かなしいおじさん、シザーハンズに似た哀愁と美味しいしらすご飯【世界はほしいもにあふれていない】

『世界はほしいもにあふれていない』三浦春馬が自殺したあたりになんとなく皮肉を込めて付けていたこのタイトルはどうやら『ジャンル化出来ない世間話』を話す時に用いていたらしい。今日はそんな話をします。私の職場にはかなしいおじさ続きを読む “かなしいおじさん、シザーハンズに似た哀愁と美味しいしらすご飯【世界はほしいもにあふれていない】”