エコじゃなく/エゴで動いた/体育の日【今日は川柳 2021年10月10日版】

その日に思いついた川柳とエピソードを語ります【今日は川柳】のお時間です。とにかく、東京五輪川柳が流行らなかったけどきっかけになりました(笑)。

【今日の川柳 2021年10月10日版】
エコじゃなく
エゴで動いた
体育の日

10月10日が体育の日だと言うのは昭和人の古い発想なのは否定しませんがさんざん盛り上げていた1964年の東京五輪の開会式の日をきっかけに設定されたことは揺るぎない事実です。それが2000年から連休欲しさに10月の第2月曜になり挙句の果ては2020年からはスポーツの日になりこの数年はTOKYO2020の為に7月になっていたと言うブレブレ加減。

1964年がレガシィだと言うなら10月の祝日を安易に動かすのはどうなんだろうね。こちらはシフト勤務だから休み増えませんけど、あの頃しゃかりきに頑張った人への敬意を払う意味で残すべきだったと思います。ちなみに来年10月10日に体育の日が帰ってくると思ったらスポーツの日らしいから再び釈然としない日になるのでしょうな。


全般ランキング



371日目、一年は早いけど365日は長い【人生最大のエンタメ】


全般ランキング

息子の話を語る【人生最大のエンタメ】です。当初は誰かの役に立つようにと思いましたけど、いつしかニーズとかを無視して書いてますね(笑)。

今日は10/9ですから7日前10/2に息子が初めての誕生日を迎えまして私の実家から一升餅を貰って担がせたりしてました。

最近の成長『喋りだす』

最近の変化と言うと喋りだしたことでしょうか。当たり前ですが会話はしませんよ、一人気の向くままお喋りしてます。もちろんおぼつかないしコンスタントではないけど「ママ」や「パパ」というようになった。端から見たら言ってないかもしれないけど(笑)、受け手のこっちはそう聞こえるのだから言っているに違いない。

9/20敬老の日、私は出勤だったが妻が初めて「パパ」と喋った動画を送ってくれた。それは嬉しくてSNSに出さないけど、妻にも息子が「ママ」と言う動画を撮影して送りたいとは思うけど、なかなか口にはしない。やっぱり賢いのだろう『ママじゃないから言うわけ無いじゃん』みたいなとこなのだろう。そして、言い出したらパパを連呼する息子に『これを言えば喜ぶから言いまくろう』みたいな作戦を感じたりする。

2月に鴨川シーワールドに行った時に「イルカって赤ちゃんより賢い」なんて思ってたけど、今は子猿みたいな大きさでイルカみたいな高音を発し喋りだす姿にやっぱり人間だなぁと関心する。あと、まだアニメも絵本も見たことないのに『アンパンマン』と呼び掛けると凄いご機嫌になる。語感が気持ちいいとかなのだろうか。もしかしたら、ママとパパのどちらのワードも入ってるから彼にとってはジャンケンの無敵みたいな最強ワードなのかもしれない。

ちなみに前にも話しましたが将来的に「パパ」とは呼ばれたくない人なんです。理由はタレントのヒロミ夫妻が互いにパパママと呼び合う事にダサさしか感じないからです。ただ、確実にこちらを呼ぶ時に語りかけるパパは全部拾ってますね(笑)。

最近の成長『踊りだす』

Eテレの音楽に合わせたり歌番組で歌う桜井和寿に見入って膝使ってリズム取ったりします。お風呂で今まで私の体の上で大人しかったけど、最近は入れるなり動きたがり風呂の縁を掴んでつかまり立ちしちゃって入浴と言うよりも半身浴に近い感じです。

相変わらず英語を馴染ませるために洋楽を積極的にかけてるけど、音楽全般は好きらしく小沢健二聞かせても好感触だったんだけど、最近ビートルズの『1』を聞かせたら終始ご機嫌だった。1歳になったと本人気付いてるんだと勝手に思ってます。

一年は早いけど365日は長い

「息子さん生まれてからもう一年ですか早いですねぇ」なんて職場で言われて相槌打っちゃったけど、実感は長かったですね。年を経ると体内時計が早く感じるみたいな話はあるし、確かに最近早く感じてはいたけど、赤ちゃんの時計が混じったから時の流れがゆっくりしたんでしょうか。

