが今回から《暦の上では》から天気予報で語られる二十四節気を用いることにしました。 全般ランキング 2021年11月24日昼、続きを読む “ピッタリした辛さの辛いつけ麺『銀座梵天』【豚の国から ’21小雪】”

かなしいおじさん、シザーハンズに似た哀愁と美味しいしらすご飯【世界はほしいもにあふれていない】

『世界はほしいもにあふれていない』三浦春馬が自殺したあたりになんとなく皮肉を込めて付けていたこのタイトルはどうやら『ジャンル化出来ない世間話』を話す時に用いていたらしい。今日はそんな話をします。私の職場にはかなしいおじさ続きを読む “かなしいおじさん、シザーハンズに似た哀愁と美味しいしらすご飯【世界はほしいもにあふれていない】”

味噌ラーメンの理想形『麺処 花田 池袋本店』【豚の国から’21 初秋】

麺ストーリーは突然に! スイッチはたまたま入るものである。その日我が家のストックの米がなくなり昼は外食にしようかなと思っていた夜勤明けの日、たまたま眼鏡の調子が悪く調整をしてもらおうと行きつけの眼鏡屋に行くことにした。眼続きを読む “味噌ラーメンの理想形『麺処 花田 池袋本店』【豚の国から’21 初秋】”

浦和ではなく草加にありし蕎麦美味し『美その』【豚の国から’21梅雨】

妻が美容師でして、お客さんから美味しいお蕎麦屋さんとして紹介されたそうで独りランチで行ってみました。よく使う道路沿いに店舗はありましたが気にしてみないと分かもどっしりとした店構えした。 入口に「美そのランチ12時まで入店続きを読む “浦和ではなく草加にありし蕎麦美味し『美その』【豚の国から’21梅雨】”

豚の国から’21春【越谷・麵屋藤吉郎】

車に乗ってると車窓から見える店が異常に気になることがある。今回の藤吉郎という店は埼玉県の越谷にあるラーメン店で年跨ぎで気になってしょうがなかったラーメン店である。色々な事情があって10月に生まれた息子を生む病院は住んでい続きを読む “豚の国から’21春【越谷・麵屋藤吉郎】”

悲しい時は悲しい歌が良いらしい「世界はほしいもにあふれてない」

有名な話だろうけど「悲しい時はアップテンポな曲ではなくて悲しい曲でうちひしがれた方が良いらしい」とよく聞きます。なんとなくで思ってましたが、これはアメリカの精神科医が1950年代には提唱してるらしくて『悲しい時に悲しい曲続きを読む “悲しい時は悲しい歌が良いらしい「世界はほしいもにあふれてない」”