むしろ、こんだけ思い出あるんだからそんな素早く終わるわけないよね。生まれた前後の記憶は未だ鮮明だし、生まれた日に当たる金曜日は特別な感情をいだきます。これからはそんなに息子の話をする頻度も減るだろうなぁと思ったら、早速一歳記念のバースデーフォトが凄かった話したいけど、長くなるから今日はこのへんで。語り足りないこと2つだけ箇条書きにします。

  • Eテレの「みいつけた」が本当に子供番組と言えるのか?作家陣とかサボさんのキャラとか大人向き。
  • 「いないいないばぁ」冒頭のはるきの挨拶『みんな元気ぃ』に千葉の英雄JAGUARさんへのオマージュなんじゃないか?って度々思う。

余談ですが、妻の妊娠が分かった2020年の2月、私の誕生日と近くて、記念にジョン・レノンモデルの眼鏡を自分の誕生日祝に買いましたが誰にも話す機会なかったのでここでお伝えします。だから、この文章はジョン・レノンの誕生日にアップしたわけで。

野生の父性

この話、実は10月6日書き終えて10月9日アップにそなえてたんだけど、10月7日に千葉県を震源とした地震があり、私が住んでたところは2011年3月11日以来の震度5弱を記録しました。幸いライフラインに問題なく、台所の食器がずれ、息子の衣装ケースが落下、玄関の厄除札が落下くらいで済みました。

ちょっと揺れて「地震だわ」と思ったら久々な緊急地震速報が鳴り出しまして、その時キッチンにいたんだけど一目散に息子のところへ行ったらスヤスヤ寝てて、とりあえず落下物から身を守ろうと息子に覆いかぶさりました。特に何もなく終わったんだけど、落ち着いて色んな人のつぶやき見ながら『地震時は我が家で一番高額な大型テレビ押さえてました』みたいな話を見ながら、本能で動いてたから自分にとっての息子の価値みたいなものを思いつつ、きっと最適解は「息子を抱えて妻と一緒の場所で揺れが収まるのを待つ」だったんだろうなぁと思った。最後に深夜に鳴り響く放送で締めます。

この気持ちはなんだろう「谷川俊太郎 1983年」【ポケットが名言でいっぱい14】


全般ランキング



令和の永六輔になるべく色んな言葉を名言を集めてます。最近気になったのがこちらです。

キングオブコントにて

2021年10月2日に開催された「キングオブコント決勝」にてザ・マミィが披露した一本目のネタのオチで使われていた謎の歌の正体がわかった。「伊集院光 深夜の馬鹿力」というラジオで知ったわけだがこれは谷川俊太郎作詞木下牧子作曲の合唱曲の一部から引用したものだったのだそうだ。ラジオ番組の一番最初の曲として伊集院光がなんの前フリもなく「春に」というこの曲の紹介をし始めた時に何が始まるんだろうと思っていたら聞き覚えのあるあのフレーズが流れてきた。聞いてまず思い浮かぶたのはキングオブコントでのあの二人の熱唱である第一印象としてはキングオブコント内でのあの二人の熱唱が思い浮かぶからばかばかしいように大人が歌う歌として見えていたのがまさか合唱だとは思いもよらなかった、しかも谷川俊太郎と木下牧子という二大巨頭の作品だったというのは衝撃だった。

合唱部員にとっての木下牧子

筆者は元合唱部で高校時代捧げてきたというわけではないけれども合唱をかじってきた人間なので、「作曲:木下牧子」と聞いて合唱コンクールの県大会で審査員席にいて自分の高校に木下先生だけ低い点をつけたということにより関東大会行きを逃したという因縁を思い出す(笑)。そして作詞家谷川俊太郎は言うまでもない自分にとっては憧れの人であり詩人を目指そうと思っていた頃のきっかけの人でもあるのだ。そんな黄金タッグの作品は1989年に発表され徐々に中高生に広まっていったそうだが私の高校時代に当たる1994~1996年には聞いたことがない。

ザ・マミィの話に戻ろう

ただ、この中学校の合唱曲の定番だったと言う前提を踏まえると、あのキングオブコントを見返すとザ・マミィのネタでの客席の盛り上がりは2コーラス目の方が大きくてそれは「あの曲だわぁ」みたいな共感だったに違いない。審査員の採点は同じ人力舎だった東京03飯塚悟志だけ95点以下だったけど軒並み高得点で松本人志もああいう急に歌いだすみたいなコント好きそうだよなぁと思ったら案の定高かったんだけど、まさか実際ある歌とはと後日談で知った42歳おじさんです。

ファイナルステージでも「ドラマっぽい」みたいなネタ同様に悪ふざけが過ぎてて良いなと思いますが今年は訳あって空気階段贔屓だったので来年楽しみですと伝えたいです。

谷川俊太郎に戻る

あのザ・マミィの歌いっぷりから流行るところでは流行りそうな「この気持ちは何だろう」だけど今年の流行語大賞は無理でしょう。ノミネートまで一ヶ月ですから諦めざるを得ないけど、来年なら?なんて淡い期待を持つ。谷川俊太郎好きとして未だかつて彼が放った言葉が流行語になってないだろうから(きっと本人は求めてない)、その瞬間に立ち会いたい思いが強い。谷川俊太郎がコメントを求められて「この気持ちは何だろう」なんて粋に返してくれるところまでが夢ですね。ちなみに1983年発表されたそうで38年経って流行るとかもなんかドラマチック(笑)。

詩人というちょっと昔の自分からの手紙『無名人インタビュー体験記』

9月に無名人インタビューと言う物に参加した。そもそもはSadakick君がインタビューしている記事も拝見して面白そうだからの自分も乗っかってみようと思い手をあげたのが事の発端だ。それではSadakick君のインタビューを。

これまでの人生で学生時代のいじめられない為にとか他人から見た自分というものを気にしすぎて縮こまってしまうような気がしていて、どちらかと言うと自分から自分という像を出していたことが多かった。

今回は新たな視点として他人から見た自分というのはどう見えているのかというのを知るのもいいのではないか?そんな気がして応募することにした。今回このインタビューを前後して自分なりにいろいろ思ったことを書くことにした。インタビューをすでに読んでいらっしゃる方もいるとは思うが読んだ方はメイキングを見るような感じで、まだインタビューを読んでいないという方は時系列を追って文章→インタビュー→文章と読んでいただけると楽しめるんじゃないかと思う。

2021年9月5日 インタビュー収録後

90分予定が伸びに伸びてインタビューが終わった。どんなふうになるかと楽しみにして実は事前に準備をしていたけれども予想外の方向に着陸したような気がする。

日付が決まってから2週間今日に至るまでいろんなシュミレーションをしてみたどんな話が軸になるかどうかこのインタビューの意義みたいなものを考えたりもしていた。こちらの方でこういったインタビューをしてほしいというような意向も考えていたけれども特にこちらの方で広告料を払っているわけでもないのでインタビューをするqbcさんのリードに乗っかることにした。

過去にインタビューというのはてるみくらぶ時代に就活サイトの社員インタビューの時以来でそれ以外は全く無くその時はもちろん会社紹介というテーマがあったが今回はあらかじめそういったレールがない状態でのスタートそして最終的にどんなふうな前口上でまとめられるかそれが楽しみでならない。

qbcさんの前口上がテレビ番組『A-STUDIO』における笑福亭鶴瓶その昔自分の DJ イベントの時に自作自演でインタビューをしたことがあるけれどもそれはあくまで自分と自分の会話なのでどう転ぶかはもちろん予想通り今回は全く会ったこともない人が興味を持ったことで進んでいくので行き先などは勿論わからなかったのである。ちょっとプロ野球のフリーエージェント資格を持った選手の気持ちに似てるような気がする。そこから移籍するしないは別にして他球団の評価を見てみたいなんていう気持ちに近いのかもしれない、どちらかといえば日々見えてる自分というよりも自分が見せたい自分というのを押し出しているところは大いにあるので中立的な第三者の視点からどう見えてくるのかというのは興味深い所はある。

ただこうやってブログなどで自分の思いなどを書いていく自分がいるわけでやはりそこは承認欲求の塊というのもあるし自分語りをしたい語りたい欲求というものの何十パーセントかは消費できたんじゃないかなと思う。ある意味これはおっさんレンタルに近いかなと思ったりするわけだがあちらはビジネスモデルとして成立しているにもかかわらず特に無償で行われている有名人インタビューはすごいなと思ったりするわけである。まあ、完成版が楽しみではある。

それでは私のインタビュー

読み終えて

読後というより、インタビュー記事を確認してこちらで加筆修正したり追加情報を書いたりして校了後に書いてます。なるほどそうなりましたかと言う感じですが、全ては自分が昔仕掛けた「詩人」と言うTwitterでの自己紹介が時限爆弾みたいになった感じで転がりました。これまでのマークだった主人というフレーズですが今回このインタビューと同じタイミングでいろいろリスタートをかけようと思っていたタイミングなので主人がまた一つキーワードをして動き出すような予感がしていますそれだけでもこのインタビューを受けた甲斐があったかなと思ったりもしている。やっぱり愛妻家みたいな印象になってしまうのかなあなんて思って予想はしていたけれども案の定そうなってしまったようだでもそれはしょうがない嘘じゃないし。滲み出る何かがインタビュアーの qbc さんの嗅覚に捕らえられてしまったのだ。なんらネガティブな要素はないのである。

入籍後半年ぐらいでコロナ騒ぎになってしまったので自分の結婚生活とかそういったものは文章でしか書いていない。あまりこれくらいの尺で話したことはなかったので、話すとしては何な悪い要素はないけれどもデトックスで体がすっきりしたような思いである。それこそおっさんレンタルみたいに今の楽しい会話がしづらい時代のセラピービジネスになってもおかしくないのにまだ無料で話を聞いてくれるそうだ。自薦制ですけど、是非話して欲しい人は沢山いるので参加すれば良いよ。自分語り、たまにはしたらどうですか?

なんとなく昔と今を並べてみます

Perfumeにハマってた頃の写真
志村けんの大爆笑展にて(2021年10月6日)


全般ランキング



さあ選挙、新人以外は、保守の人【今日は川柳 2021年10月6日版】

その日に思いついた川柳とエピソードを語ります【今日は川柳】のお時間です。とにかく、東京五輪川柳が流行らなかったけどきっかけになりました(笑)。

【今日の川柳 2021年10月6日付】
さあ選挙
現職みんな
保守の人

昨日岸田文雄首相が衆議院議員の総選挙を10月31日ハロウィンに行うと発表しました。一般的には新政権のご祝儀で自民党に票が集まり、政権が安定する皮算用がなされているみたいな話がありますが、そうはいかないよと言う思いで日頃投票に行かない皆さんにもしっかりと投票を促す日々にしたいと思っています。

今日はみなさんが選挙に行く前提でお話させて下さい。とりあえず野党が語る「政権選択」なんてキーワードは取っ払って下さい。今回の選挙で自民党が政権を奪われるなんてシナリオはありえません。なぜなら野党もだらしないからです。今の野党に日本を任せるなんて思わないほうが良い、かと言って自民党が信にたり得るか?と言ってもそうでもない。

今日から20日以上、あります。皆さんは自分の票を託していい「個人」を選んで下さい。個人的には今回は政治家選択選挙になります。川柳に書いている通り現職の衆議院議員の先生方は政権を守る保守派と逆の革新派に分かれるんだと思われがちだけど、みんな自分の椅子を守ることばかりの保守の人ばかりです。

投票率が増えて困るのは与党ばかりではなく、票の計算が狂う野党のみなさんもしかりだと思うのです。皆さんが考えた末に自民党や立憲民主党の現職議員に票を入れるのも結構だと思います。大事なのは議員たちに「有権者は政治に興味ないから何しても大丈夫、国民チョロい」と言う認識を払拭させることです。選挙さえ頑張れば後は悠々自適に国民の税金で暮らせるみたいに思ってる政治家に緊張感を与えるために私達は投票しましょう。

名古屋港水族館のイワシがちんたら泳いでるからサメを入れたらビシッと泳ぎだしたみたいな話を聞いたことがありますが、今の政治もそんな感じです。

https://karapaia.com/archives/52122405.html

投票率を引き上げる→現役含めて政治家たちに緊張感が走る→ちょっとはマシな政治が展開される。この流れに期待すべきなのではないでしょうか。

とにかく選挙行きましょう。全有権者の3割以下に満たない人間の投票で動く日本が我慢ならんのです。


全般ランキング



【頭内十曲】令和3年10月3日(日)付『決戦に備える曲』

そのタイミングで聞きたい10曲をご紹介します日曜日恒例【頭内十曲】のお時間です。つい先程、久々の挑戦が終わりました。受からないと詳細レポート書きませんけど、とある国家試験に挑みました。決戦に向けた電車の中で聞く予定で前日に決めた10曲をご紹介します。

  1. 止まらないHaHa/矢沢永吉
  2. カナリヤ鳴く空/東京スカパラダイスオーケストラ
  3. 行くぜっ!怪盗少女/ももいろクローバー
  4. できっこないをやらなくちゃ/サンボマスター
  5. スパルタンX/ジャッキー·チェン
  6. DEVIL/COCOBAT
  7. 地獄でなぜ悪い/星野源
  8. JUMP/忌野清志郎
  9. progress/kokua
  10. 春夏秋冬/泉谷しげる

無事なのかどうかはわかりませんが終わりました。ギリギリまでまとめていたノートを読んだり、前夜から自分の中のスイッチがかかっちゃって落ち着かなかったりしたので落ち着こうとなりましてこんな10曲になりました。

  1. 栄光の架橋/ゆず
  2. 雨のち晴レルヤ/ゆず
  3. 虹/ゆず
  4. 飛べない鳥/ゆず
  5. いつか/ゆず
  6. 炎のファイター(アントニオ猪木)
  7. スパルタンX(三沢光晴)
  8. サンライズ(スタン·ハンセン)
  9. パワーホール(長州力)
  10. HOLD OUT(武藤敬司)
  11. 爆勝宣言(橋本真也)

そんなわけで11曲になりました。しかも、ゆずのベストからプロレスの曲になりましたとさ。


全般ランキング



夢の中へ連れてって 第四捨壱幕【令和3(2021)年9月】

月末恒例の見た夢を一ヶ月分まとめて記憶のあるものを書き貯めてご紹介する企画です。全国の夢好きな皆さん、お待たせしました。今月は10本です。なんかリアルで悲しいやつが多いです。まあ追い詰められてるんだと思います。

9月1日(水)
街ナカで『足を踏まれた』と因縁を付けてきたのは中学時代にヤンキーだったTでやたら付きまとってくるのでしょうがなくヘコヘコと鞄持ちをやる。中学当時はタメ語だったのを敬語に変えたりしながら。途中でTが姿を消したので逃げるみたいななんか逃走劇みたいな夢。

9月3日(金)
渋谷駅から地下鉄を使って帰る夢。東京メトロ半蔵門線で変えればスムーズにもかかわらずなぜか銀座線を使って上野経由で帰っていた。

9月8日(水)
実家での土屋太鳳との密会が両親にばれる。隠していたつもりが行動の不思議さでばれた。

9月12日(日)
モナコみたいな温泉街にあるエグいカーブを曲がりきれず事故する夢。

9月15日(水)
父が長渕剛でしかも荒くれてた頃のバージョンで殴られて泣き果てる母を見るしかない悲しい展開。

9月16日(木)
ハワイ旅行に行く成田空港にて。飛行機がクアラルンプール国際空港経由で行くから時間潰しの本を持ってないことを悔いる。しかも、国家資格試験の勉強出来たじゃんとか後悔して起きる。

9月17日(金)
母の友人の家にお邪魔する。そこにご友人の娘夫婦が来ていた。2歳ぐらいの娘さんがいるその家庭でまもなく男の子が生まれるそうで旦那さんが『いよいよパパになれるんだ』とワクワクしているのを見て娘を育てている段階ではそういう父親の時間てないのかななんて母親と話していた。

9月19日(日)
フジテレビ主催の超豪華パーティーがあり、イギリス王室からベストピアニストとして小室哲哉と共に勲章を貰った。他にも明石家さんまが近くにある急坂を車椅子で駆け降りて盛り上げてる時にヤクザの車に当たり賠償請求問題になり、会場が静まり返ったりする。
会の終盤にSexy Zone中島健人に因縁を付ける奴が警備網をくぐって乱入、誰も警備が来ないから止む無く俺が止めに入る『おい、俺らのジャニーズ愛なめんなよ』と言う決め台詞を引き金に全員で生中継されてるのお構いなしに袋叩きにしようとする。決め台詞後に目が覚めたけど、しばらく寝られなくなった。

9月27日(月)
放火犯になる直前の夢を見た。

9月29日(水)
試験結果が届く、何故か2通来て正答率39%と58%、ちなみに合格ラインは65%。


全般ランキング



欲望のかたまり【斜め下から見る試験直前】

甚だしく個人的な話ですが来週日曜日の10月3日にとある国家試験に挑みます。細かい話は受かってから喋ります。今年のゴールデンウィークくらいから始めて5ヶ月に及ぶ闘いがまもなく集結します。

発端はそれを取得したら資格給が月10000円入るからではありますが、ぶっちゃけ今の業務は何かあったら動くって言うパッシブ(受け身の意味、試験勉強で覚えた)な業務だから時間を持て余してるんです。パソコン使って業務するから情報収集も兼ねてインターネット見てもやることなくてクソみたいなネットニュース読み尽くしちゃって(笑)、携帯電話でブログ書いてたらそれはそれでお客さんに心象が悪い。で、新年度始まったら社内報で資格給貰えると聞いて始めてみました。

お金の為にやり始めたけど、割と業務に近くて勉強になるし、しっかり仕事もこなしながら家事育児もこなして合格したら同僚達にマウント取れるなぁとか下心も出つつあります。

個人的に試験勉強するにあたり決めてることがあってそれは「極力家庭に持ち込まない。一人の時間でしか勉強しない」ってこと。赤ちゃんにミルクあげたり料理しながら勉強しないぞ!と決めたりしてます。試験勉強やってたことで割りとやってなかったことが多くてリストアップしようかなと思います。

  • 美味いラーメン食べたい
  • 9月が命日だったカワカミの墓参り
  • ドラマ「教場」を最初から見る
  • シャイニングを見る
  • 寄席に行く
  • 圓生百席を借りてコンプリートする
  • 映画館に行く
  • 録画したけど見てない映画を見る
  • アマゾンプライム1年無料に入る
  • ラジオブログを書く
  • 買って読んでない本を読み漁る
  • 銭湯に行く
  • ブログ書きまくる

あくまでも個人的な目標です。家族の話は別です。猪木イズムが染み込んでるから「初めから負けること考えてるバカじゃない」ですが多分一発勝負です。業務中にやることない時に本読めば真面目にやってるように見られると分かったのは収穫ですね(笑)。自己分析で合格ラインギリギリなので必死に食らいつきたいと思います。以上、私信です。


全般ランキング



【頭内十曲】令和3年9月26日(日)付『マスカレード・ナイト公開記念 trf の10曲』

そのタイミングで聞きたい10曲をご紹介します日曜日恒例【頭内十曲】のお時間です。木村拓哉、長澤まさみ主演の映画『マスカレード・ナイト』公開になりまして、マスカレードと言えばtrf だとDJ Mixを作成しました。

まあ、さして聞かれてませんから聞いてほしい宣伝の意味を込めつつ改めて流れは無視して思いつく限りtrf の曲を並べてみることにしました。

  1. Overnight Sensation~時代はあなたに委ねてる
  2. CRAZY GONNA CRAZY
  3. 寒い夜だから
  4. BOY MEETS GIRL
  5. SEE THE SKY~1999…月が地球にKISSをする~
  6. EZ DO DANCE
  7. Love & Peace Forever
  8. BRAND NEW TOMORROW
  9. Silver and Gold dance
  10. Masquerade

そんなわけでいつもと違い、今回は好きな順に並べてみることにしました。一般的に最も有名な部類に入る『survival dance』は外しましたよ。リリース当時、1994年の夏なんだけど当時私が高校1年でかなりの暗黒時代でなんかフラッシュバックするので外しました。嫌いな曲じゃないんだけどね。

改めて聞き直すと楽しいですね。当時は分からなかったけど普遍的な曲を追求していた小室哲哉の凄さをマジマジと感じますね。

ちなみにマスカレード・ナイトですが前作「マスカレードホテル」は見てたけど、アメブロ時代に見てて酷評だったから見なそう。

https://ameblo.jp/saunabeach/entry-12437167281.html


全般ランキング